« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

鹿島槍ヶ岳・東尾根

2007年4月27夜~30日
 GW前半戦は、北アルプス鹿島槍ヶ岳の東尾根へ。雪山のバリエーションルートです。
 予定は前夜発一泊二日で30日は予備日のはずでしたが、リーダーの予想どおり結局二泊三日となりました。しかし、二泊目は冷池山荘の予定だったのが、なんとか北峰は越えたもののメンバーの足取りの遅さのせいで南峰とのコルでビバークすることになりました。詳細は以下に。
Cimg3443
【第一日】
ベテランから初心者まで老若男女総勢8名で車二台に分Cimg3454乗し、4月27日夜に出発。関越道・上信越道経由で登山口となる大谷原へ。他にも何台か停まっています。車中での短い仮眠のあと、早朝に出発。林道をしばらく歩くと右手の斜面の木に赤布があり、そこが東尾根の取り付きのようです。ちょうど左手の川に砂防ダムがあるのでそれが目印になります。 
ヤブ漕ぎ気味に斜面をどんどん登っていきます。ひたすら登っていくうちに足元に雪がちらほらと出てきます。一方、空模様はだんだんと怪しくなってきます。やがて雪が降ってきました。するとピカッと光ったかとCimg3462思うとドオーンと雷鳴が聞こえるようにもなってきました。降雪とCimg3468雷鳴、なかなか嫌な組み合わせです。ところどころ急な雪の登りもあり、雪 山をほとんど歩いたことのない参加者は大変なようです。早めにピッケルをザックからはずして手に持ちました。
少しずつ回りの樹木が低く少なくなり森林限界も近いようです。この日はアイゼンを履くことなく、一の沢の頭を越え、どうやら二の沢の頭の手前の開けたところでビバークすることになりました。今回、ツエルトは持って来ていますがテントはありません。どうするかというと、イグルーという雪のドームを造ってその中で寝るのです。以前、西穂で一度雪洞を造ったことがありますが、イグルーは初めてです。スノーソーという雪を切り出すノコギリで雪のブロックを造ります。それを円形に積んでいって、ドーム状になるようにだんだんと上部をすぼめて積んで行くのです。
なかなかの重労働なので皆で協力してやらないといけません。少しずつイグルーの壁が高くなっていき、その中にいると風がしのげます。そのかわり、壁の外で作業している人は寒さを我慢しなければなりません。当初、8人分のイグルーを作ろうとかなり大きな円形にしたのですが、壁も高くなりすぎて無理とのことで規模を縮小。二手に分かれてもう一つのイグルーを造ることになりました。以前、雷が鳴っています。雷光Cimg3477と雷鳴の時間差からすると何㎞も先でありません。1秒も差がないようにも感じます。外で立っていた人の何人かは、どこかで落雷があった際に 、頭にパチッと感じたそうです。直撃だったら大変なことになってしまいますが、離れたところの落雷でも電撃が伝わってくるのかと思うと生きた心地がしません。危ない、危ない。
円を少しずつ小さくするように内側に雪のブロックを寄せながら積んでいき、ようやく完成。入口は壁がある程度できた段階で、下のほうを掘って造ります。
二つのイグルーに4人ずつ入りました。しかしこれが寒い。ブロックの隙間から風が吹き込んでくるのです。しっかり目止めをしておけば良かった。寒さを我慢して食事を済ませ、シュラフに入って寝ました。狭くて足をまっすぐ伸ばすことができず快眠というわけにはいきませんでした。風は夜中のうちに弱まってきました。

【第二日】
翌29日は快晴。この日のうちに鹿島槍の頂上を越え、冷池山荘まで行くつもりです。できればそのまま赤岩尾根から下山してしまうのですが、それはちょっと無理でしょう。
鹿島槍ヶ岳が眼前に見えます。きれいです。雪の尾根を登っていきます。やがて念のためリーダーがロープを出したところがあって、どうやらそこが第一岩峰のようです。リーダーが潅木でピッチを一度切り、私がバックロープを2本引いて登りました。その一本をフィックスして後続が登るのです。リーダーは残り1本をバックロープに続けて登っていきます。リーダーが2ピッチ登ったところでそのバックロープを私がフィックスしなければならなかったのですが、他のロープが絡まっているのに気をとられて、結ぶのを忘れてしまいました。大失態です。それでももう1本あるので、それを使って皆が登り、皆が行くのを待って最後に私が登りました。ここを通過するのにずいぶん時間を要しました。ソロの人にも抜かれたし。
再び雪Cimg3487稜を進み、次は第二岩峰。このルート中、最も険しい岩場です。見るとあまり雪も付いていません。私が取り付きに着いた時にはリーダーがすでに登り始めていました。そのフィックスロープをたよりに皆が登って行きます。岩場を登るのに結構苦戦している人達がいます。岩場そのものは難しくないはずです が、重い荷物を背負っているから仕方ないのかもしれません。やがて4人パーティーが追いつき、取り付きで待っています。
私は中間まで一旦登り、残りの二人を通過させて最後に登りました。皆が登るのにえらく時間がかかっており、待っている身は冷えてきます。待っているパーティーの一人がなにやら文句を言っているのが聞こえます。私は最後に登ったのですが、岩場そのものは特段難しくはありませんでした。ただ、ロープワークで再度のミス。末端を解き忘れていたらしく、リーダーが回収に降りるということになってしまいました。反省。
再び雪稜歩きです。風も出てきました。先に行っていたメンバーに追いつき、8人で歩いていきます。ふと前方を歩いていた年配の女性メンバーが転倒して雪の斜面を転げ落ちました。皆が「停まって~」と叫びます。その時、最後尾にいたリーダーが瞬く間にCimg3506転げる女性の下側に回りこんでいました。幸いリーダーが停める前に女性は数mほど滑って自分で停止できました。それにしても、我々は叫ぶことしかできなかったのにリーダーは瞬時に対応していたのにCimg3510  は感心しました。世界第二の高峰K2にも登っている百戦錬磨なので、物事に動じないのですね。
そんなこともあり、鹿島槍の北峰を越え南峰とのコルにたどり着いCimg3515たところでビバークすることになりました。二日間 登っても冷池山荘どころか南峰に着かないとは。風が強くて寒い寒い。斜面に雪洞を掘ります。西穂で一度 掘っているので、多少慣れています。二ヶ所同時にどんどん掘っていきました。私は一方の雪洞を掘ることに専念し他P4300071の人に掘った雪塊を外に出してもらいました。数時間の雪との格闘後ようやく完成。4人は横になれそうです。もう一方はあまり大きくなく、入口付近にツエルトを2つ張りました。各ツエルトの中で夕食を済ませ、私を含め4人は雪洞の中で寝ました。入口を塞ぐことはしませんでしたが、風が入ってこないので快適です。
4人パーティーは近くにテントを張っていました。

【第三日】
早三日目。今日も快晴です。風は弱く快適に登れそうです。南峰の登りでは急なP4300073ところがあり、ピッケルをたよりに少しずつ登っていきます。やがて山頂着。やった。一般ルートから登ってきた人にカメラのシャッターを押してもらいました。ここからまで長い道のりを下っていきます。それにしても暑い。日差しが強いし雪の照り返しもキツイです。
冷池山荘着。山行出発前に問い合わせた際には、水晶岳のヘリ墜落事故の影響で開業が危ぶまれていたのですが、素泊まりのみながら何とか営業を始められるとのことでした。ここで上は雨具1枚、下はタイツと雨具を脱ぎます。下り始めればすぐに暑くなりますから。
赤岩尾根を降りていきます。ちょっと急なところでは慎重に足を運びます。どんどん高度を下げていきます。
ここで、私が調子に乗って駆けるように斜面を下った際に、アイゼンのつま先をスパッツに引っかけ転んでしまいました。そのまま雪面を滑り落ちていきます。荷物を背負っていると体勢を取りづらいのですが、なんとかして足を下向きにして滑落停止をしなくてはいけません。何度目かに足が下を向きピッケルを雪面に刺して停まることができました。雪がグサグサだったので落ちる速度も遅かったのが良かったです。それでも10mほど滑り落ちていたようです。危ない危ない。以降は反省してゆっくり降りていきました。まあ、本人として滑っている最中は意外と冷静なものでしたが。
さらに下って行き雪がほとんどなくなったところで一人が転倒して私のすぐ背中側にドスンと落ちてきました。幸いヘルメットやザックがクッションになり怪我はないようです。それでもシャツの左肩部分がやぶけてしまっていました。今山行3回目の滑落です。
そんなこともありましたが、ようやく赤岩尾根の取り付き点に降り、雪崩に埋まった沢を渡って、林道に出ました。そこからしばらく歩くと車を停めてある大谷原の駐車場です。
帰りには薬師の湯で汗を流し、メンバーの一人が薦める馬刺しとソバが美味しいという店に行きました。充実した三日間はこうして終わりました。

アイゼントレ

2007年4月21日
 今日は日和田の岩場へ。
 GWの山行に向けて、男岩でアイゼン登はんの練習をしました。
早く行ったので岩場へは一番乗りでしたが、少しずつ増えてくる人たちの中で我々だけ重登山靴にアイゼンを付けて登る様は、ちょっと異色だっかかも。手には厚手の手袋をしてたし。天気が良かったので、暑かったです。
 何本か登っていると飽きてきたので、女岩に移ってフリーで登ったりもしました。
 めに切り上げて、ホッピーを飲みながら今後の山行計画の打合せをたっぷりしました。

T-WALL江戸川橋

2007年4月18日
冷たい雨の降る中、今日も江戸川橋へ。
左手首がちょっと痛いです。
これからはテーピングして登るかな。

三つ峠でアブミ練習

2007年4月13夜~15日
 先の土日は富士山を望む三つ峠の岩場へ。
 前夜に出発したのですが、天気予報どおり途中から雨になり、それもかなり強い雨でした。河口湖に面する道の駅「かつやま」に到着したものの、テントを張るのは諦め車中泊しました。

 翌朝は、きれいに晴れ渡っています。それでも風が吹いているので、湖面が波立っています。岩場は濡れているだろうなぁと思いながら、登山口へ移動。そこから1時間半ほど山道を登り、三つ峠山荘に着きました。荷物が重くて大変でした。
 富士山がきれいに見えます。山荘に泊まるわけではなく、裏手にある広場の隅にテントを張りました。
 のんびりしていると、あっという間に昼を過ぎてしまいました。こんなことなら前夜発でなく土曜日早朝発でもよかったです。
 登はんの準備をして、岩場へ。一部濡れているところはありますが、風が吹いているせいか、概ね乾いています。
 まずは、アブミを使って登る練習をしようということで、昨秋にトップロープで登ったことのあるルートを各自リードで登りました。果たしてどれほどしっかりしているか分からないリングボルトにアブミで乗り込むというのは、よくよく考えてみれば危険なことですが。他に岩登りをしている人たちは1パーティーくらいしか見かけませんでした。
 その後、巨人ルートという4ピッチのルートを登ることに。階段状のところをビレイなしで上がったところから始まります。1ピッチ目、アブミを使って私がリードします。続いて2ピッチ目はパートナーがリードするのですが、どうも調子が乗らないとのことで、止めて降りることにしました。夕方も近かったこともありますが。
 懸垂下降で降りた後は、観音ルートをちょっと登ったりして、18時過ぎにテント場に引き返しました。

 翌日の日曜日は少し雲が出てきたものの晴れています。土曜日よりは岩登りをしている人達が増えています。再び巨人ルートへ。1ピッチ目、アブミを使って再び私がリード。アブミで直上して左上にトラバース気味に少し行ったところでピッチを切れるのですが、まだロープが余っていることもあり、左の岩を巻いてスラブ状のところを続けて登りました。2ピッチ分登ったところでピッチを切り、セカンドが登ってきます。
 次のピッチは一か所難しめのところがありますが、パートナーがリード。上部の樹林に抜ける最終ピッチは私がリードしました。終ったので懸垂下降します。まずは最終ピッチのテラスまで降ります。
 次に、アブミで抜けたところまで降りたのですが、そこでロープを回収する際、ダブルロープ2本のうち、一方の末端処理をほどくのを忘れてしまったため、結び目が懸垂支点にひっかかってしまいました。強く引張っても回収できません。確認を怠った二人の不注意です。
 回収するためにダブルロープ一本の確保で私が登り、ひっかかった支点にたどり着きました。ランナーを回収する必要があるためセカンドにも登ってもらい、再び懸垂で降りました。こんなことがあり時間をだいぶロスしてしまいました。マルチピッチのルートを行くのはやめ、再び観音ルートや草溝直上ルートを登って終わりにしました。アイゼン登はんの練習のために持ってきていたアイゼンや冬靴は結局使用しませんでした。

 夕方5時を過ぎてテント場に戻り荷物をまとめ、暗くなる中、ヘッドランプの灯りをたよりに下山しました。
 富士吉田名物・吉田うどんを食べて帰ろうと思ったのですが、行く店がことごとく閉まっていました。以前、観光案内所でもらったパンフではまだまだ開いている時間帯のはずなのにガッカリです。他の多くの店は閉店時刻が早く、名物というわりには、いつでも食べられるほど普及しているものではないようです。ちょっと不満。
 そんなこともありましたが、帰りの高速では渋滞にあうこともなくスンナリと帰れました。

 もうすぐゴールデンウィークですが、私はやっぱり山に行きます。前半と後半の計画がすでに決まっているので、行ったらまたこの日記に書きます。

T-WALL江戸川橋

2007年4月12日

木曜日は5時間近く登っていたので、けっこう疲れました。

東吾野の岩場

2007年4月7日
 今日は東吾野の岩場へ。
 西武池袋線の飯能駅から数駅先に東吾野という駅があって、その駅からだと徒歩1時間ほどのところにある岩場です。歩くのは大変なので、車で岩場に直行しました。私はこの岩場に来るのは初めてです。
 今回の目的は、岩登り中のセルフレスキューの練習。岩登りの最中にトラブルが発生した場合、誰かが助けに来てくれるわけではありませんから、自分の力でその事態から脱出する必要があります。
 セルフレスキューといっても沢山の方法があるのですが、今日は、懸垂下降時の仮固定と登り返し、トップ墜落時のセカンドの脱出を練習しました。
 懸垂下降中にロープが岩に引っかかったり絡まるなどした場合に、下降の途中で停止してそれ以上身体が落ちないようにまずロープを巻きつけて固定します。それからメインロープにスリングを2本巻きつけてそれに荷重して登っていくのです。言葉で説明するのはちょっと面倒なので詳細は省きます。
 それから、セカンドの脱出。巻きつけたスリングに荷重したりメインロープに荷重して、セカンドがロープから解放されるようにします。これも詳細は省きます。
 そんなことを昼過ぎまでやって、午後はいくつかのルートを登りました。そのうちポツポツと雨が降ってきたので、この日のクライミングを終えました。

T-WALL江戸川橋

2007年4月4日
 昨夜も江戸川橋へ。
 仕事の打ち合わせが長引きジムに行くのがちょっと遅くなり、たくさん登ることはできませんでしたが、それなりに楽しめました。
 まぁ、ちょっとは手指の力がついたかなぁとは思います。

湯河原幕岩、広沢寺

2007年3月30夜~4月1日
 先の土日は桜がきれいに咲く中、神奈川県内の岩場をハシゴしてました。土曜日は湯河原・幕岩、日曜日は広沢寺。
【湯河原・幕岩】
 例によって金曜日夜に出発し、幕山公園の駐車場でテントを張って仮眠。幕岩に来るのは私は今回で2度目。前回は正面壁エリアだったので、この日は茅ヶ崎ロックへ。桃源郷という岩の易しめのルートでロープを張り、トップロープでいくつか登りました。トップロープということで、リードではとても登れないルートにも挑戦しました。何度もテンションしながらですが、実力的に欲張ったルートを登りました。ちゃんとムーブを考えないととても突破できないことが実感でき良い経験になりました。一緒に行った人がここしばらく調子がいまいちだったのですが、今回は調子が良かったらしく、私よりもぐいぐい登って行きます。負けていられないと思い、モチがあがりました。
 風が少し冷たかったのですが、春独特のぼんやりと霞んだ風景がきれいです。桃源郷の後は、その上にあるアリババの岩場で少し登り、帰りがけにてんとう虫ロックを1本登りました。
【広沢寺】
 翌日は真鶴道路・小田原厚木道路を走り丹沢山塊東側にある広沢寺の岩場へ。ここに向かう途中に見える桜がきれいです。私は広沢寺に来るのは初めてです。
 広沢寺温泉の無料駐車場に車を停め、目的の弁天岩に向かいます。弁天岩はスラブです。着くと、5人組のパーティーが登っていましたが、そのうち帰っていきました。まず中央スラブを登り、続いて右スラブを登りました。それからトップロープを張ってシャドウ・パートⅢというのも登りました。そろそろ帰ろうかという思っていたところ、ちょうど雨がポツポツと降ってきました。
 その土日は事前の天気予報ではあまり良くなかったのですが、結果的に2日間とも岩登りができて充実していました。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ