« 今週もB-PUMP荻窪へ | トップページ | 梅雨入り前、金比羅岩&有笠山へ »

天気にも恵まれ、有笠山でクライミングを堪能

 6月最初の週末。今週も有笠山へ。K端さんと待ち合わせ関越道から中之条を経て有笠山へ。数年前に偏屈岩に一度来たほかは、先週ちっぽけ岩に行っただけなので、有笠山山中そのものにある他のエリアは全く知らない。今回は、それらのエリアを訪ねる楽しみもあった。

【フェアリーロック、東の石門エリア】

 5()。東口登山口に車を停め、登ること数分でフェアリーロックに着く。アプローチ至便。ここに荷物を置き、近くの東の石門エリアでアップする。「大いなる山の日々」5.11aはずいぶんと易しく感じるし、「モーテル有笠」5.11cだって10bcくらいに感じながらオンサイト。K端さんはこの大いなる山の日々が狙いだそうで、私はフェアリーにある「緋牡丹博徒」5.12aに目を付けたので、トライのたびにこの二つのエリアを行き来した。

 緋牡丹博徒はハングのリップが核心の短いルートで、持久力のない自分好みの感じ。最初、リップがすごく悪いパーミングだけだと思ったが、良く探ると右手カチ、左手パーミングといった感じ。それで右奥にあるガバ穴を取りに行くという手順でやった。2便目はそのガバ穴が取り損ねてフォール。そして、3便目に確実にキャッチしそのまま乗っ越して完登。先週のメリーゴーランドに続き、5.12aがまた登れた。やった。

 K端さんも大いなる山の日々を頑張って完登。その後、私は「パスファインダー」5.11b/cにトライ。ガバをぐいぐいと登って行くルートなのだが、緋牡丹でヨレてしまったのか3便出して、同じところで3回ともテンション。元気なら確実に落とせるだけに悔しい。そのうち片付けよう。

 下山してお城のような外観の建物の岩櫃城温泉で汗を流し、焼肉定食を食べ、某所でテントを張る。テントの中でビールを飲んでいると、車がやって来てクラクションを鳴らす。先週に続き、この日もちっぽけ岩に行っていたT橋さんとK藤さんだった。狙っていたルートが落とせず明日もちっぽけ岩に行くと言う。

【南国エリア】

 6()。フェアリーや東の石門に至る手前を左に行き、しばらく登って降りると南国エリアに着く。この日は前日以上に良い天気。前の晩は心配した雨も降らなかったし、岩のよく乾いてくれている。

 「旅館有笠」5.10aでアップして、続いて「白と黒」5.11bを長いながらも耐えオンサイト。この勢いで「天狗の鼻」5.12aに挑戦。1便目はヌンチャク掛け。途中途中で難しいパートがある。それでもできないムーブは無いのでヨレていなければ繋げられるはずなのだが、どうもうまくいかない。2便登ってヌンチャクを回収した。

 その後は、K端さんがトライしている「朝が弱いんです」5.11cに加わってトライ。K端さんが苦労していた出だしのボルダームーブは問題なし。中間部もリーチを活かしてクリア。しかし、終了点直下が遠く、終了点にロープをかけたところでテンション。身体を上げてリップを取るまでがルートと考えると完登とはいえない。完登かどうか怪しいのは気持ちが悪いので、もう一度登ってしっかりレッドポイントしておいた。最後に隣りの「番犬」5.11bをやるもこれも終了点手前で力尽きてテンション。レッドポイントはお預けにして撤収して下山した。それでも2日間で5.11a以上が5本登れたから良しとしよう。

« 今週もB-PUMP荻窪へ | トップページ | 梅雨入り前、金比羅岩&有笠山へ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/35124979

この記事へのトラックバック一覧です: 天気にも恵まれ、有笠山でクライミングを堪能:

« 今週もB-PUMP荻窪へ | トップページ | 梅雨入り前、金比羅岩&有笠山へ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ