« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

白馬&かぐらスキー

2006年3月18~21日

 18~20日に2泊3日で白馬に行って来ました。
 職場の人たち約10人で。

 泊まったところは、シェラリゾート白馬というところ。
 初日は栂池、二日目は岩岳、最終日は八方で滑りました。
 初日は天気に恵まれました。
 が、二日目は一転して降雪でした。寒い寒い。
 最終日は、天候が少し回復した感じでしたが、上のほうは強風で兎平から上はリフトが止まってました。そのほかのリフトも動いたり止まったり。
 雪質はいずれも下のほうはグサグサした感じ。

 関越道で夜10時頃に東京に帰ってきました。
 ところが、私のスキー行はこれで終わらず、そのまま自分のクルマにスキー道具を載せ換え、白馬のメンバーとは別の人を一人(これも職場の人なんだけど)をひろってすぐ出発。
 行き先は湯沢。
 リゾートマンションの部屋を持ってる人がいて(お金あるよなぁ、うらやましい…)、深夜1時にそこで数人と合流し仮眠。
 翌21日は二つのグループに分かれ、部屋の人と乗せた人と自分の3人は、かぐらスキー場のリフトで上まで上がりました。
 天気は晴れ。

 そこから、さらに稜線まで登るのですが、これがなかなか大変。
 部屋の人は山スキーなので、裏にシールつけてスイスイ進んで行くのですが、私ともう一人は普通のスキーなので登りには向きません。
 そこで、私が二人分のスキーをデイパックに付けて登りました。
 う~む、重い。加えてスキーブーツも背負ってるし。

 一時間ほどの登りでしたが、天気が良いので気分は爽快でした。
 他にも登っている人がたくさんいて、スノーボード背負ってスノーシュー履いて登ってる人もたくさんいました。
 ボーダーが気持ち良さそうに滑って行くのが見えます。
 スキー場のゲレンデではなく、自然の中を自力で登って滑るほうが本来のスノースポーツなんだろうなぁ、と感じました。
 スキー場はリフトで楽して上れるから、これはこれで好きです。

 昼食を食べ、登山靴からスキーブーツに履き替え、いよいよ滑降開始。
 ゲレンデのようにかっ飛ばすワケには行きませんが、短い時間でも十分楽しめました。

エコーバレー

2006年3月11日
 昨日土曜日にエコーバレースキー場に行ってきました。
 当初は日曜日の予定だったのですが、天気が崩れるらしいことから変更。
 高速に入ってから、目的地はエコーバレーに決定。
 現地の天気は快晴。それに暖かいし。
 で、この暖かさで雪質はグサグサしてて、滑ってると板に絡みつくような感じです。
 1月2月の寒い時に行ってた頃に比べ、こうして融けてくると滑りにくくなるんですね。
 雪質に合わせた板のメンテなんて全くやってませんが。
 でも、今日だったら雨の中滑ることになってたかもしれませんから、晴れてたのは良かった。

 来週は白馬に行くのですが、雨は降ってほしくないなぁ。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ