« 瑞牆山「十一面岩左岩稜末端壁」と「絵星岩下部左岩壁」へ | トップページ | ひと月ぶりにB-PUMP荻窪へ »

谷川岳 一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 南稜フランケ 2ピッチで中止…その後、榛名黒岩へ

   【谷川岳 一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 南稜フランケ】
 22日(土)、Aさんと谷川岳は一ノ倉沢烏帽子沢奥壁にある南稜フランケというルートに行った。一ノ倉を訪れるのは3年ぶり。Aさんとは何度かゲレンデで一緒に登ったが、本チャンに行くとなると、Aさんがどれだけしっかりしているか事前に確認しておくべきだった。Aさんの計画性の無さに私は辟易してしまい、2ピッチ登ったところで中止して下降した。日記にあまり悪くは書きたくないので詳しくは述べないが、ゲレンデはともかく、Aさんとマルチピッチのルートに行くことはもうないだろう。

 それぞれ前夜に東京を発ち、ロープウェイの立体駐車場で仮眠して翌朝待ち合わせた。Aさんは朝の準備からのんびりしていて、10分で出発するからと自分で言っておきながらふらりといなくなり30分近く戻ってこないし、他にも、アルパインヌンチャクやルート図を持って来なかったりとあまりのルーズさにこっちは怒り心頭。
 指導センター前でもひと悶着していると、H口さん、Y本さんがやって来た。U井さんと南稜を登るのだという。中止して帰ろうかと思っていた私は、彼らの姿を見て、いちおう出合に向かうことにした。一ノ倉出合で支度して、さっそく雪渓を登って行く。雪渓の上はテールリッジまで快適に歩ける。テールリッジを登って行くも、着込み過ぎたAさんは汗だくになってしまい歩くペースも落ちる。中央稜取り付きからトラバースし、南稜フランケの取り付きに到着。他に変形チムニーを登るパーティーもいた。
Imgp2476 

 1ピッチ目は私が行くことにした。Ⅳ+、30mのピッチだが、カンテを越える序盤で錆びたハーケンとカム一つを決めただけで、その後の20mくらいのフェイスではランナーを取れるようなところが見当たらない。ランナウトをして登り1ピッチ目を終了。Aさんがフォローで登ってくる。
Imgp2477 

 2ピッチ目はAさんのリード。ルート図を渡そうとするも、見たから大丈夫と受け取らない。2ピッチ目は左上気味から大きなハングの右下を目指すように右にトラバースすることになっている。下から見ていた私は、Aさんがどうも違う方に登って行くので、右に行くように指示した。声が届いているはずなのにAさんは直上してしまい、どうやらYCC左ルートに入ってしまったようだ。私もフォローで登り、2ピッチ目終了点で下降を決定。このようなずさんな行動では事故が起こりかねないし、結果的に登りきることはできたとしても、それが正しいとは思えない。昼ごろに出合の駐車場に戻り、午後から榛名黒岩に行くことにした。Imgp2478

【榛名黒岩】
 関越道を水上から伊香保まで乗った。伊香保温泉経由で榛名黒岩へ。岩場に着くと、Mねさん、H野さんが来ていた。Mねさんは「つる」5.11bにトップロープでトライしていた。
 私は、2週間前にトライしながらレッドポイントできていなかった隣りの「あひる」5.11cが目的。トップロープで一度やってみて後半部分のムーブを前回より修正。レスト後のリード1回目でRPできた。Mねさんによると、某クライミングジムのオーナーがこのルートは12あるという話し。本当に12a相当かどうかは分からないが、登れただけに楽しいルートだった。Aさんと別れ、ひたすらした道を走って東京へ帰った。
 後日、他のクライミング仲間に聞くと、Aさんは要注意人物だったらしい。やれやれ。

« 瑞牆山「十一面岩左岩稜末端壁」と「絵星岩下部左岩壁」へ | トップページ | ひと月ぶりにB-PUMP荻窪へ »

アルパインクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/34907902

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳 一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 南稜フランケ 2ピッチで中止…その後、榛名黒岩へ:

« 瑞牆山「十一面岩左岩稜末端壁」と「絵星岩下部左岩壁」へ | トップページ | ひと月ぶりにB-PUMP荻窪へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ