« 剱岳 早月尾根【30日/早月小屋へ2】 | トップページ | 剱岳 早月尾根【31日/雪洞&イグルー】 »

剱岳 早月尾根【30日夜/テント泊】

 小屋のエントランスでしばらく過ごして身体を休めてから、すっかり暗くなった外に出てテントの設営を始めます。他にも何張りかテントがあるようですが、暗いうえに降り積もる雪に周りの様子がよく分かりません。テントを張る場所は他のテントが張ってあった場所のようである程度平らになっていたようです。そこをまずは踏み固めます。テントの四周はすでに雪の壁になっており、このせいで後々雪かきに苦労することになります。
 

 ジャンボテントを張り終えるとピッケルやスコップを除き、ザックも全てテントの中に入れました。7人が中に入り、銀マットを敷く前にテントの中に入った雪を掻き出します。ザックは中身をすべて出して下に敷き、周囲に荷物を寄せて中央に食事をするための場所を作ります。
 

 コッヘルで雪を溶かしてお湯を沸かします。雪から水を作る際は、雪をそのままコッヘルに入れて火にかけるだけでは焦げ付いてしまうので、誘い水と言って水を差してある程度雪を溶かします。コッヘルの外側には結露した水滴が付いて熱効率が悪くなるの685105864_222sでこまめに拭き取ったほうが良いです。結露を防ぐには雪を一度にたくさん入れるよりは水にすぐに溶けるくらいの量を少しずつ入れるようにしたほうが良いかもしれません。
 

 そうしている間にもテントの外では雪が降り続き、テントが周囲の雪で内側に押されてきて狭くなってきます。さらに、換気のための出入口が雪で塞がれ空気の流入が妨げられている状況の中、ガスを使用するのでテント内が酸欠気味になって息苦しくなり頭もボーっとしてきます。これでは危険なので少々寒くても何とか外の空気を入れるようにします。中から外の雪を押しても埒が明かないので、食事の仕度をしている間、私ともう一人で外に出て雪かきをしました。暗い中、ヘッドランプの灯りをたよりにテントの周りの雪を掻き退けるのですが、掻いたそばから雪がどんどん積もっていきます。
 

 そうこうして夕食を済ませ床に就いた頃には夜10時をまわっていました。この雪では翌日の剱岳本峰を狙うのは無理でしょう。それどころか、このテントが雪に潰されないように時々雪かきをしなければなりません。雪かきについては、リーダーが、メンバー7人のうち私を含む若手4人が分担してやるようにとの指示を出しました。そうして床に就いたのですが、すでに夕食前の雪かきからは3時間は経っています。再び雪がテントを圧迫してきて喚起も悪くなり息苦しくなってきました。このままでは眠りにつくどころではないので、私は先ほど雪かきしたメンバーとは別のメンバーを起こして外に出ました。
 

 テントを張った場所が良くなかったようで、周りが雪の壁になっており吹き溜まりのようなばしょなので積もり方が早いようです。山小屋へのトレースはとっくに見えなくなっています。外に置いておいたピッケル類も埋まっており掘り出しておかなければなりません。テント四周の雪かきでは、換気を確保するため、フライシートの裾を掘り出すようにします。フライシートの下に空間を取っておけばまたしばらくは時間稼ぎができます。足元の雪を少し掘ると固く凍った層が出てきます。前日の雨はここ早月小屋でも降ったそうで、それが凍ったもののようです。
 

 こうして深夜0時を挟んで1時間以上雪かきをして中に入りました。深夜の雪かきは寒くて辛いです。ようやくウトウトと眠りにつくと再びテントが雪に押されてきました。午前3時頃です。目を覚ましたリーダーが雪かきをするよう指示します。雪かき担当の残り二人が起きて小一時間雪かきをしました。その間とその後、私は目が冴えて眠れず、午前5時半頃に再び雪かきのために外に出ることにしました。0時の雪かきを一緒にしたメンバーを起こします。

【写真】雪に埋まるテント

つづく

« 剱岳 早月尾根【30日/早月小屋へ2】 | トップページ | 剱岳 早月尾根【31日/雪洞&イグルー】 »

雪山登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29718367

この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳 早月尾根【30日夜/テント泊】:

« 剱岳 早月尾根【30日/早月小屋へ2】 | トップページ | 剱岳 早月尾根【31日/雪洞&イグルー】 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ