« 今日もPUMP荻窪へ | トップページ | PUMP川口へ »

雲取山&御岳ボルダー

2009年5月23日(土)

【雲取山】 

 奥多摩の雲取山に登ってきました。雲取山は高校時代に山岳部で冬に登った時以来です。

 その後、3年前、一昨年と歩荷(ぼっか)訓練で七ツ石山までは登りましたが、雲Imgp0935取山は本当に久しぶりです。

 ほぼ1年振りの登山で、どの程度歩けるものか試すのが今回の目的です。車で鴨沢の駐車場に到着。6時15分に歩き始めました。荷物が軽いので、快調に歩いていきます。七ツ石小屋が近づくころにはさすがにペースが落ちてきましたが、七ツ石山山頂を経て、雲取山山頂に着いたのは9時過ぎ。鴨沢から2時間Imgp093950分くらいです。なかなか良いペースです。

 富士山の眺めがきれいです。山頂の非難小屋でしばし休憩して、往路を戻ります。それにしても日差しが暑いくらいです。七ツ石山は巻いて、どんどん下っていきます。緩やかな下り坂のところでは、走って行きます。歩いているとブレーキをかけるようになり、かえって疲れてしまいます。足首のねん挫に気をつけながら下って行くと、まだまだ下から登ってくる人達がたくさんいます。

 鴨沢に着いたのは11時40分。下りは2時間でした。地図のコースタイムが7時間くらいなので、ずいぶん短縮できました。駐車場に着くと、松葉杖をついたおじいさんがはなしかけてきました。鴨沢に着く直前追い抜いた人です。バスが2時間半も来ないというので、奥多摩駅まで乗せていってあげることにしました。

 車内で、足のことを聞くと、2年前の10月に北アルプス涸沢岳付近の稜線を歩いていて、岩に足が挟まって転倒し、40~50m落ちて骨折したとのこと。顔なども大けがしたそうですが、何と自力で歩いて涸沢、上高地と下り、バスに乗って東京に帰ったそうです。どういう斜面か分かりませんが、50mも落ちてよく死ななかったものだと思うとともに、骨折しているのに救助のヘリを呼ばずに自力で下山したというのに驚きました。

写真1:七ツ石山から雲取山方面を望む

写真2:雲取山山頂

【御岳ボルダー】

 そのあと、一人御岳ボルダーへ行きました。寒山寺の駐車場に停め、忍者返しの岩へ。子供返し初段でアップして、それからはおなじみの忍クラ(忍者クライマー返し直上)2段に挑戦。トラバース部分から右カンテのカチはずいぶん安定して保持できるようになりました。

 今日はそこから2手進むことができました。顔の前に来る左縦ホールドを持ち、身体が振られないように足の位置を変えて、右手をカンテカチのすぐ上のホールドに持ち帰ることができました。できたのはそこまで。そこから先は身体を持ち上げていって、遠い上のホールドを取りに行かなければならないのですが、なかなか大変そうです。

 帰りに、寒山寺の駐車場に向かう遊歩道を歩いていると、ボルダラーがたむろする岩がありました。私は初めて見たのですが、どうやらこれがロッキーボルダーのようです。今日はもうやりませんでしたが、エゴイスト初段をそのうちやってみたいです。

« 今日もPUMP荻窪へ | トップページ | PUMP川口へ »

ボルダリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/29760738

この記事へのトラックバック一覧です: 雲取山&御岳ボルダー:

« 今日もPUMP荻窪へ | トップページ | PUMP川口へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ