« 「ペトルーシュカ」5.12b RP 二子山 | トップページ | タイ・プラナン クライミング旅行記② (12/24 初日はDiamond Caveへ) »

タイ・プラナン クライミング旅行記① (出発編)

 2010年の年末、タイのプラナンというマリンビーチのリゾート地でクライミングをやってきた。海外の岩場で登るのは自身初めてだし、海外に行くこと自体が実に8年ぶりだ。それまではちょこちょことよく旅行に行ったものだが、2002年サッカーの日韓共催W杯が開催中にベトナムに行ったのが最後だった。

【タイ・プラナン】
 プラナンは細長いマレー半島の真ん中あたり、クラビという街から何㎞か離れた小さな半島状の先にある。陸路では行けないので、クラビやアオナンなどの本土側からボートで渡る観光地である。アンダマン海に面した常夏のビーチがあり、白人観光客がたくさんいるのだが、石灰岩の断崖絶壁の奇観が見ものなのだ。
 その岩壁のあちこちにクライミングのルートが拓かれていて、トンサイのように砂浜からそのまま岩場が切り立っているようなところでは、水着姿でクライミングをしている人達の姿が見られる。というわけで、クライマーにとっても南国リゾート気分で楽しめるところで、白人が圧倒的に多いのだが、最近は日本人クライマーも増えてきたのだという。

【準備】
 今回一緒に行ったメンバーはT橋さん、K藤さん、K端さんと私の4人。T橋さん達は昨年末も行っていて、今回で3回目。その話に私も加わらせてもらったというわでだ。5月頃にはすでに今回の計画の話しが出ていて、早々に日程を決めて旅行会社に航空券を手配してもらっていた。
 空港からプラナンまでの送迎やホテルの手配は、クラビにある「さくらクラビ」という旅行代理店にお願いした。さくらクラビには井上さんという日本人女性がいて、言葉の心配がない。といっても私は何もしていなくて、T橋さんとK端さんがみんな旅行会社に連絡してくれたのだが。
 T橋さん、K藤さん、私の3人は12月23日に日本を発ち、その日の夜に現地入りし、二人はライレイイーストにあるライレイプリンセスリゾートというお値段高めのホテル泊。私はそこに隣接するYayaという安めのところに泊った。二日遅れの25日夜にK端さんが日本を発ち合流した。帰りは、T橋さん、K藤さんの二人が29日に発ち、K端さんと私は31日の大晦日に発って、日本到着は翌元日朝という日程。

 11月末から二子山に通っていたのは、二子のルートを登るためはもちろんだが、プラナン旅行に向けて石灰岩のかぶったルートに慣れておくという意味合いもあったのだ。
 やはり二子に通うU野さん達も似た日程でプラナンを訪れていて、岩場で何度もあったし、他にも見知ったクライマーの人達が何人もいた。なんだか日本の岩場と顔ぶれが変わり映えしないなあという感じではあるが。

【現地入り】
 そういうわけで、12月23日朝、成田空港のタイ国際航空のカウンター前でT橋さん、K藤さんと待ち合わせ。T橋さんとはここ2週二子に一緒行ったが、K藤さんに会うのは夏の小川山以来だ。K藤さんはこの秋、甲府幕岩の「アフリカ像が好き」5.12bをトライし続けていたそうで、クリスタルラインのゲートが冬季閉鎖されてしまう前日に仕事を休んで訪れ見事レッドポイントしたという。すごい執念だ。
 さて、荷物は二子に行くよりもむしろ少ないくらいだ。クライミング装備はいつも使っているものそのままだし、防寒着やテント、寝袋、ガス類もいらないし。
Imgp2778  Imgp2779 Imgp2780  Imgp2783

 10:45発バンコク行の便に乗り、バンコクの空港到着は15:45 (時差は2時間)。すぐにクラビ空港行きの国内線に乗り換え、18:10クラビ空港着。さくらクラビの人に出迎えられ、車でいったんさくらクラビの事務所へ。井上さんに、今年は12月に雨が降り蚊が多いということと、猿が荷物を荒らすので注意するようアドバイスされた。宿泊代や行きの送迎代などを支払い、再び車に30分ほど乗り、それからボートでライレイーストに渡る。夜の海を進むと、海からそそり立つ岩壁のシルエットが見えてくる。イーストの建物の灯りや最寄りの岩場がライトアップされており、熱帯の森と岩が浮かび上がるように眺められ、そこに近づいて行く様子はディズニーランドのアトラクションのようだ。
 T橋さん達と別れ、Yayaにチェックイン。扇風機&水シャワーという一泊600Bの最安の部屋なのだが、木造の壁は薄くて隣室の声や階上の足音などは筒抜けだ。イースト側にあるレストランやお店をひと通り歩いて見てから、明日からのクライミングに備えシャワーを浴びて早々に床に就く。
 今回、私は日本であらかじめタイの通貨バーツに両替しておいたのだが、この時レートは1 Bが3.18円。1 B当たり3円に換算して買い物した。

« 「ペトルーシュカ」5.12b RP 二子山 | トップページ | タイ・プラナン クライミング旅行記② (12/24 初日はDiamond Caveへ) »

海外クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/38303159

この記事へのトラックバック一覧です: タイ・プラナン クライミング旅行記① (出発編):

« 「ペトルーシュカ」5.12b RP 二子山 | トップページ | タイ・プラナン クライミング旅行記② (12/24 初日はDiamond Caveへ) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ