« 巻機山 | トップページ | 北岳・乾徳山 »

日和田山でクライミング

2006年6月24日
 梅雨の最中ですが、今日は天気に恵まれました。
 山の会の人達と、日和田山で岩登りの練習をしてきました。
 メンバーは私を含め4人。
 西武池袋線の高麗駅で下車。
 山の会を紹介してくれて、先日沢登りにも一緒に行った職場のSさんもいます。
 ボルダリングを除き、私は外岩を登るのは先月の多峯主山(とおのすやま)に続き二度目です。
 今日は、支点づくりなどの安全確保を教えてもらうのが主な目的です。
 現地に着くと、向かって右が女岩、左が男岩だと教えてもらいました。
 我々が一番乗りのようです。
 今日は男岩のほうを登りました。
 まず、裏から岩の上部に登り、セルフビレイをとりながら支点づくりの様子を見ました。落ちて死んでる人もいるそうなので、確保は大切です。
 それから、トップロープで何度か登りました。
 午後からは、先にヌンチャクをセットしてあるところをリードで登ったりもしました。
 カラビナのゲートの向きや、カラビナにロープを通す向きも決まりがあるということです。
 最後に、ボルダリングの友人に登って来いと言われていたルートに、トップロープですが挑戦しました。
 まず、教えてもらいながら自分で支点をつくりました。
 これに自分の命を預けるわけだから、しっかり確認しないとね。
 登りでは核心部分は越えられず結局巻いてしまいました。
 言い訳としては、すでに手指が疲れていたことと、ホールドが湿って滑りやすかったことです。
 でも、登っている人もいたわけだから、言い訳にはなりませんね。
 岩肌が乾いているときであれば、もっとしっかりホールドを持って乗っ越すことができるはず。次こそ頑張ります。さらに、リードで登れるようでないとね。
 所沢の飲み屋で、夏は沢登りに行きましょうという話をして帰りました。

« 巻機山 | トップページ | 北岳・乾徳山 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29935310

この記事へのトラックバック一覧です: 日和田山でクライミング:

« 巻機山 | トップページ | 北岳・乾徳山 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ