« 最晩秋、河又・北川・河又・二子の4日間 | トップページ | ハーネスを新調 »

「ノースマウンテン」5.12a RP 二子山

 27日夜、K端さんと合流すべく秩父の日帰り温泉「武甲の湯」へ車を走らせる。この日、K端さんはT原さんという人と北川で登っており、T原さんと解散したあと温泉に行っている。向かう途中で届いたメールによると、ずっとトライしていた「北落師門」5.12aが登れたという。おめでとうございますっ。

 温泉でK端さんと合流後、K端さんの車を某所に駐車し、私の車に同乗。この夜は別の某所でテント泊。
 翌朝、牛丼チェーン店で朝定食を食べ、二子山に向かう。道中、小鹿野町の山々は紅葉の盛りはすでに過ぎたのかもしれないが、それでもモミジが鮮やかだ。二子の駐車スペースにはすでに何台も車が停まっている。
 弓状エリアに向かう。二段岩壁の下部の易しいルートでアップをしているところで、Mさんがやって来た。Mさんは前日、榛名黒岩で「つる」5.11bをレッドポイントしたという。こちらもおめでとう。

 アップ後、3人とも「ノースマウンテン」5.12aにトライすることになった。K端さんと私は先日すでに触っていたので、Mさんにオンサイトトライをしてもらうべく先に登ってもらった。というより、ヌンチャクを掛けてもらおうというズルい考えでもあるのだが。
 Mさんが掛けてくれたヌンチャクを使わせてもらっての1便目。先日登っているので、下部はぐいぐいと登っていける。中間部のレイバック気味のところも足の位置に注意して突破。そして終了点直下の右への短いトラバース、ここに来て急速に腕がパンプし、力尽きてしまった。RP目前だったのに。持久力が足りないなあ。風邪気味というのは言い訳だよな~。

 K端さんの後にトライしたオレンジ色のジャケットを着た人はノースをするすると登った。見ると中間部や終了点直下の核心前に大きなコルネを上手く使ってニーバーレストしている。う~む、こういうレスト技術も上を目指すなら身に着けないといけないということか。ノースは人気ルートのようで、5人以上も順番待ちになったりしたが、待ち切れずに他に行ってしまった人もいるようで、誰が待っているのかはよく分からない。
 しかし、この日からロープを新調した。これまでのがずいぶんヨレてきたので。新しいのはカモシカスポーツの年初のセールで買ったのを押し入れに閉まっていたのだ。使ってみるとやはり新品は良い。するすると滑りが良いので、クリップも楽だ。

 2時間くらい休んでから2便目を出す。終了点直下までは前の便と同じく進む。しかし必死なのでニーバーをしようなんて発想は湧かない。さっきテンションしたところで急速に握力が失せてきた。
 右手で右上部のアンダーガバ穴を保持し、その左上のホールドを左手で取る。しかし右手もパンプしているが、左手がもっとパンプして保持して身体を上げられない。右足を身体の真下あたりに上げ、左足を左方の高いフットホールドにあて、伸び上がると終了点の右カンテのガバに届くのだが、それができない。万事休すか。
 下で見ている人達からガンバコールが聞こえる。うう、もうダメだあ~。ひいひい言いながら、右手と左手を交互に持ち替え、片手ずつ振って腕をレストさせる。何度目かの持ち替えで、わずかに左手の指が回復した感じがした。ホールドを持つと、身体を上げられるくらいの保持力を感じる。必死になって、頭に入れたムーブをこなし終了点のガバを取る。あああ、やった。登れた。
 最後のところで、ひいこら言いながら何とか登れたので、およそスマートなクライミングではないが、結果オーライだ。よし。
ここのところ、北川の「UV」や河又の「デザート・ソング」が登れず、久しぶりの5.12aだったので嬉しかった。というよりホッとした。2日後に誕生日を控え、また一つ歳を取る前に12aを一つ登っておきたかったのだ。

 ノースマウンテンが登れたので、残った時間で次にやりたいルートを触っておくことにした。近くにある「モダンラヴ」5.12aをやることにした。やっている人の様子を見ていると出だしのポケットや中段から先の部分が難しいようだ。
 やってみると出だしのポケットは何でもない。ポケットといっても花崗岩であるような指1本とか2本とかのポケットではなく、えぐれた穴に指が何本もかけられる。中間部でテンションしたが、そこに乗り上がりその先も特別難しい感じではない。あとは左上のコルネをたどれば終了点。この日はこれでお終いにしたが、次回トライすれば比較的あっさり落とせそうだ。次回はまずこのモダンラヴを片付けよう。そうすれば二子の弓状で12aを二つ登ったことになるので、そしたら「ペトルーシュカ」5.12bに手を出すことにしようかな。

 さて、午後から日本代表のA青年がやって来て「フラットマウンテン」5.14d/15aにトライし始めた。う~む、ワールドクラスの人はトライするルートの次元がまるで違うなあ~。左上にあるホールドに飛び付くように何度もトライしていて、そこが核心のようなのだが、どんだけ大変なのか想像もつかない。

 帰りに道の駅「ちちぶ」に寄って野菜を買い込む。土鍋で水炊きにして食べるのだ。お湯だけで野菜やキノコ、肉とかをじゃんじゃん入れて、ポン酢とかで食べるだけなので簡単に作れる。お米を炊飯器にセットして炊きあがるまで35分くらいかかるのだが、鍋を作るのにはそんなにかからないから、ご飯が炊けるのが待ち遠しいくらいだ。寒い季節は鍋でしょ。

« 最晩秋、河又・北川・河又・二子の4日間 | トップページ | ハーネスを新調 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

ミノルさん、お誕生日とノースマウンテンRPおめでとうございます!(o^-^o)
そしてK端さん、北落師門RPおめでとうございます!あの北川の大ハングを登れるなんて、すごいな~。

ありがとうございます~。
クライミングは楽しい。
10年後も20年後も登っていたいと改めて思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/37893088

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノースマウンテン」5.12a RP 二子山:

« 最晩秋、河又・北川・河又・二子の4日間 | トップページ | ハーネスを新調 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ