« 「ころがるシビック君」5.12a RP、「任侠道」5.12dにトライ開始 二子山 | トップページ | 霧積の翌日、B-PUMP荻窪へ »

上州 霧積アイスクライミング

 22日、HN田さんと群馬県の霧積(きりづみ)へアイスクライミングに行ってきた。霧積は山奥の鄙びた温泉宿があるところで、その周辺にアイスクライミングができるところが数か所あるのだ。

 霧積に行くのは私は初めて、HN田さんは先月O形さんと行ったので2度目。普段はフリークライミングばかりなので、たまにはアイスもやりたいと思って計画した。せっかくアイスの装備を持っているので、それを使いたいし。アイスクライミングをやるのは昨シーズン行った神津牧場以来だ。

 早朝、HN田さんと待ち合わせ、関越道~上信越道経由で松井田妙義ICで降りる。よく晴れている。国道18号から霧積に向かう道路に入り進んで行くと、霧積ダム近くの道路沿いのコンクリート壁に薄く氷が着いている。アイスができるエリアの一つのようだが、アックスを打って登れるほど氷が厚いようには見えない。

 さらに進み長野新幹線の高架をくぐった対岸にも氷瀑が見える。その先の橋のそばにも氷瀑があり、ここが隠れ橋の氷瀑らしい。温泉宿の霧積館が車道の終点。宿手前の身舗装路には雪が残っていた。宿の前の駐車場に車を停めて、アイスの支度をする。

Imgp3074

【温泉奥のエリア】

温泉から5分ほど歩いたところに高さ10mもないくらいの氷瀑が現れる。少し雪が積もった小広場状のところの正面に、左側が少し傾斜が緩そうな短い氷瀑、右側にやはり短いながらもバーチカルな氷柱がある。週末はたくさんのクライマーが来るのだろうが、平日のこの日は我々だけの貸し切り状態だ。Imgp3079

 私が持っているアックスとバイルはペツルのクォーク、アイゼンは同じくペツルのM10HN田さんもクォークで、アイゼンはブラックダイヤモンドのサイボーグというステンレス製のものだ。

 まずはHN田さんが左側の緩いところをリードした。フォローで私が続き、登って来た左側と氷柱のある右側にトップロープをそれぞれ張る。私は右側の氷柱をトップロープで2度登った。多くのクライマーがアックスを打ち込んだ跡なのだろう。穴が結構開いているので、それを手がかりにすると登るのは難しくない。3度目はリードして、持っているアイススクリューを数カ所セットしてレッドポイントした。HN田さんは左側の中央あたりをリード。

Imgp3094

【隠れ橋の氷瀑】

 時刻はお昼を回り、リードできたことだし、このエリアはもうこれ以上登っても仕方なさそうなので、場所を変えることにした。来る途中、車道から見えた隠れ橋の氷瀑に行くことにした。駐車場に戻り車で移動。橋の近くに駐車すると、目の前に氷瀑が見える。車道からは急に見えたのだが、近くに行って見ると実際はそれほど急ではなかった。ガイドブックによると7075度と書いてあった。これならまず登れそうだ。

Imgp3104

 下段のほんの数mほどの氷を登ると傾斜が緩み確保のために立ち易そうなので、短いのだがそこでピッチを切って2ピッチで登ることにした。

 時刻は午後2時半過ぎ。冬至の頃に比べるとずいぶんと日が伸びたので、あと3時間くらいは登っていられるだろう。1ピッチ目はHN田さんがあっさりリード。私がフォローで登り、続けて2ピッチ目を私がリードした。スクリューをセットするのも練習なので、途中4カ所スクリューを氷にねじ込んだ。テンションすることもなく登れたのでオンサイト。

Imgp3119

滝の落ち口上の左岸側(右側)に木の根に結んだ残置スリングとビナの支点があった。HN田さんがフォローであがり、いったん下まで懸垂下降した。1時間ちょっとしか経っておらず時間はまだまだあったので、今度は順番を変えて登ることにした。まずは私が登り、後半をHN田さんがリードして完登。HN田さんはアイゼンの前爪をモノポイントにしておらず、2本爪なので氷への蹴り込みがちょっとやり難そうだ。また、アックスを氷に打ち込む際も何度も打ち直していて無駄に疲れてしまっているようだ。腕を上に伸ばして手首のスナップを利かせてアックスを振ると楽に打ち込めると教えてあげたら、その後は何度も打ち直すのが減った。これもやはりムーブなのだろう。

 2度登ってもまだ時間があったので、2ピッチ目の滝をトップロープ状態で、HN田さんが2回、私が1回登った。荷物を置いた下に降りると5時半で薄暗くなってきた。車はすぐそこに停めてあるので、アプローチを戻るのは気楽だ。二つのエリアをどちらも何度も登れて、良いトレーニングになったと思う。

 温泉宿の霧積館には事前に電話をしておいたので、このまま帰ってしまうわけにはいかないし、身体もやはり冷えていたので、温泉に寄った。平日なので宿泊客は誰もいないようだ。薄暗い館内を宿のおじいさんに案内されて、温泉に入った。ぬるめのお湯にゆっくり浸かった。男湯のほうは六角形をした浴場で、浴槽も六角形だった。

 霧積館を発ったのは午後7時過ぎ、途中上里SAで夕食を済ませ、午後10時にはHN田さんをJR山手線の駅近くまで送って解散。

 たまにアイスクライミングをやってみるのも良いものだ。もっと大きな滝に登るとなるとアイススクリューがもっと必要だけど、値が張るからなかなか買えないなあ。

 

« 「ころがるシビック君」5.12a RP、「任侠道」5.12dにトライ開始 二子山 | トップページ | 霧積の翌日、B-PUMP荻窪へ »

アイスクライミング」カテゴリの記事

コメント

いいですね。アイスクライミングの後、すぐに温泉は最高です!霧積も神津牧場も私の車が車道の傾斜に耐えられないので、行ったことがないですが。

アイス後の温泉は、フリークライミング以上にありがたいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/38991949

この記事へのトラックバック一覧です: 上州 霧積アイスクライミング:

« 「ころがるシビック君」5.12a RP、「任侠道」5.12dにトライ開始 二子山 | トップページ | 霧積の翌日、B-PUMP荻窪へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ