« 伊豆半島岩場巡り(城ヶ崎シーサイド、海金剛スーパーレイン、城山南壁) | トップページ | ぽかぽか陽気の二子山 »

湯河原温泉と幕岩 Tが骨折

 1617日の週末は皆で湯河原幕岩へ。今回のメンバーは、しばらくクライミングをやっていない人や以前足をケガして思うように登れない人、ほとんどクライミングをしたことがない人が多い。そこで、基本的に私がトップロープを張って皆がそれを登るということにした。

 金曜日夜に東京を発ち一路湯河原へ。湯河原町出身のメンバーの一人が温泉街のリゾートマンションの一室を持っているので、そこに泊ることになっている。大浴場もあって、温泉に入るだけでも楽しみだ。なのでクライミングはもちろんするのだが、温泉に入ったり部屋でわいわいとお酒を飲むというのんびり過ごすのが今回の趣旨。

16日】

 初日の土曜日にクライミングをするメンバーは私を含め4人。ほかに2人いるのだが、それは後でマンションに合流することになっている。まずは桃源郷の5.8でアップ。そのあとはサンセット5.10aなどにもロープを張って皆で登る。私はダイヤモンドヒップ5.11aをトライ。以前にも登っているのだが未だにRPできていない。今なら十分RPできるはずなのだが、この日は右手の調子がいまいちで比較的大きなカチでも保持していられなくて、たまらずテンション。

 それから、上のアリババの岩場へ。ここでもロープを張りまくって皆で登った。しかしこの日は寒い。空模様も怪しく、やがてチラチラと雪が降ってくるではないか。まさか湯河原に来て雪に降られるとは思わず、皆で寒い寒いと言いながら登るのだが、岩も少しずつ濡れてきて午後2時くらいにあがることにした。車で街に下りると路面は乾いており、雪が舞っていたのは山のほうだけだったのが分かった。

 スーパーで買い出しを済ませ、西村京太郎記念館や湯河原駅前で残りのメンバーは2人を乗せ、マンションの部屋へ。豆乳鍋や焼いた鰯を食べながらお酒を飲んでいると、仕事を終えたTが合流した。

17日】

 クライミングをしない1人と別れ、6人で再び桃源郷へ。前日と同様、私がトップロープを張って皆で登った。この日もダイヤモンドヒップをRPできず。調子が悪い。

 上のアリババの岩場にもロープを張って登り、右のほうにある5.8のルートにも張って皆で登った。5.8のルートから戻ると、「アン」5.10a/bに張っておいたロープをTが引き抜いている。聞くと、下の「サンセット」5.10aをリードできたからこれもリードしてみると言う。後から思えば止めさせておけばよかった。ビレイヤーはRさん。

 T3ピン目までランナーを取ったところで、そのまま直上するところを右の凹角に向かってしまい、そのあたりで行き詰まってしまったようで「落ちます!」とコール。数瞬後フォールした際に、壁の途中にある出っ張りに右足をしたたか打ちつけた。墜落距離は3mほど。Tは結構体重があるので、フォール時にビレイヤーのRさんは1mほど前に身体を持って行かれたそうである。それが墜落距離を長くしてしまった要因の一つかもしれない。

 Tはそれでも登ろうとするが、しばらくして諦めロワーダウン。本人は、ちょっとくじいただけだと言って、その後もクライミングをするがやはり思うように足が利かないようである。

 クライミングを終え、駐車場に戻る遊歩道を歩く際も皆より遅れるので、足の具合を見ると、右足首まわりがパンパンに腫れあがっている。皆驚いた。

 昨年6月、私は小川山でボルダリングしていて1mほど落ちた際に左足首を捻挫して脛骨と腓骨の間を剥離骨折してしまった。その際も同じように腫れたので、これは捻挫だけでなく骨折も疑われると思った。自車で来ていたTに運転させるわけにもいかないので、家が近い私が運転して送ることにした。Imgp2211

 家まで送る前に都内の病院の夜間救急に寄った。レントゲンを撮った結果、右足首内果骨折とのこと。つまり右足首の内側の踝(くるぶし)が折れているとのこと。私もレントゲン写真を見せてもらった。確かに見事に骨に線が走っている。私も昨年ケガをして、そのあたりの骨について詳しくなったので、ある程度分かる。Tの場合、足を着いた際の衝撃で脛骨と距骨がぶつかって脛骨の踝部分が折れたものと思われる。

 Tはギプスを施され、とりあえず帰宅することに。翌日も通院して診てもらった結果、手術してボルト2本で固定することになったという。ケガから5日後その手術をしたそうで、その後お見舞いに行ってきた。

 クライミングという危険な行為をする以上、事故には細心の注意を払わなければならないのだが、こうして目の前でケガをするのを目撃すると改めて気をつけなければならないと思った。

« 伊豆半島岩場巡り(城ヶ崎シーサイド、海金剛スーパーレイン、城山南壁) | トップページ | ぽかぽか陽気の二子山 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/33136074

この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原温泉と幕岩 Tが骨折:

« 伊豆半島岩場巡り(城ヶ崎シーサイド、海金剛スーパーレイン、城山南壁) | トップページ | ぽかぽか陽気の二子山 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ