« ストーンマジック | トップページ | B-PUMP国分寺 »

土合山の家

2007年2月24~25日
 先の土日は関東地方の山の会の人達が集まって遭難があった時の訓練をしました。
 場所は、谷川岳の麓にある土合山の家という宿。各地から80人くらいが集まってきました。
 今年は東京が主催者で、幹事の人が私の所属する会の人ということもあり、少しですがお手伝いもしました。
 初日は、雪崩の危険性や、遭難者を搬出する際の梱包の仕方などの講習を部屋の中で受けました。また、近くの広場で、雪に埋めた人をビーコンという探知機を使って捜索する訓練のデモンストレーションを見ました。この際は、実際に人を埋めたわけではなくビーコンを入れた袋を用いて探したわけですが、次にやった犬を使った捜索では実際に人を埋めました。
 雪に埋まった人の匂いを嗅ぎ付けるという特殊な訓練を受けた犬で、広場に放たれるとあちこちを走り回って2分ほどで埋められた場所を見つけていました。雪崩で埋まった人を掘り出すまでのタイムリミットは15分と言われていて、それを過ぎると生存率が急激に下がるそうです。雪崩の現場に、その犬が居合わせて救出に活躍するという確立はCimg3201限りなく低いでしょうが、人間の100万倍とも言われる犬の嗅覚の スゴさを垣間見ることができました。また、盲導犬や介助犬もそうらしいですが、こういうことにはレトリバー種という犬が向いているそうです。好奇心旺盛で大勢の人と触れ合うことが好きな性格なんだそうです。
 翌日は実戦・訓練・講習の三つのグループに分かれて行動することになっています。一部のベテランの人たちは実戦や訓練グループに参加して、実際に山の斜面で遭難者を梱包して引き上げなどを行うそうです。残り大勢の講習グループ参加者は、班ごとに分かれて広場で雪崩に埋まった人を捜索する訓練をすることになっています。初日の最後はその訓練のために班ごとに役割分担や捜索手順の打合せをしました。夕食、飲み会のあと、翌日に備えて早めに床に就きました。

 翌日は快晴。午前中、我々講習グループはプロ登山ガイドの指導の下、ビーコンとプローブ(ゾンデ棒)の操作練習をしました。
 ビーコCimg3211ンとは特定の周波数の電波を送受信する機械で、この電波を探知することで埋没者を見つけ出します。各自がこれを身に付けておくことで、通常は発信モードにしておきます。万一雪崩に埋まった場合、難を逃れた残りの人が受信モードに切り替えて、埋没者が発する電波を辿っていくわけです。つまり、雪崩の現場に遭遇した全員が埋没してしまった場合は、救助者がいないわけですから諦めるしかありません。
 このビーコンで埋没者の至近に辿り着くことができたら、次にプローブと呼ばれる棒の出番です。この棒を雪面に挿して、埋没者を見つけます。人の身体に棒があたるとその感触で分かるのです。
 そして、スコップの出番。手で掘るよりもはるかに効率的に雪を掘っていけます。それに雪崩の圧力で締まった雪は手で掘れるものではないそうです。というわけで、ビーコン・プローブ・スコップは雪山の三種の神器なんて言います。
 まずはビーコンを使って埋められたビーコンを探す練習。ビーコンという機械の特徴やクセを踏まえてなるべく短時間に辿り着けるようにします。
 次のプローブ練習では、数十人が横一列に並んで足元に「左・右・真ん中」と3か所挿したら「一歩前進」と言って少しずつ進んでいきます。
 お昼をはさんで、午後はいよいよ班ごとの捜索訓練の披露です。ビーコンを装着した埋没者二人(実際に人を埋めておくわけではなく代わりの袋です)、ビーコンを装着していない埋没者一人という前提で、各班6人くらいで行います。
 リーダー役や捜索手順は前夜のうちに打合せ済みです。5つの班のうち、私のいる班は一番最初。開始の合図を受け、まずは周囲の安全確認。リーダー役が現状把握と捜索手順の支持をします。残りの人は、事前に練習したとおり、まずビーコンで探し続いてプローブで位置を特定しスコップを掘り出します。ビーコンのない埋没者については、雪崩の向きから埋没場所を想定し横一列に並んで探しました。時間にして11分。なかなか出来のようです。残りの班のやり方も我々と少しずつ違っていて参考になります。絶対こうだ!というやり方が決まっているわけではなく、状況に応じて判断しなければならないそうです。
  単に山に登るだけでなく、万一の際に備えて自分自身を助けるセルフレスキューを含むレスキュー技術を身に付けることは大切だと改めて思いました。

« ストーンマジック | トップページ | B-PUMP国分寺 »

訓練」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29790970

この記事へのトラックバック一覧です: 土合山の家:

« ストーンマジック | トップページ | B-PUMP国分寺 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ