« 瑞牆山② ハイピークルート1~3ピッチ目 | トップページ | 瑞牆山④ 遭難 »

瑞牆山③ ハイピークルート4ピッチ目

[4ピッチ目]
 いよいよアブミの出番です。束ねていた二つのアブミを伸ばしてギアラックにかけます。用意したヌンチャクは計22本。ネットで調べた登攀記録では支点数20とありましたから何とか足りるはずです。まずは右手の岩の上に数mほど上がってから左手の40mに取付くようです。
 手順としては、まずリングボルトにヌンチャクをかけます。ヌンチャクの上側のカラビナにアブミのカラビナをかけます。それから、アブミに乗り込み、下側のカラビナにロ623106718_58sープをかけます。手を離してレストするにはフィフィをカラビナなどに引っ掛けておきます。アブミの上段へと登り、次のリングボルトに手が届くようになったら、次のヌンチャクをかけ、さらにそれにもう一つのアブミをかけます。この二つ目のアブミに乗り移ったところで同様にロープをかけます。下のアブミを回収する際には落とさないように必ずリストループに手首を通してからはずすようにします。予備のアブミを持っているとはいえ、こんな岩壁でアブミを落としては前進できなくなってしまいます。こんな感じで繰り返していきます。
623106718_18s

 右手の 岩の上に出ると瑞牆山の山頂に登山者がたくさんいるのが見えます。こちらを見ているようです。ピッチを切るならここの方が良さそうです。陽が当って寒くないし、登っている様子も見やすいので。見上げると一定の間隔でボルトが打たれた岩壁が聳え立っています。前述したような要領でアブミを使って登って行きます。ボルトの間隔がちょっと遠いところではアブミの最上段に立ちこんで次のボルトにクリップします。ヌンチャクの数が足りなくなるかもしれないと思い下のヌンチャクを間引こうと回収しようとしましたが、後続パーティーから、間引くなら上の方に行ってからにした方が良いとのアドバイスを受け止めました。アブミ登攀の作業が延々と続きます。どれほどの時間が経過しているか分かりません。山頂からもずっと見られているようです。
623106718_168s

 ずいぶん登ったところで途中3か所ほど間引きました。傾斜が少しずつ緩くなり終了点が近いようです。残り少なくなったヌンチャクの数が気になります。いよいよ緩くなり這うように岩塔の天辺にたどり着きました。その時、瑞牆山の山頂からこちらを見ていた大勢の登山者から歓声が上がり、おめでとう!という声が聞こえました。ちょっと恥ずかしかったですが、こちらも手を振って応えました。ずっと手を振っているわけにはいきません。まずはセルフビレイをとり、セカンド確保のセットをし、下に向かって登るよう言いました。間引いたおかげでヌンチャクはぴったり足りました。間引かないなら25セットはあったほうが良さそうです。

 晴れて日差しが暖かいです。下の様子が見えないうえに声も届きづらいのですが、ロープの張り具合で登っている様子を想像してロープを手繰ります。少しずつ登っているのが分かります。後半の間引いた箇所でボルトに手が届くか心配でしたが、何とか通過してくれているようです。時々声をかけます。どれほど時間が経ったか分かりませんが、パートナーも登ってきました。トップロープの安心感はあるでしょうが、荷物を背負っているので大変だったはずです。登り終え完登を祝いました。残念ながら山頂からの歓声はありませんでしたが。時刻は12時半くらい。登攀にかかった時間は3時間半強でした。

 お腹が空いたのでパンやお菓子を食べていると後続のトップが登ってきました。登ってきたのと同じところを懸垂下降するようなのでセカンドが登ってくるのを待つことにしました。下界には雲海が広がっていますが、富士山を始め、南アルプスや八ヶ岳がきれいに見えます。
写真
1:最終ピッチをアブミでリードする筆者(チョックストーンが見えます)
2:同
3 :セカンドで続くパートナー(後続パーティーが撮ってくれました)

« 瑞牆山② ハイピークルート1~3ピッチ目 | トップページ | 瑞牆山④ 遭難 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29744125

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆山③ ハイピークルート4ピッチ目:

« 瑞牆山② ハイピークルート1~3ピッチ目 | トップページ | 瑞牆山④ 遭難 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ