« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

今日も秋川の天王岩へ

 今日も2週間ぶりに秋川の天王岩へ行ってきました。
 前回はチョンボ棒を使いまくりの散々な結果でしたが、今回はリードをどんどんやろうと臨みました。
 この間、ジムにも2回行ったし、足の具合も少し良くなってきました。
 
 まずはアップでクラックジョイ5.9をリード。テンションせずに行けました。優しいグレードとはいえリードの緊張感がたまりません。
 ノーリーや鬼太郎音度などもリードしましたが、長いルートにテンションしてしまいました。
 それでも、前回とは違い短い休みを取りながらコンスタントにパートナーと交替で登り続けました。
 リードの感覚も思い出してきて、その懐かしさに嬉しくなってきます。
 同じ課題をリードやトップロープで何度も登ったりします。ボルダリングなら何度もトライするのは当たり前なのですが、ルートとなると、なかなかトライを繰り返すということが少なくなります。
 しかし、上達するためには同じルートを何度も反復して登ることは良いことだと思います。
 午後になって疲れてきて休む時間が増えてきましたが、それでも最後までどんどん登ろうという気持ちが持続できて、充実した一日となりました。
 こうやって登り続ければ、登れるグレードも回復していけそうです。まずは5.11台を普通にRPできるレベルに戻さないと。

今日もB-PUMP荻窪へ

 中3日で今日も荻窪へ。
 相変わらず易しい課題で四苦八苦している。
 紺色4級ばかりをやって、前回できなかったうちの2つを登れた。少しは回復したかな。それでも登れなかった紺色課題があるというのが不甲斐ない。
 長い休憩はとらずコンスタントに登り続けたので、日曜日の倍くらいはトライしたと思う。
 ヨレてきてからは、さらにグレードを落とし白色6級を何度も登った。
 まあ、焦らず少しずつ調子を元に戻していこう。

B-PUMP荻窪へ行ったものの

 足首をケガする直前の6月下旬以来、昨日は久しぶりにクライミングジムへ。
 約2か月ぶりにボルダリングしてみると、すっかり力が落ちてしまっていました。前日に雲取山を登って、足が筋肉痛気味で重かったせいもあるのでしょうが、ホールドをつかむ手指の力も、引き付ける上腕の力もダメダメです。

 紺色4級課題をヒイヒイ言いながらも登れず。数手登ると保持力が維持できず落ちてしまいます。
 ケガする前は水色1級~緑色2級課題が登れたり登れなかったりしてたくらいなので、本当に力が落ちています。

 あるいは落ちるというよりも、力尽きて落ちる前に気持ちが先に萎えてしまって、飛び降りてしまいます。
 もしかしたら、ケガした時の恐怖感が身体に染み付いているのかも…。不意に落ちる前に、自分から諦めて降りているような感じがします。
 そんなんではいけないと思いつつも、休みを挟みつつ3時間ほど登っていると、すっかり疲れてしまいました。
 
 そこに山仲間から連絡があり、皆で集まってお酒を飲もうということになり、ジムをさっさと切り上げてそっちに合流しました。
 ビールを飲みながらバカなこともいろいろ話せたのは良い気分転換になりました。
 でも、本当にクライミングの力を回復させたいのなら、もっと節制しないといけないなぁと、二日酔い気味の頭でちょっぴり反省した今日この頃です。

また雲取山へ

 終戦記念日の今日、5月に登った雲取山へまた登ってきました
 今回は鴨沢バス停前の駐車場ではなく、登山口へ至る道路を走った先にある広い駐車場に車を停めたので、その分歩く距離が短く済みました。
 今日の登山の目的は、ケガした左足首の回復具合の確認と、先日買ったサポーターを試すことです。
 駐車場6:52発、雲取山山頂9:36着~9:58発、駐車場12:02着というタイムで山頂を往復してきました。5時間10分。

 左足首のサポーターは登り始めから装着しました。
 鴨沢から七ツ石山までは雲が立ち込めており、登るにつれて雨が降ってきました。樹林の中なので大して濡れずに済み、傘を差す必要はありませんでした。堂所まではところどころぬかるんでおり、靴が泥だらけになりました。
 七ツ石山を過ぎると雲は多いですが雨は降っておらず、登山道も乾いた感じです。時々雲が割れて青空が覗きます。

 山頂の非難小屋にあるノートにコメントを書いて下山開始。右足首も昔捻挫ぐせがあったので、簡易サポーターを着けます。
 新しく買った左足用のサポーターの具合はまずまずですが、もっと重い荷物を背負った下山で試してみないと本当のところは分かりません。

 トレイルランナーやMTBを漕いでいる人もいます。前回、なだらかな下り道では私も走りました。今回は、左足首が心配でしたが、最後の短い距離を軽く走ってみました。思ったより走れました。

 今日は食べ物、飲み物、小物と荷物がわずかだったので楽でした。最近の通勤時の荷物よりもずっと軽いくらいだったので。
 もうしばらくは、足首の様子を見ながらリハビリ登山をしようと思います。荷物を少しずつ重くして、長い高度差を登り降りできるようにしていきます。

歩く

 左足首は少しずつ少しずつ回復しているようです。
 足首まわりは相変わらずむくんでいるけれど、アキレス腱はギプスを外した頃に比べたらずいぶん伸びてくれました。
 足首を内転させたりして曲げる際は、まだまだ痛みがあります。これもストレッチして慣らしていかないと。
 
 ゴムバンドのトレーニングはもちろん、弱った足腰を少しずつ鍛えるために、荷物を背負って歩いています。
 荷物の重さはまだせいぜい10kg程度。仕事帰りに電車に乗らず数駅分を歩いています。距離はだいたい4㎞強。この季節、けっこう汗をかきます。
 その際、手首には片方1.5kgのウエイトを巻いたりしています。本当は足首に巻きたいのですが、アキレス腱の部分が擦れてどうも具合がよくありません。
 
 夜には少しジョギングなども。一昨日、昨日と走りましたが、足首が思わしくないので、スピードをあげたくてもあげられません。
 今のシューズはずいぶんとヨレて、内側などはボロボロなので、そろそろ新しくランニングシューズを買おうかな。

 歩いたり走ったりするのは山で荷物を背負って歩けるようにするため。筋トレはクライミングのため。

天王岩でルートクライミング再起戦

 今日、秋川にある天王岩でじつに1年ぶりとなるルートクライミングをやってきました。
 昨年、7月にこの天王岩や甲府幕岩、小川山に行って以来、ロープを使ったクライミングから遠ざかっていました。
 5月に一度だけ川口パンプで久々にルートを登ったものの、外岩は本当に久しぶりです。
 そして、その間ずっとやっていたボルダリングでも、6月末の小川山で左足首を捻挫・剥離骨折してしまい、その間、身体が動かせず愕然とするほど筋肉が落ちてしまいました。
 そういう意味で、今日はクライミングに復帰する記念日となりました。まあ、内容は散々でしたが。

 岩場に出向きながらも、左足首をひょんなことから再び捻挫してしまう恐れがあるので、駐車場所から岩場までのわずかな距離でもサポーターを着けました。
 リードして登る勇気もないので、まずは同行者がトップロープを張ってくれた
クラックジョイ5.9を登りました。テンションかけずに登れましたが、想像以上に身体が重い。
 フィロソフィを登れた先々月との身体の差に再びショック。

 あとはトップロープで、始祖鳥5.11a/b蝉時雨5.10bを登りましたが、テンションかけまくりで情けない思いの連続。
 疲れが出てきた頃、鬼太郎音頭5.10b/cにリードでトライするも、要所要所でまるで身体があがらず、チョンボ棒を使ってクリップしまくりました。
 
 そんな感じで、再起戦としては完敗です。
 それでも、今回は登ることそのものができたということに満足できました。
 足首は地道にリハビリを続ければ具合は良くなっていくだろうし、落ちた筋肉だってもっとストイックにトレーニングすれば、ケガする前の状態に戻せる自信がまだあります。

 このところ、芸能界の薬物汚染の事件が世間を賑わせています。
 そういうことをやって自分や家族を不幸にしている人達に比べたら、日々仕事をして、趣味の登山やクライミングにこつこつと取り組んだり、そのためのトレーニングをする自分というのは、まあこれはこれで悪くないものだと思う今日この頃です。

ゴムのバンドで長指伸筋をトレーニングッ!!

 接骨院でゴムバンドを使って長指伸筋を鍛えるよう言われ、昨日、日用品店で荷掛用のゴムバンドを買いました。
 自転車の荷台に荷物を固定する時などに使うゴムバンド。幅は18mm、長さは2mもあるので十分。315円。
 セラバンドなどのトレーニング専用のものが売っていますが、数千円もして高い。これなら安くて済みます。

 帰宅してからさっそく両足を合わせて足先にゴムを輪っかにして結びつけました。
 そうして、足先を左右に開くようにします。ゴムの強さもちょうど良い感じです。
 リハビリしてる左足のスネの筋肉がプルプルと震えます。左足の小指側が反り上がるように、右足は下向きに下げるように力を入れます。
 
 たしかに、伸縮しない紐を使うよりもトレーニング効果がありそうです。パソコンのキーボードをたたきながら、机の下ではこのトレーニングができます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 左足が順調に回復して山道などの不整地を歩く時に、再び足首をねんざしないように、サポーターを買ってきました。
 池袋で買ってきたのですが、運動不足解消に、池袋の手前5駅から歩いて行きました。
 
 買ったサポーターは、日本シグマックス㈱のザムスト(ZAMST)というものです。
 身体の各部のサポーターがあるのですが、足首用にも固定の強弱によって3種類あって、左右も別々です。
 数年前に右足首を捻挫した際に、A1ショートという固定具合が中間のものを買いました。
 今回は、用心してショートタイプでないA1を買いました。ショートよりも内転を防ぐ効果が高いそうです。
 内転を防ぐ方向で固定していても、普通に歩くために足首を上げ下げする方向では拘束していないので、歩いたり走ったりするには支障ないそうです。
 さらに、お店の人の話では、球技などの動きの激しいスポーツをする人がよく買っていくそうです。
 デコボコした山道でも役立ってくれそうです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 スーパーで梨を買って食べた。
 幸水
 幸水はガリガリとした食感で、酸味と甘味があって大好きです。
 私はリンゴよりもナシのほうが好きで、子どものころは良く食べたものです。
 久々に食べてみたら…、お、おいしくない…。
 味が薄いというか…。がっかり。
 98円だったからだろうか。
 買うのを一つだけにしておいて良かった。
 今度はもっと高いのを買ってみようかな。

 さて、今日は早めに床に就こう。
 明日は超ひさびさにあの場所へお出かけだあ。わくわく。

久々のジョギング

 つい今しがた近所をジョギングしてきた
 先日、ケガして以来、初めてちょっと走ってみて足首にかかる衝撃に驚いたものである。
 今日は、3.6㎞ほどを22分かけてゆっくり走った。
 足首は安定しないが、思ったよりは走ることができた。

 走り終えたあとに、アキレス腱を伸ばすストレッチをすると、走る前よりも少し伸びたような気がする。
 走ってアキレス腱が温められたためか、身体中が暖められて血の巡りが良くなったためか、それとも着地の衝撃でアキレス腱がほぐれたためかは分からない。
 接骨院ではお風呂で温めてからストレッチすると良いと言われるが、暑いこの季節、シャワーで済ませてしまう。シャワー代わりに走ることにしよう。

チョウシシンキン つづき

 今日も接骨院。
 足首を反り返らせる訓練では、親指側よりも小指側を反り返らせる意識でトレーニングするよう接骨院でたびたび言われます。
 小指側よりも親指側につながる筋肉のほうが衰えにくいため、どうしてもそちらばかり力が入ってしまうためだそうです。
 それだと、小指側を引き上げる筋肉が鍛えられないのです

 ネットで調べたら、スネから親指につながる筋肉は、長母指伸筋という筋肉のようです。
 一方、スネの横にある長指伸筋は足首のところで四つに枝分かれしていて、人差指から小指までの4本につながっているようです。
 つまり、この長指伸筋を鍛えないといけないようです。

 ゴムバンドが手近にないので、とりあえずクライミングで使っていたスリングを使ってトレーニングを始めました。

 あと、相変わらずアキレス腱伸ばし。これが難題です。

チョウシシンキンも鍛えろっ!!

 なるべく毎日、接骨院に行ってる。
 なかなか伸びてくれないアキレス腱は、靭帯の中でも特別ぶっとい靭帯だそうである。
 足首を反り返らせるためにアキレス腱が伸びないといけないのだが、何週間もギプスで固定していたものだから、アキレス腱がその長さで固まってしまっているのだという。
 それが太いものだから、他の靭帯のようには簡単に伸びるようにはなってくれないという。
 
 足首を反り返らせる筋肉を鍛えるために、小指側を外側に反り返らせるようにもしたほうが良いとのこと。
 以前にも書いた前脛骨筋を鍛える必要もあるが、もう一つの筋肉、長指伸筋を鍛えるためにはこういう動きのトレーニングが必要だという。両足の甲にゴムバンドを巻いて、それを左右に広げるような動きをするといいのだそうである。

 前脛骨筋も長指伸筋も、今回ケガしてみて初めて知ったのだが、人の身体というものはつくづく良くできているものである。

アキレスけ~ん!!

一昨日、ちょっと走ってみた。ケガ以来、走ったのは初めて。
 走ったといっても、ケガした左足を引きずるような感じで、早足くらいのスピードしか出せないし、歩く時よりも足にかかる衝撃は大きい。 少し走ると、足首まわりが熱を帯びてくるのが分かる。
 まともに走れるようになるにはまだまだ時間がかかりそう。

 そして、今日も接骨院へ。
 正式にギプスを外して1週間。
 その頃よりは足の甲を上に反り返らせるようにはなった。
 でも、むくみのせいかアキレス腱が固いせいか、思っていたよりは可動域が大きくなっていない。
 しかし焦るな。
 先生の話では、お湯や電気をやっても、最終的にはストレッチをやるのが治る道なのだという。
 アキレス腱が元どおりに伸びてくれるようになるまで頑張らねば。

Step by Step

 8月になった。左足首のリハビリをこつこつとやっている。
 
 昨日は、スポーツクラブに行ってきた。ケガする前の6月以来だ。
 マシンやダンベルで筋トレしたり、バイクを漕いだり。
 合間合間に足首のストレッチをやった。
 アキレス腱を伸ばすようにしたり、横や斜めに向けながらゆっくりじっくりストレッチしていく。
 リハビリを始めた頃から全く変わっていないのではないかと思うほど、相変わらず足首が前に曲がらない。気持ちがじりじりする。
 
 プールで水中歩行したあとに、ジャグジーで足首にジェットの泡や打たせ湯をしばらく当てた。
 すると患部の感じが少し良くなった。わずかながら柔らかくなったような感じ。痛みが少し治まったような。
 帰り道、ほんのわずかだけど前よりも足の甲があがるような気がした。ほんの数mmという感じだけど。歩行時、かかとから着地しやすくなりつつある、これもほんのわずかだけど。

 今日は朝から雨。
 音楽を聴きながら、家の中で足首のストレッチを始めた。
 一晩経つと足首の調子はまた元に戻ったような感じだけど、諦めずにストレッチを続ける。
 接骨院の先生に言われた、直立して両足のつま先を浮かせ、かかとだけで立つというのをやってみた。
 1週間前なら左足が全く反り返らず、バランスが取れず立つことも難しかった。
 それが、ほんの数mmでもつま先を浮かせて立つことができるようになった。
 本当に本当にわずかだけれど着実に可動域が広がりつつあることが実感できてちょっと嬉しかった。
 
 ストレッチを繰り返していると、足首が腫れぼったくなって熱を帯びてくる。
 慌てず休み休みストレッチを繰り返す。

 足首だけでなく、全身のストレッチも行なう。
 足首が治ってクライミングに復帰する時は、もう前のままの身体ではいけないような気がする。
 いい歳をしてクライミングをする以上、筋トレだけでなく、ケガ予防に柔軟性をつけないといけない。
 固い身体を少しでも柔らかく。ある意味、足首のリハビリよりも難しいかも知れないけど、ゆっくりと取り組んでいこう。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ