« 小川山 | トップページ | 小川山ほか »

谷川岳・湯檜曽川本谷で沢登り

2007年8月24日夜~26日Dsc00407

 8月25・26日は所属する山の会の人達6人で湯檜曽川へ。私にとっては、今0708_002_edited1期3回目にして通算10回目、そして今期最後の沢登りです。前夜のうちに一ノ倉沢出合の駐車場へ行きそこでテント仮眠。
 翌日、天気は上々。しばらく林道を進み、途中から湯檜曽川へ向かって下りて行き、枝沢の武能沢で入渓。湯檜 曽川の河原を少し進むとさっそく第一関門、魚止めの滝。同行の女性が右岸Dsc00427をリードして巻きます。ちょっと時間がかかりましたが、なんとかクリア。張られたロープを頼りに皆が続き、最後に私が回収しながら行きました。
 やがて箱のよう な淵に出ます。水面がキラキラ光ってきれいです。胸まで水に浸かって冷たい冷たい。泳いで 突破するには長かったので途中左Dsc00435岸を歩きました。十字峡を過ぎ、泡返滝では左岸を私がリードしロープを張りまし0708_013た。そ の後、小滝をいくつも越えどんどん進みます。40m大滝でもロープを使用し突破。予定していたビバーク予定地は先行パーティーがいて使えず、しばらく進んだ右岸のスペースに草を払って何とかテントを二張り設営。焚き木を拾い集めて、焚き火を熾しました。 Dsc00443
 豪華な食事と沢で冷やしたビールで疲れを癒しました。

 翌日曜日も晴れ。二俣を通過し、いよいよ源頭の様相を呈してきます。詰めのヤブ漕ぎはそれほど苦労せず、やがて稜線上に出ると朝日岳の山頂はすぐそこ。ここから登山道を白毛門方面に行きます。笠ヶ岳までは5人で0708_019行き、そこからは年配3組を残して、私を含む3人が先行して下山します。一気にペースがあがり、なかば駆け下る感じです。先ほど抜かれた学生パーティーを瞬く間に抜き返します。コースタイムの約半分で土合の駐車場に到着。 0708_035_edited1
 そこで一人が荷物番で残り、私を含む二人で一ノ倉沢出合に停めてある車を回収に向かいました。車の回収に二人も行く必要はないので、私はカギを預かりジョギングしながら先に行きました。出合までは4㎞弱ですが、さずがに疲労もあり途中歩きも 挟みながら行きました。車を回収し戻ると同行者をマチガ沢のところで乗せることができました。土合の駐車場に戻ると後続の3人はまだ下りてきません。
 橋桁でキャンパシングなどしながら待っていると、後続がやってきました。帰りは、まずソバ屋で空腹を満たし、水上の温泉に入りました。
  ここのところ、黄蓮谷や剱岳で鍛えたせいか、今回の沢登りは体力的に余裕がありました。

« 小川山 | トップページ | 小川山ほか »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29761208

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳・湯檜曽川本谷で沢登り:

« 小川山 | トップページ | 小川山ほか »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ