« 三つ峠で岩登り | トップページ | 東沢釜ノ沢東俣で沢登り »

三つ峠で岩登り2

2006年8月30日
 平日の夜もクライミングジムでトレーニングに励もうということで、昨日の水曜日に江戸川橋のTウォールに行くことになっていました。
 ボルダリング壁と違って、ルート壁を登る際はビレイしてくれる人が必要です。
 そのロープを組む山の会の人は昨日は仕事が休みとのことで、私も仕事を午後休んで13時の開店に合わせて行くことにしました。ところが前日になって水曜日の午前中に予定されていた仕事の打合せが延期になったので、急遽一日休みを取って、岩場に登りに行こうとその人に提案しました。 209705650_193
 マルチピッチのやり方を覚えたいのに加え、土日の岩登りではあまり登ることができなかったので、中二日でまた三つ峠に行くことにしました。前日夜に中央道を走り、先日と同じく河口湖畔の道の駅でテントを張って深夜1時に仮眠。朝5時には起きたので、眠い眠い。
 カップラーメンを食べテントを撤収し三つ峠の登山口までクルマで移動、そこから三つ峠山荘を経て7時半には岩場に到着しました。雲が多いですが、富士山を眺めることもできました。岩も乾いています。クライミングをしている人は他におらず貸切状態です。
 まずはリードで上に登った際の支点での確保の仕方を改めて教えてもらって、まずは右フェイスの都岳連ルートをリードで登りました。支点での確保作業もどうにかできました。下に降りてから、今度はリーダーピッチ~クーロワール~権兵衛チムニーを登ることし、私は2ピッチ目のクーロワールをリードしました。なかなか緊張感があって楽しいです。このルートを登って懸垂下降で降りてくるのに3時間もかかり、まずはここで短い昼食休憩。時々、雨がパラつきます。
 午後は中央カンテを登ることにしました。先日来た時に皆で登ろうと話していましたが、雨で諦めたところです。いずれにしても三つ峠2回目の私にとっては始めてのルートです。まずは緩い斜面をビレイせずに登り、左上ランペを私がリード、続くクラック状をパートナーの人がリードしました。次の最後のピッチは私がリードしましたが、けっこう難しいところもあり緊張感があります。それでもどうにか登りきることができました。やった。
 ルート図を見るとこのピッチはルートが2つに別れているようですが、結局どちらを登ったのかよく分かりませんでした。Ⅴ級とある都岳連やクーロワールと比較すると、ルート図にあるⅤ+級のほうなのかもしれません。つづいてパートナーの人も登ってきました。懸垂下降して第一バンドまで降りたところでロープを回収しようとしたら岩の溝に結び目が引っかかってしまったらしく、引っ張っても取れません。仕方がないので、私が登り返して回収しました。この頃になると天気が回復し日差しが暑いくらいです。
 マルチピッチをしている時間もなさそうだったので、私が観音ルート左、パートナーが地蔵ルート左を登り、これで終わりにすることにしました。
 終えたのが夕方の5時半。それから装備を片付け、三つ峠山荘経由で登山口の駐車場に着いたのは7時ですでに真っ暗でした。途中、吉田うどんを食べてから東京へ帰りました。
 予定外の三つ峠再訪でしたが、マルチピッチの練習もできたし沢山登ることもできて充実した岩登りとなりました。ここにはまた来ることになりそうです。
 5月に山の会に入会して以来、毎週のように山に登っており、8月も葛根田川・赤木沢・孫キャンプ・富士山・三つ峠・三つ峠となかなか大変でした。

« 三つ峠で岩登り | トップページ | 東沢釜ノ沢東俣で沢登り »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29875612

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ峠で岩登り2:

« 三つ峠で岩登り | トップページ | 東沢釜ノ沢東俣で沢登り »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ