« 二子の翌日、昼間っからB-PUMP荻窪へ | トップページ | 高尾山の翌日、昼間っからB-PUMP荻窪へ »

春休み、甥っ子・姪っ子と高尾山へ

 29日(火)、春休み中の甥っ子、姪っ子を連れて高尾山を登ってきた。甥っ子は4月から小学4年生、姪っ子は2年生になる。よちよち歩きの頃を思い出すと、月日が経つのは早いものだと思う。私もそれだけ歳をとったというわけだ…。
 甥っ子達はこれまで何度か高尾山には来たことがあるようだが、姪っ子は自分の足で下から山頂まで歩いたことはないという。今回はケーブルカーを使わずに自分の足でしっかり歩いてもらうのが一つの目的だ。
 私も昔は何度も高尾山へ行ったことはあるが、今回の行き先としては他のところにしたいとも考えていた。高尾山はミシュラン日本版に紹介されてから、訪れる人が激増して混雑しているらしいからだ。そのミシュランの本は興味がないので見たことはないが、なんで高尾山が三つ星の山なのだろうか?分からないものだ。
それでも、観光地としては登りやすいし、訪れたことのある姪っ子が今度は自分の足で山頂まで登るということでは、よい目標になりそうだと思い行くことにした。

 中央線の吉祥寺駅から電車に乗って、高尾駅で京王線に乗り換え、高尾山口駅に着いたのは9時過ぎ。よい天気だ。2人ともやる気満々の様子。高尾自然研究路を銘打った登山道がいくつかあって、そのうちの6号線をしばらく歩いて行くと、琵琶滝というところに出る。そこから6号線から分かれ右に行くと、道が急になる。2人の様子に目を配りながら、急ぎ過ぎないように注意を促し、こまめに休憩をとって水分を摂らせる。汗をかく前に上着を脱ぐようにも言う。時間はたっぷりあるのだから、急ぐことはない。追い抜いて行く登山者に励まされながら、よく頑張っている。

Imgp3277
 やがて十一丁目茶屋のある1号線に出て、そこのベンチで休憩。私が持ってきたガスバーナーでお湯を沸かす。ここまで来ると観光客がたくさんいる。タコ杉を通過し、薬王院の石段を登るが、平坦なところも多いので、先ほどまでの急登よりは楽だろう。
 そうして昼前に山頂に到着。雲のせいか富士山は見えないが天気は良い。お弁当を食べて過ごす。甥っ子は妹の水筒も持ってあげたりして荷物がちょっと重かったようだがよく頑張った。姪っ子も心配を余所にあっけなく頂上まで歩けた。

Imgp3302

Imgp3319
 下山もずっと歩いても良かったのだが、甥っ子がちょっと疲れ気味でケーブルカーに乗りたがっていたので乗ることにした。数分で登山口駅に下りる。帰りは京王線に乗り、明大前で乗り変え吉祥寺へ。ムーミンスタンドというお店で、抹茶やチョコレートドリンクの中にグミが入れたような飲み物を3人で飲む。その近くの建物の中にはICI石井スポーツのお店ができていたので入ってみた。広い店舗の中をゆっくりと見て回りたかったのだが、疲れた2人がしきりに帰りたがるので店を出る。仕方ない。
 普段、山に行くと入ってもフリークライミングばかりなので、たまにこういうハイキングがあるのは良いものだ。

« 二子の翌日、昼間っからB-PUMP荻窪へ | トップページ | 高尾山の翌日、昼間っからB-PUMP荻窪へ »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/39413460

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み、甥っ子・姪っ子と高尾山へ:

« 二子の翌日、昼間っからB-PUMP荻窪へ | トップページ | 高尾山の翌日、昼間っからB-PUMP荻窪へ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ