« 人工登攀 | トップページ | 八ヶ岳・赤岳西壁主稜 »

上州名物

2007年3月7日
 7日水曜日は榛名黒岩へ。榛名湖に登って行く車道から少し歩いて入ったところに黒岩というクライミングのゲレンデがあるのです。朝、黒岩に行く前に榛名湖に寄りました。冬は湖面が凍結して、上でワカサギ釣りができるそうです。凍っているのがいつまでなのかは分かりませんが、行った時は全く凍っていませんでした。それでも気温は氷点下6度。寒いです。
 岩場に着き、登る仕度をしました。平日ですから我々のほかには誰もいません。まずは南面でアップ代わりに易しめのルートを。次に西寄りのルートを登っていると、地元の人らしい二人連れがやってきました。
 岩質は表面がザラザラと砂っぽい感じで、今まで触ってきた岩とはまた違う感触です。それから、ここはやたらと土埃で汚れやすいところで、服はもちろん鼻の穴の中まで汚れる感じです。一年中そうなのかは分かりませんが、ここに登りにくるときは着替えは必携です。この話しを後で山の会の仲間に話すと、あそこらへんは確かにそういうところとのこと。彼は工事現場の仕事で前橋方面に来ることがあり、午後1時くらいになると赤城おろしと呼ばれる強い風が吹き始めるそうです。思い出すと、確かにそのくらいの時間から風が吹いてきて寒くなった気がします。赤城山と榛名山、さらに妙義山から吹いてきた風がぶつかって強くなるという話です。上州名物「かかあ天下と空っ風」の風とはこのことかと理解しました。
 同行者は調子がイマイチのようで、まずは私がリードで登ってトップロープを張ったりしました。暗くなるまで沢山登るつもりだったのですが、同行者の不調に加え、とにかく寒いので3時半頃には切上げて東京に帰りました。今度来るときはもう少し暖かい時期に来たいと思います。

« 人工登攀 | トップページ | 八ヶ岳・赤岳西壁主稜 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29790745

この記事へのトラックバック一覧です: 上州名物:

« 人工登攀 | トップページ | 八ヶ岳・赤岳西壁主稜 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ