« ベースキャンプ5 | トップページ | 4ヵ月ぶりにB-PUMP荻窪へ »

二子山へ通う日々

 56日の週末も二子山。

5日】

 今日は暖かい。午前中、祠でアップする時からTシャツ1枚で登った。弓状に移動。こちらも暖かだ。「おいしいよー」に引き続きトライ。

 通算18便目。いつもほどは岩が冷たくない。そのおかげで下部をいつもより力まずにこなせる。拝みホールドの保持もいつもより確実にできたのだが、その上のピンチを取りに行くところでフォール。

 じっくり休んで19便目。さらに岩は冷たくなくなっている感じか、拝みホールドから上部ピンチが取れ、右手ガバ穴をキャッチ。しかしそろそろ保持力がヤバくなってきた。バケツホールド右手のホールドを右手で取ったところであえなく力尽きる。バケツを両手でしっかり持つところまではやはり気が抜けない。しかし下から続けて初めて核心部を越えることができた。

 陽が傾きかけた20便目は、再び岩が冷えてきて、拝みホールドで力尽きる。岩の温度でこうも左右されてしまうのは、このルートは現状の自身の限界点なのだろう。せっかく暖かい日で、おいしいよーを落とせるチャンスだったのだが仕方ない。もっと力をつけないとね。

 この日は小鹿荘の温泉には行かず、「星音(せいね)の湯」という立ち寄り温泉に行った。私は行くのは初めて。タオルを貸してくれるし、露天風呂も二つあって設備も整っている。

 お風呂は良いのだが、立ち寄り客に対して露骨にイヤな顔をする小鹿荘の人間の接客態度が気に入らなかったので(汚らしい姿のクライマーを中に入れたくないのかな?)、これからはこちらの温泉のほうが良いかな。

 「カフェまいん」でいつものメニューで夕食。

6日】

 日曜日は、予想に反して、再びいつもの寒い一日となってしまった。

 おいしいよー21便目。やはり岩は冷たい。拝みホールドでフォール。22便目も同様。これ以上書くことはない。

 無駄便ばかり増えるので、おいしいよーはこの日はおしまい。

 残った時間で先週3便出した「転がるシビック君」にトライ。遠いホールドをリーチを無理無理伸ばして取りに行くというムーブでテンションしながら、なんとか終了点へ。ヨレていなければ、そのうちイケるかも。2便出したので、通算5便。まずはおいしいよーを落とさないといけないが、その後はこのシビック君を早々に片付けないなあ。

 訪れるたびに日が伸びているのが分かる。5時過ぎまで登って撤収。少しずつ帰る時間が遅くなる。

 自分のことしか書かなかったが、MさんもT橋さんもI澤さんもU野さんも各自トライしているルートで頑張っている。T橋さんは日曜日の最後に1便だけ手を出したペトルーシュカが楽しい様子。

« ベースキャンプ5 | トップページ | 4ヵ月ぶりにB-PUMP荻窪へ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/38779568

この記事へのトラックバック一覧です: 二子山へ通う日々:

« ベースキャンプ5 | トップページ | 4ヵ月ぶりにB-PUMP荻窪へ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ