« 三峰ボルダー | トップページ | アイスクライミング3回 »

湯河原幕岩 登攀禁止

2008年1月27日

 お正月の剱岳で一緒に行った冷え症のパートナーは爪先が冷え切ってしまったそうで、山から帰って何日経っても痺れて感覚がないということで、歩くのも辛そうにしてました。

 そういうわけで一月は、雪山どころではなく、運動不足解消のため2度クライミングジムに行っただけでした。その時もパートナーは痛そうにしていて、気の毒です。山から帰ってしばらくは爪先の感覚が全く無い状態だったそうで、それがしばらくすると痺れて痛くなってくるのだそうです。パートナーが医者に聞いたところだと、爪先の毛細血管が少しずつ復活しているために痛むんだとか。
 

 そんなわけで、月末になりようやく岩登りに行こうということになりました。それでも寒いところは避けて、選んだ場所は湯河原幕岩。もう一人が加わって3人で現地へ。

 岩場のある幕山公園はそろそろ梅の花が咲くようで、梅祭りの準備が進んでいました。

 向かった先は正面壁。まずは№7ルートでアップを済ませ、№3ルート、小ハング右凹各ルート、アジアをリードやトップロープで交替で登りました。

 最後にやった小ハング左凹角ルートはトップロープでもハング越えが大変でした。そんな感じで夕方4時過ぎ頃まで登って駐車場へと戻りました。
 

 さて、後日談ですが、この日の夕方にてんとう虫エリアで落石があり、これを受けててんとう虫~正面壁が登攀禁止とされてしまいました。私たちが帰る際にてんとう虫の前を通ったはずですが、それには気付きませんでした。
 詳しくは日本フリークライミング協会のHP 
http://homepage2.nifty.com/jfa/
をご覧ください。

 ある人のブログによると、講習会を開いた人が浮石処理のため故意に叩いて石を落したそうです。さすがに下に人がいないことを確認した上での行動でしょうが、結果的に登攀禁止の原因を作ったわけですから、軽率な行動だと批難されても仕方ないでしょう。湯河原幕岩に登りに来る多くの人達に迷惑をかけたわけですから。

 そんなわけですが、いつか解禁されることを祈っています。

« 三峰ボルダー | トップページ | アイスクライミング3回 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29717993

この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原幕岩 登攀禁止:

« 三峰ボルダー | トップページ | アイスクライミング3回 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ