« 9月も終わり、B-PUMP荻窪へ | トップページ | 5.11a以上100本完登 »

6月以来の有笠山へ

 10月に入り23日の週末は群馬県の有笠山で登った。土曜日早朝、有笠は初めてというT辺さんを乗せ関越道を走る。愛車ルーテシアは済ませたばかりの7年目の車検の際にエンジンオイルも交換したおかげか、アクセルの伸びが良い感じ。6時前に練馬ICから乗ったにも関わらず高速道路はけっこう混んでいる。

 中之条を過ぎ、沢渡温泉が近付くと路面が濡れている。あらら、岩場は大丈夫だろうか。東口のフェアリーロックにするか西口の偏屈岩にするか迷ったが、フェアリーに行くことにした。この日は日帰りでMさんも参加することになっている。MさんとT辺さんは某クライミングジムのスクール仲間なのだ。

2日 フェアリーロック、東の石門】

 フェアリーに荷物を置き、すぐ近くの東の石門エリアに行く。そこでアップをしつつ、T辺さんの目標は「はし休め」5.10cとなった。そのうち、Mさんもやってきた。

 私は6月にヨレてできなかったフェアリーの「パスファインダー」5.11b/cをクリア。Mさんも2便目でクリア。我々は東の石門と行き来しつつ、私は続いて「入梅」5.11aをオンサイト。こういう短いルートは好きだ。

さらに、「夢を見る頃」5.11a/bとその延長の「夢見る頃を過ぎても」5.11bもオンサイトできた。ルートが長くて前腕がパンプしてしまったうえに、終了点前のホールドがそれまでのガバに比べると小さくなるため突破できず、その直下のレストポイントから何度も登ったりクライムダウンしたりを繰り返した。息が上がる。それでもテンションせずに粘って5度目くらいでまずはヌンチャクをクリップ。すぐに腕がまいってしまうのでクライムダウンし、次にロープをかけた。そして意を決して突っ込み、見つけたホールドを必死でつかみ何とか突破し、オンサイトできたわけ。前腕がパンパンだ。疲れた。でも1便でルート2本登ったことになるからお得だ。

さらに東の石門にある「祝30万㎞」5.11dにトライするも、夕方になってヨレてトライするようなルートではない。たまらずテンション。右手の大穴側から左にちょっとトラバースする個所が核心のようだ。T辺さんは「はし休め」を何度もトライするがこの日はクリアできず。

3人ともたくさん登って、日帰りのMさんと別れる。私とT辺さんは岩櫃城温泉という立ち寄り温泉へ。すると温泉のロビーで帰りかけのH原さんとK島さんに会った。6月にもK端さんと来た時にこのお二人とこの場所で会っているのだ。クライマーの行動パターンは皆一緒だ。

H原さんは先週カサメリの「オリーブ」5.11cをレッドポイントできたという。ずっとトライし続けていて、モツランドで会った時にもトライしていた。通算30便とのこと。すごい執念だ。おめでとうございます。

 お風呂から上がり、そこの食堂で夕食を済ませる。となりのベイシアで翌日の食料とお酒を買い込み、テント泊するために某所へ。道の駅よりも静かで良い場所だ。

3日 東の石門、偏屈岩】

 夕べはちょっとお酒を飲み過ぎたせいで頭がちょっと重い。というより飲んだ量は少ないのに、若いころに比べるとすっかりアルコールに弱くなってしまった。そもそもスポーツをしに来てるんだから、翌日にひびくほどお酒を飲むなんて言語道断なんだよなあ。それに水曜日に行ったジムで右肩を痛めてしまった。昨日もそういうわけで、フェアリーにある5.12台には手を出す気になれなかった。

 有笠に近づくにつれて、この日も空模様が怪しくなってきた。やっぱり路面は濡れてるし。前日のやり残しがあるので、再び東の石門へ。私は「祝30万㎞」5.11dT辺さんは「はし休め」5.10c

 祝30万㎞は、出だしの数手で右手の大穴の左縁に上がり、そこから左にちょっとトラバースするところが核心。大穴の縁に沿って登り過ぎてしまうと左へのトラバースができなくなってしまうので、すぐに左に行かなければならない。頭が重いせいか、この日3便目(通算4便目)でようやくRP。そしてT辺さんもこの日3便目で、はし休めをクリア。終了点直下の小ハングの乗っ越しでずっと苦労していたのだが、いろいろ足の置き方を考えて突破した。外岩では5.10aまでしか登っていないということで、グレードを更新できて嬉しそう。朝のうちはパラパラと弱い雨が降ったりしていたが、なかなか本格的には降り出してこない。

 2人とも狙ったルートを片付けたので、偏屈岩に移動することにした。駐車スペースに戻ると、またH原さんに会った。この日も南国やアドベンチャーとのこと。

 偏屈岩では、2階の「家さんの腰つき」5.11a1階の「掟破り」5.11aをオンサイト。二日酔いは治まったが、肩が痛いのでもっとグレードが高いルートをやる気になれない。T辺さんは「青いパンツの男」5.10bにトライするがハング越えが厳しいようだった。結局、雨は降らず2日間まるまる遊べて良かった。

5.11a以上100本完登】

 さて、「掟破り」を登ったことで、5.11a以上の完登数がちょうど100本になった。2年前の夏に、甲府幕岩で「サイコモーター」5.11a/bを登ったのが初めて。その後、事情があって一年ほどルートをまったく登らなかった。ただ、その間、御岳でさんざんボルダリングしていたので、昨秋からルートを再開した時には小さなホールドをずいぶん保持できるようになっていた。そうして2本目は111日の湯河原幕岩での「ゼルダ」5.11a

その後、11台を順調に増やしていって、今年313日、古賀志の「ドラゴン」で、初めて5.12aを完登。その後、K端さん達と出会って一緒に登るようになった頃に、年末までに100本登ろうと決心。順調に数が伸びていったので、その目標は1年で100本ということして、10月末までに期限を繰り上げた。

その間12aも少しずつ増やしていって、821日には小川山の「働け!ロッククライマー」5.12bでようやくグレード更新。その日は近くの「シナプス」5.12bも登れた(7月に登ったストリームサイドの「烈風」5.12cはちょっと例外扱い)

今月中にあと1本登れば1年で100本という目標も達成できるので、これは問題ないだろう。これからは12a12bの完登数を増やすこと、12cを登ることを目標にしよう。

【右肩が痛い!!

 月曜日の朝、起きると右腕は上にあげられない。そろそろと上げるのだが痛みがひどい。鎮痛剤のゲルを塗るが痛みは治まらない。左手を添えないと右腕を高く上げられない。これは単なる筋肉痛ではないようだ。

この日は痛みで一日中憂鬱だった。帰宅して風呂に入った際、右肩を左手でぐっと押さえながら、ゆっくりと上下させてみた。ふと気がつくと痛みがずいぶんと引いている。どうやら脱臼とは言わないまでも、肩関節が少しズレてしまっていたようだ。それが自己治療で修復できたみたいだ。整体院に行けと言われそうだが。

 そんな状態だったのでまだ肩に痛みはあるが、左手を添えなくても右肩を上げ下げできる。食事に気をつけるとか、ストレッチをしっかりやるとか、身体のメンテナンスに気を使わないといけないね、という話をT辺さんといろいろした。

« 9月も終わり、B-PUMP荻窪へ | トップページ | 5.11a以上100本完登 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/37091373

この記事へのトラックバック一覧です: 6月以来の有笠山へ:

« 9月も終わり、B-PUMP荻窪へ | トップページ | 5.11a以上100本完登 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ