« 剱岳 早月尾根【28日夜】 | トップページ | 剱岳 早月尾根【29日/馬場島へ】 »

剱岳 早月尾根【29日/出発まで】

 テントの外が明るくなってきた頃でしょうか、外で車の音がします。他の登山パーティーも着いたのかもしれません。何だか足元が冷たく起きてみると、どうやら外は雨。それもけっこうザーザー降りのようです。フライシートを張らなかったので、テントに密着していた寝袋の足元部分が濡れてしまったようです。最悪。雪なら払い除けられますが、雨は濡れてしまうので大変です。気象のことはよく分かりませんが、メンバーが言うにはフェーン現象のようなものらしいです。しかし、ここでこの季節に雨に見舞われるとは。
 

 雨具を着込み、荷物を閉まってテントも撤収。皆、とりあえず車の中に非難しました。見ると近くに車が一台停まっています。NHK富山の人達が入山者の取材に着ているそうです。我々が車の中で朝食をとりながら時間をつぶしていると、タクシーがやってきました。剱岳に入るパーティーの到着です。すかさずNHKクルーが近づいてインタビューしています。後で聞いたらこの様子が東京でも放映されていたらしいです。こうして2パーティーほどがゲートの脇を抜けて雨の中、馬場島に向けて歩いて行きました。

 我々はどうしようかということになり、こんな雨の中歩きたくないから今日はどこかで停滞しようとの意見も出ました。停滞はともかく、とりあえずいったん町まで下りて荷物整理をすることにしました。

 そういうわけで、我々がゲート前から車を出す前にさらに1パーティーがマイカーでやってきました。伊折集落~ゲート間は除雪されないので、今は積雪がなくても下山時に車が動かせなくなってしまう可能性があります。普通は、荷物をゲート前に置いて、いったん伊折まで車を置きに行き、歩いてゲートまで戻ることになります。そのパーティーも一人が荷物とともに残り、もう一人が車を置きに伊折に下りて行きました。
 

 我々が町に向かって車を進めると、先ほどの伊折に車を停めて戻って来る登山者がいたので、車に乗せてゲート前まで送ってあげました。歩くほうもゲート前で雨の中待っているほうも大変ですから。その二人にもNHKクルーがすかさず駆け寄っていました。
 上市の町にいったん下りた我々は大型スーパーの軒先を借りて、パッキングなどをしました。今日一日は温泉やカラオケに行って過ごそうなんて意見まであったのですが、停滞はせずに入山することにしました。
 再びゲート前に戻るともうNHKはいませんでした。ちょっと寂しい。さて、伊折まで2台の車を置きに行く二人と別れ、私を含む5人は一足先に馬場島に向けて歩き始めます。

つづく

« 剱岳 早月尾根【28日夜】 | トップページ | 剱岳 早月尾根【29日/馬場島へ】 »

雪山登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29718167

この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳 早月尾根【29日/出発まで】:

« 剱岳 早月尾根【28日夜】 | トップページ | 剱岳 早月尾根【29日/馬場島へ】 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ