« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

甲府幕岩・小川山

2007年9月14日夜~17日

【甲府幕岩】

 前週に続き、小川山へ。その前に甲府幕岩へ行ったのですが、トラブルの連続で大変でした。メンバーは5人。車2台。金曜日深夜にミズガキ湖の駐車場にテント泊。一度行ったことがあるので、甲府幕岩への林道が悪いのは知っていましたが、先日の台風のためかさらに荒れている感じです。行きは何とか大丈夫でしたが、愛車が痛むのが堪りません。岩場に着くと、メンバーの一人の男の具合が悪そうです。登らずにシートを敷いて横になっています。よほど気分が悪いらしく吐いています。私は持ってきた胃腸薬などを飲ませたのですが、効き目がないようです。
 他の4人が数本ずつ登ったところで、一向に治らないので医者に行こうということになりました。どうやら朝食べたコンビニ弁当が中ったようです。アサリ弁当だって。岩場から消防に電話して、やっている病院を教えてもらいました。韮崎の病院がやっているとのこと。駐車場に戻ると、別の女性が苦しそうにしています。聞くと登っていたら腹部をハチに刺されたとのこと。アレルギー症状が出ているようです。甲府幕岩恐るべし。
ここからの林道が大変でした。行きと別の道を進んだのですが、ものすごい悪路。私の車は下をガリガリぶつけてしまいました。うわわ。フロント下の泥除けのほか、チタンマフラーを痛めてしまいボロボロと変な音がします。ぎゃあ。
 何とか舗装路に出ることができ、韮崎の病院に向かいました。ハチに刺された人の車は佐久の病院を目指すのだそうです。病院で治療を受け、私の車はガソリンスタンドで工具を借りてとりあえず泥除けが外れないようにしておきました。最悪だ。

【小川山】 Dsc00538

 気を取り直して、小川山へ。途中、ナナーズという川上村 のスーパーで買出しをしました。
廻り目平では焚き火を熾して焼肉とビール。
 さて、日曜日。まずは5人で前週に練習した小川山レイバックへ。私がいざ登ろうとところで6人ほどのグループがやってきました。同じルートを登りたいDsc00549ようです。彼らが見つめる中、先週の練習のおかげかテンションをかけることなく私はリードで登りきることができました。やはりトップロープよりも緊張を強いられます。トップロープをセットすると我々のグループ4人が登りました。皆、レストすることなく登っていました。
 小川山レイバックを終え、2人・3人と別れ、私を含む2人で妹岩へ行きました。前回と同じ卒業試験を登りましたが、ほかのルートが混んでいるのでルートは止めにして、ボルダリングをすることに。
 マットを背負って、くじら岩へ。相変わらず人がたくさんいます。私の目標は穴社員3級。ポケットをつたって右上する課題で、上部のカチ持ちで落ちるとけっこう怖いです。何度目かのトライで、中盤の右手斜めポケット・左手丸ポケットの状態から右上のカチに手がとどき、そのまま両手を添え身体を引き上げ、左寄りに抱きかかえるように乗越してクリア。やった!といいたいところですが、出だしで上方のカンテっぽいところを左手で使っているので、ラインとしてはいまいち満足できません。やはり右上するようにならぶポケット沿いに登らなければ納得できません。他の人がやっているのを見て、出だしのホールドを修正。これを登らないことには今日は終えられないぞと思い挑戦。ようやく思ったとおり登りきることができました。やった。これで穴社員3級はクリア。
 この日、一人が仕事のため先に東京へ帰りました。
  9月17日の月曜日、午前中は4人で父岩へ。タジヤンⅡというルートのあるスラブを登りました。午後からは再び二手に分かれ、我々は兄岩へ移動。例によって、ガンバレ熊さんを登りトップロープを張り、となりの北条カンテを登りました。北条カンテも何とかリードできそうなので、次回は挑戦してみたいです。それから弟岩へ行きちょっと登りました。
初日はトラブル続きでしたが、天気に恵まれ3日間の岩登りを終えました。

小川山ほか

2007年9月

■日和田
 9月一週目はワケあって山へ行けず。それでも日曜日の午後は6歳になる甥っ子を日和田の岩場へ連れて行きました。手ぶらですからもちろん登るようなことはせず、ちょっと見ただけです。狭い岩場にロープを結んだ大勢の人間がワラワラと取り付いている光景に甥っ子はちょっと驚いた様子でした。そのあと巾着田の河原に寄りました。

■小川山
 9月二週目の週末はまた小川山へ。今回は、いつも一緒に行っている人に、会の先輩N氏を加えた3人。その人は建設現場で力仕事をしている人なのでパワーがあります。
 初日は親指岩の小川レイバックに行きました。昨秋、私はここを初めてナチュラルプロテクションを使うというのにいきなりリードしました。キャメロットをセットするたびにレストするという各駅停車の有様で登り終えた後は前腕がパンプしコチコチになってしましました。
 今回は、ここをN氏がリードしてトップロープを張り、残り二人がそれを頼りに疑似的にカムをセットしながら登るという練習をしました。手にはテーピングをしっかり巻きます。トップロープだからというのもありますが、昨秋よりはずいぶん楽に登れている気がします。各自3本登りました。
 この夜、他の人達2人が合流し、翌朝にはさらに3人が合流。
 皆で妹岩へ。この日もまずはクラック。N氏がカサブランカ、龍の子太郎にロープを張って、それを皆で登りました。カサブランカは小川山レイバックに比べかなり難しいです。次にマラ岩のレギュラー。これもトップロープということもありますが、私はノーテンで登れました。再び妹岩へ。卒業試験などを皆で登りました。
 妹岩・マラ岩は混雑していてたくさん登れないのですが、クラックを登ることができて有意義でした。
 帰りは甲府のかつ玄というトンカツ屋で夕食。

■荻窪
 12日の水曜日は荻窪のジムへ。先日小川山で一緒だったK夫妻に会いました。荻窪はオープンしてすぐに一度来て以来です。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ