« 4ヵ月ぶりにエナジー高田馬場へ | トップページ | 再々週明け、ベースキャンプへ »

10月最後の週末は小川山へ

 秋も深まる2930日の週末は3週間ぶりに小川山へ。行きでI澤さんを迎えに行き、廻り目平でT沢さんと待ち合わせ、2日間とも妹岩周辺で登った。

29()

 いつもより早く起きて車で自宅を出る。さすがに眠い。70㎞以上離れているだろうか、I澤さんの家まで迎えに行く。そこから上信越道を少し走り、下仁田から内山峠を越え信州に入る。トンネルを越えたところで、路上に動物の轢死体が…。けっこう大きい。どうやらイノシシのようだが、バラバラになった死体にカラスがたかっていた。途中、車を停めて快晴の八ヶ岳を写真に収める。きれいな眺めだ。Imgp4661

 待合せ時間をちょっと過ぎて廻り目平に到着。T沢さんと合流後、テントを張ってから妹岩へ。

 まずはマラ岩の「レギュラー」5.10c3人それぞれ登る。その後、I澤さんはトライ中の「イエロークラッシュ」5.12aにヌンチャクをかけ、T沢さんと私はトライ中の人のヌンチャクを借りて「ノーモアレイン」5.12aにトライすることにした。

 背後の岩にも足を乗せながら2ピン目からかぶった壁に取り付く。大きなフレーク状をレイバック気味に少し上がり、少しずつホールドが持ちづらくなり、早々にテンション。その後、ハング下に迫るのだが、このハング越えが核心となる。ここであれこれ試行錯誤するが抜けることができず、1便目は諦めて下りる。T沢さんもここで苦戦するもトップアウトする。

 ヌンチャクのかけ主が見事レッドポイントしたようで、そのままヌンチャクを残してもらって、あとでT沢さんのにかけ替えることにした。I澤さんはイエローを見事RP

 2便目。核心部ではリーチいっぱいに左手を伸ばすと上部のホールドに手が届いた。そんなこんなでテンションしながらもやっとトップアウトできた。今日のトライはこれだけ。

 下山して、枯木を3人で拾い焚き火を熾す。寝不足で目がしょぼしょぼしてきた私は夜10時頃だったろうか、テントに入って寝た。その後、Ⅰ澤さんとT沢さんは0時を過ぎてから寝たという。

30()

 6時に起きると、少し雲が出ている。まずは姉岩の「卒業試験」5.10bでアップ。妹岩に戻り、昨日に続きノーモアレインをトライする。ハング下までは行けるが、ここでやはりテンション。テンション後はトップアウトできる。ハングを越えたうえで右に少しトラバースするところも悪いのだが、トゥフックをすることで何とかできそうだ。

 2便目(通算4便目)、核心でやはりテンション。イケると思ってたんだけどなあ。午前中からぽつぽつを雨が降ってきていたのだが、午後になってさらに雨脚が強くなってきた。上を見上げると上部は濡れてしまっているようだ。ヌンチャクを回収しないといけないので、最後に私がトライ。ハング先の遠いホールドを取れても濡れてしまっていてフォール。雨のことを考えてロープを1本残してあったので、それをゴボウで登って終了点へ。残念、今年の小川山は今週末で終わりのつもりなので、このルートは来年に持ち越しとなってしまった。そんなやりかけのルートがあちこちにある。

 普段よりずっと早く下山して、廻り目平でT沢さんと別れ、I澤さんとR254の内山峠の手前にある「ドライブイン佐久」で焼き魚定食を食べる。I澤さんはサンマ、私はホッケ。ご飯を大盛にしたら、山盛りで出てきて完食するのが大変だった。Photo

« 4ヵ月ぶりにエナジー高田馬場へ | トップページ | 再々週明け、ベースキャンプへ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/42798361

この記事へのトラックバック一覧です: 10月最後の週末は小川山へ:

« 4ヵ月ぶりにエナジー高田馬場へ | トップページ | 再々週明け、ベースキャンプへ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ