« カナダ・スコーミッシュ クライミング旅行記② (7/28 ミュリンMurrin) | トップページ | カナダ・スコーミッシュ クライミング旅行記④ (7/30 チェアカマスCheakamus Canyon) »

カナダ・スコーミッシュ クライミング旅行記③ (7/29 再びミュリンMurrin)

Imgp4054 Imgp4058

 8時半に宿を出発。今日は午後にS水さんがやって来る。バンクーバーからスコーミッシュまでバスで来るはずだ。S水さんを車でM岡さんが迎えに行くので、遠くの岩場ではなく、やはり前日行ったミュリンに行くことにした。

 池のそばのZoeでアップすることにした。「Zoe5.10aだけ登って、前日のペトリフィングウォールのLeftのうち、さらに左にある「No Name Road5.11bをやることにした。これまた1ピン目が高く、8mはあるんじゃないだろうか。右上するバンドを登った先に1ピン目があるのだが、ここまで到達するのだって緊張する。その1ピン目まで直上するのは5.12cのルートで、間に2ピンくらいある。チョンボしながら登り、その先の5.11b部分を登る。あっという間に午後になり、M岡さんがS水さんを迎えに行くために岩場を離れる。

その後の2便目でNo Name Roadをレッドポイント。他はもっと厳しそうなルートばかりなので、場所を変えることにした。駐車場からスコーミッシュ方面に車道を少し歩いたところにあるナイトメアロックNightmare RockK暮さんと向かう。クラックのほか、ボルトルートが少しはあるようだが、良さそうなのがない。結局、「The Big Barn Door5.10dという岩壁に板状に寄りかかっている岩のルートをK暮さんが登り、私はそれをトップロープで登った。そのうち、S水さんとM岡さんもナイトメアにやって来たが、Zoeに行って登るとのこと。あとを追うようにミュリンの駐車場に戻り、S水さん達も加わり、そばにある「Murrin Traverse Wall」という岩で皆でボルダリングをやった。地面すれすれをトラバースするもので、ボルダリングマットもいらないので、手軽にボルダリングが味わえる。横に30mはあろうかという長さで、縦にすれば立派なルートだ。あとでクライミングショップにあったボルダリングのトポ本をちらっと見たところ、この岩の右と左で課題が二つに分かれていたが、どちらかがV2で一方がV3だった。日本の段級グレードでは何級といったくらいか。前日に続き20時過ぎまで登ってから、ホテルに戻った。このボルダーには後日、私一人でまた来ることに。

Imgp4059 Imgp4060 Imgp4061

« カナダ・スコーミッシュ クライミング旅行記② (7/28 ミュリンMurrin) | トップページ | カナダ・スコーミッシュ クライミング旅行記④ (7/30 チェアカマスCheakamus Canyon) »

海外クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/41267723

この記事へのトラックバック一覧です: カナダ・スコーミッシュ クライミング旅行記③ (7/29 再びミュリンMurrin):

« カナダ・スコーミッシュ クライミング旅行記② (7/28 ミュリンMurrin) | トップページ | カナダ・スコーミッシュ クライミング旅行記④ (7/30 チェアカマスCheakamus Canyon) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ