« エナジー9 | トップページ | ストーンマジック »

アイスエクストリームクニ再訪

2007年2月16夜~17日
 土曜日は再びアイスエクストリームクニへ。
 前回と同様、金曜日夜に山の会の人を乗せ関越道を走り、群馬県六合村にある道の駅でテントを張って仮眠。
 翌朝現地に到着すると、正面の壁の氷が幾分少ないように見えましたが、北側の壁はしっかり登れそうです。あと、休憩のテントが大きくなっていて、さらに温泉風呂の小屋もでき上がっていました。このお風呂、アイスエクストリーム利用者用の施設というわけCimg3184ではなく、利用料300円で誰でも24時間入れるそうで、地元の人たちやってきて利用しています。
さて、今回も前半はアイスの壁を各自10本ほど登りました。前回よりも氷が固く締まっているようです。でも二度目となる今回は慣れた分だけ早く登っていけます。
 それからドライの壁に挑戦しました。見ると、前回よりもテープ課題が増えており、スタートホールドのところにはグレードが書かれています。前回何度も挑戦した課題には「M6+」とあり、グレードが表示されている中では最も易しいもののようです。MというのはミックスのMとのこと。つまり、氷と岩が混ざったルートということのようです。ここではもちろんジムにあるような人工のものですが。
 アイスを沢山登ったせいか、腕が疲れてしまっていて、このM6+も通しで登ることはできず、レストしながら何とか登ることができました。前回届かなかったハング先の板にも、今回はアックスを突き刺すことができたし。
 さらにM7-というのもやってみましたが途中で力尽きました。ちなみにマグロが二つに増えていました。
 この日、有持さんという人も来ていてマグロを登ったりしてました。この人はアルパインクライミングのHPを開いていて、メーリングリストにも登録すると冬は滝の氷結情報などが送ってくれます。一緒に行った友人はHPやMLでしか知らなかった有持さんに会えて嬉しかったようです。
 再び、氷を何度か登り陽が翳ってきたところで終了しました。帰りには、中之条で温泉に入りました。
  暖冬のせいでどこの滝も十分に凍っていないという情報ばかりで、アイスをやり始めたばかりの私として残念です。今期はアイスを諦め、そろそろ春夏に向けた岩登りのトレーニングに移ろうかなと思っているところです。

« エナジー9 | トップページ | ストーンマジック »

アイスクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29791078

この記事へのトラックバック一覧です: アイスエクストリームクニ再訪:

« エナジー9 | トップページ | ストーンマジック »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ