« 雪山の装備2 | トップページ | 天覧山でアイゼントレ »

伊豆・城山でクライミング

2006年11月25~26日
 この土日は伊豆・大仁(修善寺のとなり)にある城山(じょうやま)で岩登りをしてきました。計7人で車2台に分乗して、金曜日深夜に狩野川沿いの公園でテント泊。土曜日は快晴で、川の向こうに城山の岩場がよく見えます。
 2・2・3人ずつの3組に分かれて、南壁のスラブのマルチピッチのルートを登りました。バトルランナーという4Pのルートをリードして登りました。小さなハングのところをフリーでどうしても越えられず、ハングの下で留まっているだけでも腕が疲れてくるので、たまらずA0して(スリングをアブミ代わりに使ったからA1か)しまいました。上まで登り終えてからは懸垂下降。
 すでに午後2時になっていたのですが、ベテランの人のリードで、今度はエキスカーションという6Pほどのルートを登りました。私はずっとセカンドだったので、トップロープで登れます。リードだとフォールの際にある程度の距離を落ちるのは避けられないので、トップロープに対して圧倒的にプレッシャーがかかります。トップロープなので、少々無理なムーヴをやったりしました。やっぱり難しいところではA0してしまうのですが。
 この日は、近くの温泉に寄り、大型スーパーで食料の買出しをして、川沿いの公園にテントを張って豚汁などを作って食べました。
 よく日曜日は朝から曇り空で、天気予報では昼頃から雨が降るらしいです。二日酔い気味で頭が重い中、再び前日と同じ南壁に行き、ベテランの人と三日月ハングというエキスカーションの隣りのルートを登りました。ここでは3人登攀。 Cimg2182
 昨日履いていたシューズはマルチピッチ用の一日履いていても足が痛くならないものでしたが、今日は主にボルダリング用に履いているキツキツの勝負靴にしました。1ピッチ毎に脱がないと、つま先がめちゃくちゃ痛くなるくらいきついです。そのかわり、小さなフットホールドに昨日とは比べものにならないくらい安心して乗れます。エッジが磨り減ってきているとはいえ、つま先での立ちこみもできるので、前日のシューズのように無理に足首ひねってインエッジをたてる必要も無いので、楽チンです。とはいえ、ここでも難しいところはヌンチャクを掴んでしまいます。
 最後の1ピッチを残して、雨がパラパラと降ってきたので、ここで懸垂下降することにしました。他のルートを登っていた人達も下で待っていたし。
 今回の反省点は、初日の懸垂下降中に、途中の架け替え中に、ルベルソを落としてしまったこと。下にいる人に当たらなくてよかった。数十m落下したので、見た目には壊れていなくても、いつ何時、金属疲労で破断するかもしれないということで、新しいものを買い直すことにしました。
  あと、落石を二度ばかり目撃しました。下にいる者にとって、上から石が降ってくるのはものすごく怖いです。ビルの外壁のタイル片が剥がれて歩道に落下したなんてシーンを想像してみれば、その怖さが分かるかと。タイル片ならまだ良いですが、一抱えもあるような岩が落ちたりしたら、下の人間はひとたまりもありません。ただ、がしがし登るだけでなく、落石を発生させない丁寧な登り方も技術のうちなのでしょう。

« 雪山の装備2 | トップページ | 天覧山でアイゼントレ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29862017

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆・城山でクライミング:

« 雪山の装備2 | トップページ | 天覧山でアイゼントレ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ