« 活動報告(2007年10月) | トップページ | 瑞牆山② ハイピークルート1~3ピッチ目 »

瑞牆山① 取り付きへ

2007年11月2日夜~3日

 秋も深まった11月一週目、奥秩父の瑞牆(みずがき)山へ。瑞牆山の山頂も踏みましたが、本当の目的は山頂ではなく、その南側に立つ岩頭・大ヤスリ岩。ここにあるハイピークルートを登ってきました。ハイライトの最終ピッチが40mの人工登攀で、瑞牆山の山頂から丸見えなのです。

【取り付きへ】
 さて、金曜日夜、いつものパートナーを拾って中央道を走り瑞牆湖の駐車場に到着。テントを張り3時間ほど仮眠。ちょっと遅い6時前に起きて瑞牆山荘へ移動しました。道中、脇の渓谷を彩る紅葉が吸い込まれるほどに綺麗で、早く岩場の取り付きに向かいたい気持ちを抑えて、車をゆっくり走らせて眺めて行きました。
 

 瑞牆山荘の駐車場には車がたくさん停まっており、紅葉を求めてやってきた登山者が出発して行きます。我々も荷物をまとめ、出発。大ヤスリ岩は瑞牆山山頂の少し手前にあり、2時間近く歩きます。富士見平山荘を過ぎ、一旦沢を越えるのに下った先に、桃太郎岩という岩が目に入ってきます。大きな丸い岩が真ん中で二つにパックリと割れています。さらにどんどんと登っていくと、瑞牆山のゴツゴツした山頂が見えてきます。そのそばにある岩塔が目指す大ヤスリ岩だというのは一目見て分かりました。登山道のすぐ左手にこの大きな岩塔は立っていました。うーむ、ここを登るのか。私は10数年前ぶりに瑞牆山を訪れたのですが、その時は一般道から山頂を踏みました。当時はこんな岩塔を登ることなど全く思いもよりませんでした。

 取り付きは登山道から左に少し入ったところにあります。どうやら他に登っているパーティーはいないようです。到着してギア類を身につけるべくザックから荷物をごろごろと出したところで、男性2人組パーティーがやってきました。先に取り付きに到着した我々が先に登り始めるのですが、後続を待たせるわけにはいきません。急いで支度をして、不要な荷物は一つにまとめて取り付きに置いていきます。
ダブルロープを使うのはずいぶん久しぶりです。最終ピッチに備えてヌンチャクは20本以上用意しました。一応カムも0.5~3番をぶら下げていったのですが、結果的にはほとんど必要ありませんでした。

« 活動報告(2007年10月) | トップページ | 瑞牆山② ハイピークルート1~3ピッチ目 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29743988

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆山① 取り付きへ:

« 活動報告(2007年10月) | トップページ | 瑞牆山② ハイピークルート1~3ピッチ目 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ