« 献血にいこう! | トップページ | 9月も終わり、B-PUMP荻窪へ »

小川山はずいぶん寒くなった

 9月最後の週末も小川山。梅雨明け以来、何度通ったことだろう。前週、錫杖でK端さんは足をケガしてしまったため、この週末はクライミングをお休み。そこで、他の人達にあれこれ声をかけた結果、日曜日に小川山で登ろうということになった。小川山日帰りはちょっとかったるいので、土曜日は一人でボルダリングをすることに。
 この一年、ルートクライミングばかりやっていたので、外岩でのボルダリングはずいぶん久しぶりだ。ただ、土曜日は未明まで雨が降っていたようで、日当たりの悪い哲学岩はビショビショ。まだ9時頃なので午後になれば少しは乾くかも。そこでヴィクターへ。ここはすでにきれいに乾いていた。アップに「コンケーブ」3級を登る。久しぶりとはいえ、コンケーブくらいは登れないと。
 そういえば、この日は「クリーンクライミング・イン・小川山」と題して、廻り目平で清掃活動のイベントが開かれていた。その中でお昼からじゃんけん大会をやると聞き行ってみた。K端さんの知り合いのF原さんが進行役で、クライミング関連のスポンサーが提供してくれたグッズをじゃんけんで勝った人にあげるというもの。
 グッズごとに希望者が立ちあがり、進行役とじゃんけんをする。良さそうなクライミングパンツやシャツなどでことごとく負けてしまい、もうすぐ終わりかなという頃にマグカップが出された。他に希望者がいないとじゃんけん無しでもらえる。コーヒーを飲むときに良いかなと思いもらった。マムートの小ぶりの陶器のカップ。山では割ってしまいそうなので、家で使うかな。
 その後、再び哲学岩に行くと朝寄りはずいぶんと乾いていたので、昨年登った「フィロソフィー」初段をやってみる。トラバース部分はできるのだが、直上に移行するところで落ちてしまう。何度かやってみても、どうもダメそうだ。ちょっと疲れた。
 ここのところ、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」など海外の古典文学といわれる小説を読んでいる。この時はE・ブロンテの「嵐が丘」を読んでいて、物語の先が気になって早めにボルダリングを終え駐車場に戻る。
 車の近くにテントを張って、外でビールとおつまみを片手に読書。暗くなってからもテントの中でヘッドランプの灯りを頼りにずいぶんと遅くまで読んでしまった。
 それにしても廻り目平もずいぶんと寒くなった。先週もこれほど寒くなかったはずだし、夏に比べると本当に寒くなった。

 翌日はI澤さんと待ち合わせ。I澤さんが来るまでの朝の時間もひたすら読書。リバーサイドに行くことになった。私はリバーサイドに行くのは初めてだ。先週からI澤さんはここにある「ランデブー」5.11aにトライしているという。
 その前に、八幡沢左岸スラブに行く。既登の「トムといっしょ」5.10aでアップし、「雨がやんだら」5.11bを2トライ目でレッドポイント。
 それからリバーサイドへ行こうとヴィクターの脇を通り林道に出ると、友人Nとばったり遭遇。日帰りでボルダリングに来たと言う。
 リバーサイドに着くと、まずはI澤さんがランデブーにトライ。そのヌンチャクを使わせてもらって、私はランデブーをフラッシュ。続けて、二つとなりの「DOKUFU」5.11aもオンサイト。3ピン目手前が核心で遠いホールドをいかにして取りにいくか試行錯誤したが何とかできて良かった。I澤さんもランデブーをRP。
 私はさらに中央の「BUN2」5.11bに2便出すもRPできず。でもムーブは解決できたからヨレていない時にやれば落とせそうだ。
 夕方4時頃になると雨が降り出したため撤収して帰る。I澤さんは小川山に残り、翌日T橋さんと再びリバーサイドに訪れたという。

« 献血にいこう! | トップページ | 9月も終わり、B-PUMP荻窪へ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/37000826

この記事へのトラックバック一覧です: 小川山はずいぶん寒くなった:

« 献血にいこう! | トップページ | 9月も終わり、B-PUMP荻窪へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ