« 鹿島槍ヶ岳・東尾根 | トップページ | T-WALL江戸川橋 »

剱岳・八ツ峰上半部

     2007年5月2夜~5日
 GW後半戦は、北アルプス剱岳の八ツ峰上半部へ。鹿島槍東尾根よりグレードが高いとのこと。
 鹿島槍から帰って中二日で再び行くので洗濯や準備はもちろん体力的になかなか大変でした。メンバーは4人で、リーダーを含め3人は鹿島槍にも行ってます。
 計画は以下のとおり。3日、扇沢からアルペンルートを通り室堂へ。別山乗越を経て剱沢を降り、長次郎沢を登り、八ツ峰の5・6のコルで泊。4日、八ツ峰上半部を登り、池ノ谷乗越で泊。5日、チンネへ。左方ルンゼから左稜線。再び池ノ谷乗越で泊。5日、剱岳本峰を経て室堂へ。アルペンルートを経て扇沢へ。

【第一日】
 2日の夜に駅前に集合し、中央道経由で扇沢へ。未明の3時半に車中で床に就き2時間だけ寝て5時過ぎに起床。眠いのを我慢して荷物をまとめ、長い列に並んでアルペンルートのチケットを買い、始発に乗りました。私はアルペンルートは初めてです。トロリーバスやロープウェイ、ケーブルカーを乗り継ぐこと約2時間、快晴の室堂に着きました。別山乗越が遠くに見えます。 Cimg3536
 歩き始めて少し行くと、ちょ っと凍ったところがあり、滑るのが怖かったのでさっそくアイゼンを装着しました。雷鳥平のテント場に降りつくと、いよいよ別Cimg3557山乗越への登りです。重い荷物に耐えて少しずつ登っていきます。アンダーシャツ一枚で登っていたら風が出てきて寒くなり、たまらず着込みました。そんなこんなで別山乗越着。目指す剱岳が見えます。ギザギザしててかっこよいです。ここからはいくつかの小屋を脇に見ながら剱沢をどんどん下っていくのです。リーダーはフリートレックというショートスキーを履いて滑り降りていくのですがCimg3566、ちょっと苦戦しています。3月の富士山で左手指を骨折し、固定のための針金がまだ指から飛び出している状態なので、転倒する際にも神経を使うそうです。平蔵谷を左手に見てなお降りていきます。雪崩のデブリが 雪の下に隠れていて、歩くたびに足が深みにはまります。これで相当に体力を消耗します。
 大変な思いをしながらも長次郎谷の入口に着きました。ここからは私が先頭を行くことに。当初、5・6のコルに泊まる予定でしたが今日のうちに池ノ谷乗越まで行くことになりました。そこをベースにすれば翌日の行動がずいぶんと楽になるからです。長次郎谷を登り始めたのは午後1時過ぎ。はるか前方に何人か姿が見えます。池ノ谷乗越までは標高差約900m、時間にして約4時間とのこと。大変だ。テクテクと登っていきます。
 やがてCimg3599メンバーの一人が遅れがちになってきました。先行3人パーティーは八ツ峰Ⅰ峰あたりに向かう斜面へ右へそれて行きます。私が先に登っているところで後方にいるメンバーが、誰かと話しています。どうやら一人で登ってきた人が知り合いのようです。その 人は先行パーティーと同じく右の斜面にそれて行きました。リーダーが、明日は池ノ谷乗越で一緒に泊まりましょうと言っているのが聞こえたので、その人もやはり八ツ峰を登るようです。
 前方には別の単独行者がいます。その人の後を追うように我々も続きます。遅れているメンバーとは無線機で連絡を取り合うことにして、3人で先行することになりました。だんだんとガスってきます。勾配をきつくなってきます。熊の岩と呼ばれるビバーク適地や5・6のコルの場所をリーダーに教えてもらいます。疲労がたまり足取りが重くなります。先を行く単独行者の姿がガスの向うにぼんやりと見えます。疲れて立ち止まると、すぐ後ろからリーダーからハッパをかけられます。頑張らねばなりません。
 斜度がますますきつくなり池ノ谷乗越もいよいよかというところで単独行者の人がなぜか降りてきます。池ノ谷乗越へ登る場所を間違えたかも知れないというのです。もっと左のほうではないかということです。リーダーは慌てずに逆にもっと右のほうのはずだからとトラバース気味に右上するように私にいいました。ふと見るとすぐ先に何かがいます。よく見ると雷鳥がじっとしていました。我々に池ノ谷乗越の場所を教えてくれたような感じがしました。午後5時過ぎ、ようやく到着。しかし大変なのはまだ続きます。これから雪洞を造るのです。リーダーは、遅れているメンバーが到着するまでに造るぞと言います。
 雪洞造りはこれで3度目、私も慣れてきました。斜面を落ちないようにまずは作業道を掘ります。それから穴を掘るのです。鹿島槍の時よりは少し固めですが、どんどん掘っていきます。4人分のスペースを確保するのはもちろんですが、明日も泊まることを考えると少しでも大きいほうが快適に過ごせます。ほぼ完成したころに遅れていたメンバーが登ってきました。その人が、上から雪のブロックが落ちてきてぶつかったと言うと、暗くなりガスっていて視界がきかなくてもその雪塊をたどれば雪洞にたどりつけるとリーダーが言っていました。7時過ぎに完成。造るのに2時間かかりませんでした。
 さらに雪洞前の通路を延長して、小用と大用のトイレスペースを掘りました。寝Cimg3616不足もあり食事を終えると早々に床に就きました。

【第二日】
 当初の予定は、大きな荷物をしょって5・6のコルから八ツ峰上半部を登るものでしたが、前日のうちに池ノ谷乗越にベースを造れたので、不要な荷物を置いて行くことができました。まあ、しっかり荷物を背負って下から上がっていくのが本来のスタイルらしいのですが、あまりに重い荷物でナイフリッジを行くのは危険なので、今回は軽装で良いということ にしましょう。
 長次郎谷を登るのはあんなに大変だったのに下るのはあっという間です。5・6のコルに着くと先Cimg3626行するパーティーが何人かいました。その人達が登るのを待って、二人ずつロープを組んで雪の斜面を登って行きます。ナイフリッジという両側が切り立った雪の稜線を慎重に足を運びます。私はリーダーとロープを組んCimg3650で、練習ということもありスタカットビレイでトップを交替で行い、その際ビレイヤーはピッケルと雪に刺してそれを足で踏んで押さえるスタンディングアックスビレイを何度もやりました。ものすごく急なところを登るような場面はありませんでしたが、用心と練習を兼ねて確保しながら登ったわけです。
 急な登りはなくても急な下りはあり、そこは懸垂下降しました。支点は、ボラードと呼ばれる雪を丸く切り取ったもので、それにロープをかけます。ボラードは先行するガイド山行のパーティーが作ってくれていたようで、それをそのCimg3658まま利用しました。
 Ⅵ峰、Ⅶ峰と越え、我々を含むいくつかのパーティーが八ツ峰を縦走しています。Ⅷ峰あたりで後ろから一人で登ってくる人が追いついてきて、リーダーが声をかけると返事がありました。昨日、長次郎谷で会った人のようです。八ツ峰の頭でその人が追いついたので、池ノ谷乗越への懸垂下降では一緒のロープを使って降りました。我々のパーティーの二人が先に雪洞に到着していたので、合流したその人も一緒に泊まるために雪洞を広Cimg3668げていましたCimg3669。私も到着してから雪洞掘りを手伝い、5人が寝るために前夜よりももっと大きくしました。翌日の天候の悪化が心配されましたが、天気が良い場合は5人でチンネに行くことにしました。

【第三日】
 外に出ると、上に雲が垂れ込めています。我々のいる標高と同じ高さから上くらいに雲がかかっています。富山県側はガスっています。リーダーの判断でチンネは断念して、剱岳本峰経由で下山することにしました。残念ですが仕方ありません。再び練習の意味もあって私はメンバーとコンティニュアスでロープを結び歩いて行きます。ロープでつながっている状態なので相手の歩くペースに気を使います。リーダーは、両側が切り立ったところで相手が滑落したら反対側の谷に飛び込むんだぞ、と言います。つまり、滑落した人を力で止めることはできるものではないので、稜線を頂点に両側にロープでぶら下がった状態にするというわけです。しかし、とっさの場面で谷にダイブするなどという芸当ができるかどうか、甚だ自信がありません。
 ガスっている中、頂上で記念写真を済ませ室堂へ向けて下って行きます。そのうCimg3684ち、空が晴れてきました。下ってから今度は別山乗越へ向けて登り返します。この道のりが長くて大変でした。風も冷たいです。なんとか別山乗越に着き、再び下Cimg3686りになります。するとこちら側が風がなく日差しで暑いくらいです。シリセードをしながらどんどん下って行きます。再び雷鳥平から登りようやく室堂のトロリーバス乗り場の建物に着きました。周りは一般の観光客でごった返しています。
 トロリーバスやケーブルカー、ロープウェイを乗り継ぎ扇沢に戻ってきました。鹿島槍の帰りにも行った薬師の湯で汗を流しました。この温泉には鹿島槍の際のメンバーが着替えを丸々置き忘れてしまっていたので、それを回収するという目的もあったのです。
 スーパーで買出しをして、安曇野松川という道の駅にて5人で打ち上げをしました。どうせ高速道路は混んでいるだろうからということで、翌朝帰ることにしたのです。深夜2時に起きて、八ツ峰で合流した人の車も合わせて2台で東京に帰りました。

  チンネに行けなかったのは本当に残念ですが、いつか無雪期にでも登りに行きたいと思います。それにしても剱岳まではアプローチが長くて大変でした。鹿島槍と剱岳、合わせて6日間歩きに歩いたので、ここのところナマっていた足腰はちょっと鍛えられたと思います。

« 鹿島槍ヶ岳・東尾根 | トップページ | T-WALL江戸川橋 »

アルパインクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29773716

この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳・八ツ峰上半部:

« 鹿島槍ヶ岳・東尾根 | トップページ | T-WALL江戸川橋 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ