« 小山市のロッククラフトへ | トップページ | 梅祭り開催中の湯河原幕岩へ »

降雪後の御岳ボルダーへ

 小山市から帰ってN村さんと別れた後、Kさんは明日も東村山のジムに行くという。2日間古賀志で登るつもりだったのが登れなかったため、せめてジムで頑張るそうである。私の予定を聞かれて、御岳にでも行こうかなと話したところ、Kさんも一緒に行くことになった。昨年、クライミングのブランクがあったKさんは今はとにかく登りたいようである。

 翌日曜日、Kさんと合流し一路御岳へ。しかし濡れた路面などは現地に近づくに連れて雪に…。周囲の山も雪をまとっている。ルートの経験は豊富だが外岩でのボルダリングは初めてというKさんを御岳に点在するボルダーを案内しながら回った。しかしどの岩もうっすら雪をかぶっている。

 発電所の駐車場に車を停め、まずは丸こんにゃく岩を数年ぶりに見に行った。それからソフトクリーム岩などのある広場に移動し、Kさんはすべり台岩の7級で外岩ボルダーのデビュー。鵜の瀬岩を横眼に見ながら橋を渡り、忍者返しの岩へ。Kさんには白狐岩の5級は難しかったようである。私はいつも眺めているだけでトライすることはなかったので今回登っておいた。その後、Kさんはマミ岩の4級をクリアしてこの日のボルダリングを終了。

 私はこの日ほとんど登ることはなく、Kさんのボルダリングをスポットすることに専念していたのだが、忍者返しの岩の子ども返しだけは登っておいた。また来た時に、忍クラやカニにトライしよう。ルートしかやったことのない人をこうやってボルダリングに誘うのも良いものだ。

 途中、Kさんが岩の近くに自生しているクレソンを発見。摘んでそのまま食べてみると口の中がニガニガする。少し摘んで家にもって帰った。食べられるや野草や山菜はまるで分からないが、こうして摘んでみるのも面白い。

« 小山市のロッククラフトへ | トップページ | 梅祭り開催中の湯河原幕岩へ »

ボルダリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/33384540

この記事へのトラックバック一覧です: 降雪後の御岳ボルダーへ:

« 小山市のロッククラフトへ | トップページ | 梅祭り開催中の湯河原幕岩へ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ