« エナジー8 | トップページ | 菅平 »

アイスエクストリームクニ

2007年1月27日
 1月最後の週末は、アイスクライミング(IC)とスキーの2本立て。
 まず土曜日は、群馬県の六合村(くにむら)に前週オープンしたばかりの人工氷壁の施設・アイスエクストリームクニでICをやってきました。
 興味のある方は以下にアクセスしてみて。
 http://www2.big.or.jp/~arix/index.html
 翌日の日曜日は菅平に移動して、今冬初スキーを楽しんできました。
 2日間ともまたまた天気に恵まれました。

【アイスエクストリームクニ】
 金曜日深夜、山の会の人を乗せて愛車ルーテシアで六合村にある道の駅「六合村」へ。売店の入口正面の軒下にテントを張って仮眠。6時半頃に起きて車でアイスエクストリームへ移動。受付開始は9時だそうで、1時間くらい前に着くとまだ誰もいませんでした。鄙びたところに突然氷の壁が作られていて、その周りに受付や休憩所、トイレなどの小屋がぽつんぽつんと建っています。
 氷壁は陽の当たらない北側に向いた2面が造られているようです。一部にはクライミングジムにあるようなボード壁もあってドライツーリングもできるようです。
 支度をしていると9時10分くらい前になってやっと管理人さんが車でやってきました。利用料は一人一日2,000円。そのうち、他のグループも少しずつやってきました。
 まずはトップロープをかけに行きます。裏に工事現場にあるような階段があって、それを登って上からトップロープをかけます。リードは今のところ禁止されているとのこと。
《アイスクライミング》 Cimg3042
 始めに奥にある傾斜の緩い氷壁を数回ずつ交替で登りました。水を降り掛けて造った人工の氷の壁なので、自然の滝とはいささ か感じが違うようです。
 お昼頃までは各自10本ずつくらい場所を変えながら氷壁を登りました。今年は暖冬でどこの滝も凍らずに登れないという情報ばかりの中、せっかく買ったアックスが使えてちょっと満足です。アイスを登るムーブについても、先週まではただガシガシと登るだけでしたが、力を節約した登り方をアドバイスされました。右手を上げたらその直線下に左足を持ってきて身体を持ち上げるなどすると確かに楽なのが分かります。アイスにもムーブを考える楽しみがあるようだとちょっと思いました。
 しかし、トップロープとは言え危険な面もあります。まずはアックスを打ち込んで砕けた氷片が鼻にあたりちょっと出血。と思ったら、次は打ち込んだアックスがすっぽ抜けたはずみで頬にあたりまた出血。小さなキズですが顔の2ケ所をケガして、さすがに同行者に心配されました。
《ドライツーリング》
 簡単な昼食をはさんで午後からはドライ壁に挑戦することに。ジムのクライミングウォールをアックスとアイゼンで登って行くようなもので、なかなか体験できるものではありません。今回やったのはあくまでも人工壁であって、岩壁を登るのが本来のドライツーリングです。
 始めはどんな感触なのか分かりませんでしたが、ピックの先をちょいと引っ掛けながら登って行きます。やってみると、これが面白い!
 基本的にはピックを引っ掛けたらアックスを真下に引いてすっぽ抜けるのを防ぎます。ホールドの形状によっては斜めに引っ掛けたり、横から引っ掛けたりもするようです。
まずはホールドをどれでも使ってゴールまで登りました。同行者はなかなか苦戦しているようです。
 壁にはCimg3053通称マグロと呼ばれる木の丸太がワイヤーで空中にぶら下がっています。見ると、それをフィギュア4というムーブで登っている人がいるではありませんか。生でフィギュア4を見るのは初めてです。うーむ、すごい。
 ドライ壁にはジムのようにテープで課題が設定されていて、私も含め何人かが赤テープの課題に挑戦しました。例のフィギュア4の人はハングを越えるのに再びこのムーブを使っていました。私はそんなことはできないので、仕方なく飛びついたりしましたが結局届かずゴールには至りませんでした。しかし、ゲーム感覚でとても面白かったです。
 ジムにあるようなホールド以外に木の板も固定されていて、そこにはアックスを打ち込んで良いようです。アックスやアイゼンでガシガシ登るとボードは傷んでしまうまうでしょうからメンテナンスが大変そうです。
 この日、ここを訪れたのは10人強といった人数で、多いとは言えません。前週にオープンしたばかりなので、まだ知られていないからかもしれません。管理人さんも言っていましたが、ドライ壁がもう少し多いと良いかもしれません。
 夕方頃までアイスとドライを各自20本くらい登りました。片付けを済ませ車で出発しました 。山の会に提出した計画書では2日間ともここでICをすることになっているのですが、それは止めて、翌日はスキーをすることにしていました。そのため私はスキー道具も積んできました。途中の食堂で唐揚げ定食を食べ、つつじの湯というちょっと高めの温泉で汗を流しました。鳥居峠を越え、真夜中の菅平に着き、菅平リゾートセンターという施設の駐車場にテントを張り寝ました。

« エナジー8 | トップページ | 菅平 »

アイスクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29791672

この記事へのトラックバック一覧です: アイスエクストリームクニ:

« エナジー8 | トップページ | 菅平 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ