« エナジー5 | トップページ | エナジー6 »

越沢バットレスで岩登り

2006年9月30日
 今日は、山の会の人と奥多摩の越沢バットレスという岩場へ行ってきました。この岩場に行くのは初めてです。
 天気は曇りがちの晴れ。JR青梅線の鳩ノ巣駅で降りて歩くこと20分ほど。現地に着いたのは10時過ぎで、その時は先客は誰もおらず、我々の直後に5人パーティーが来ただけでした。
 越沢は東京近郊でマルチピッチができる岩場として、本チャンに向けた練習の場として利用されるそうです。
 装備を身につけさっそく登り始めました。
 岩場利用料として入口で200円を入れました。
 3ピッチくらいで終了点に到達できるルートがいくつかあるようです。午前中は、第2スラブルート・右ルートというのを登りました。
 事前に越沢は山の北面なのでジメジメ湿っているよと言われました。たしかに取り付きあたりは濡れていましたが、上は乾いていましたので濡れて滑り落ちるような心配はありません。
 軽く昼食を済ませ、午後はJECCダイレクトというルートへ。
 2ピッチ目でトップの人が「ラクッ!(落石の意)」と言ったとたん小石が一つ落ち232480305_41てくるのが見えました。
 無重力の宇宙船内で物がゆっくり回転している場面がテレビでやったりしますが、まさしくあんな感じで小石が回転しているのがビデオのコマ送りのように見えます。それが近づいてくるのでハッキリ見えたかと思うとフッと視界から消え後方を落ちていきました。小石とは言え身体にぶつかればケガをしますから、冷汗モノです。
 あまり登られていないルートらしく岩が安定していないようです。
 ビレイを用心していたら、今度は「あっ!」って声が聞こえたかと思うとトップの人がフォールしました。後で聞くと掴んだホールドが剥がれたそうです。
 先週の三つ峠でもこんな場面がありましたが、今回は声を聞いてから落ちるまで一瞬間が合ったのでビレイは確実にできたと思います。それよりも、また小石がバラバラと降ってきたので、上を向いたままだと顔に直撃しかねないためすぐに身をすくめました。
 同じ会の人が先月、谷川で落石を顔面にうけ血がたくさん出たなんて話をきいたばかりだったので、妙に冷静に対応できました。
  そんなこんなでいろいろあって楽しい岩登りでした。

« エナジー5 | トップページ | エナジー6 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29867631

この記事へのトラックバック一覧です: 越沢バットレスで岩登り:

« エナジー5 | トップページ | エナジー6 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ