« 昨日はB-PUMP荻窪 | トップページ | 上州 霧積アイスクライミング »

「ころがるシビック君」5.12a RP、「任侠道」5.12dにトライ開始 二子山

 19~20日の週末も二子山。

【19日(土)】
 先週もそうだったが、林道の積雪で最低地上高の低い車では進めない可能性があるので、小鹿野市内で待ち合わせて、I澤さんのランドローバーに乗り合わせて二子に向かうことにした。メンバーはI澤さん、U野さん、K端さん、私の4人。
 例によって祠でアップ。その前に、先週「おいしいよー」が登れたお礼に祠にお参り。この日は晴れて暖かい。
 弓状に移動。おいしいよー完登後の新たなトライルートとして、グレードを一つ上げて「任侠道」5.12dとした。しかしこのルートは、おいしいよーとは比べものにならないくらい苦労することになりそうだ。とにかくまるで歯が立たない2日間だった。このルートは唐獅子牡丹など他のルートと交差したりするので、同時には登れない。合わせて4~5人がトライしていただろうか。
 任侠道1便目。テンションしまくりながら徐々に登って行く。4ピン目はたまらずヌンチャクをつかんでクリップする始末。なんとか5ピン目まで辿りついたが、両手アンダーからその先が厳しくて手が出せず。ここまではおいしいよーの下部をもう少し難しくした感じで、何度か続けていればいずれはテンションせずに来れそうだ。しかし、ここから急に細かいホールドの続くパートとなり、核心のようだ。
 2便目はテンションの数は減るものの、やはり両手アンダーから先が手が出ない。いや~、どうすればよいのだろう。
 この日は任侠道は2便だけにして、「ころがるシビック君」5.12aにトライ。先週、惜しいところまで行けていたので、落とせそうな感じ。遠いホールドをリーチいっぱいに取りに行ったりして、イメージどおりRP。通算7便。任侠道の厳しさにはね返された直後だからか、登れてもとくに嬉しい気分にならず。というか淡々と終わった。でも12aが登れたから良かった。
 I澤さんはペト、K端さんはノースと引き続きトライ。温泉、買い出し、夕食後、下吉田泊といつもの行動パターン。

【20日(日)】
 前日に比べ曇りがちでとはいえ、プラスの気温。ものすごく寒かった1月に比べるとずっとしのぎ易い。祠でアップ。
 任侠道(通算3便目)は、両手アンダーから左上のホールドを取りに行くのは分かった。が、それだけ。おそらくこれを両手マッチしてさらに右上の小さそうなホールドを取りに行くのだろうが、とてもできない。足さばきも不明。
 4便目は、テンションだらけだったのが、初めて4ピン目まで続いた。核心部入口は相変わらずだが、他の人のムーブを見ていると、足を左に送るのがまずできないと話にならなさそう。
 この日はもう任侠にトライするのは止めようと思い、「ペトルーシュクァー」5.12cに手を出してみた。ヨレていて、下部を供用するペトルーシュカでもテンションしてしまった。シュカと別れるととたんに厳しくなる。テンションかけかけ身体を引き上げるも、途中えらく悪いカチが現れ、これを使うのか使わないのかよく分からないまま断念。やはりそうそう甘くはないようだ。
 もう止めようと思っていた任侠にやっぱりトライ(通算5便目)。が、ぼろぼろ。5ピン目までも辿りつけず降りた。
 任侠道は本当に大変そうだ。というか、肝心の核心部をやっていないのでどのくらい大変なのかも分からない。でも、もうしばらく頑張ってみようかな。

« 昨日はB-PUMP荻窪 | トップページ | 上州 霧積アイスクライミング »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/38980510

この記事へのトラックバック一覧です: 「ころがるシビック君」5.12a RP、「任侠道」5.12dにトライ開始 二子山:

« 昨日はB-PUMP荻窪 | トップページ | 上州 霧積アイスクライミング »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ