« アイゼンの爪研ぎ、ワカンの購入 | トップページ | 寝袋を買った 「イスカエア810X」 »

雨翌日晴れ、「蛇の道は蛇」5.12a RP 二子山

12/34

 東日本大震災というあまりにも大きなできごとがあった今年も、早いもので残りひと月を切った。

3()

 師走の最初の週末は先週に続き二子山へ。土曜日は雨という予報を承知で現地に向かう。I澤さんと待合せて、ちょっと遅めに二子の駐車場に着くと、さすがに停まっている車の台数は少ない。到着が遅いこともあり、濡れているかもしれない祠エリアをスルーし弓状へ。

 やっぱり来ている人は少ない。最終的にはこの日は13人ほどだった。アップで「悪魔のエチュード」5.10aを登るも、雨に加えてガスっているせいか、岩も湿気った感じ。先週トライした「蛇の道は蛇」5.12aは上部が濡れているのが下からでも眺められたので、この日は諦め、私はたびたびトライしている「二子フリーク」5.11cをやることにした。

 フリーク1便目はヌンチャク掛けのためのようなトライ。ロープスリングが下がっている4ピン目のボルトにもヌンチャクをかけておいたが、これにクリップするのはやっぱり無理そうだ。スリングのビナにクリップしたら、5ピン目まで頑張らないといけない。

 2便目は核心といえる45ピン目がいけたのに右手ピンチが力尽きフォール。

3便目はさらに上部の細いコルネを左手でつまみに行くところでフォール。なさけなや。結局この日も二子フリークはレッドポイントできず。このルートの上部で私は大穴の右寄りから登っているのだが、直上することもできるようだ。しかし、今さらムーブを変えるもの考えものなので、考えたムーブでいずれまたトライしてみようかな。

I澤さんは「ジョーズ」5.11cにトライするも、つなげていくにはもう少しかかりそうだ。暗くなってきて皆が帰り始める中、最後に悪魔を再び登って終了。

この日の天気は、午前中はずっと雨が降っていたが、正午のサイレンが鳴る頃に薄日が差してきて、その後降ったり止んだりを繰り返すうちに、雲がなくなってきて両神山が眺められるようになってきた。低い雲が山の下のほうにかかっている光景がきれいだ。明日は良い天気のはず。

帰りは今春以来の小鹿荘での温泉で汗を流し、やおよしで買い出しを済ます。これまた久しぶりに、下吉田にある「まいん」で夕食をいただこうかと思ったのだが、秩父夜祭のためかどうかお店が休みだったため、再び小鹿野に戻って「元六」という定食屋に入る。もりそばを食べたのだが、出来のほうは…ノーコメント。580

この日の下吉田キャンプ場は、母屋棟に我々を入れて3組いたほかバンガローにも止まっている人がいたようだ。ビールを飲んでおつまみを食べて寝る。

4()

 起きると外は快晴。雲ひとつない。岩場には早めに着いたつもりだが、祠ではすでに常連たちがアップしていた。話しがピーマンとごんべえをそれぞれ登って弓状に移動。

 今日は、蛇の道は蛇をトライすることに前日のうちに決めておいた。少し風があるためか、濡れていた上部もばっちり乾いているように見える。I澤さんとともに、二段岩壁に上がり取付へトラバース。まずはヌンチャク掛けのため私が登ることにした。

 蛇の道は蛇1便目(通算4便目)。身体は思ったより調子が悪くなかったのだが、やはり遠い4ピン目まで続けていけずテンション。チョンボ棒をあげてもらいロープを掛ける。その先でもチョンボしまくりしながらも、いちおうトップアウト。

 I澤さんが1便出したあと、下に降りるのが面倒なので続けて2便目(通算5便目)を出すことにした。やはりレストが短かったか、4ピン目のクリップホールドでどうにも保持しきれずヌンチャクをつかんでしまう。ダメだ。

 一度下まで下りて休むことにした。その間、N井さん達が蛇の道をやってみるということで上に登って行ったので、2時間ほどだろうか下で待つことにした。それにしても前日の天気と打って変わって、ポカポカ陽気で陽射しが暖かい。ダウンジャケットを着ている必要もない。疲れとあまりの気持ち良さに、しばし昼寝。こうして岩場で過ごしていると、居眠りするのも楽しみの一つになってくる。N井さん達が取付からそのまま懸垂下降してきたので、I澤さんと再び取付へ。まずはI澤さんがこの日2便目を出したので、私は前の便から3時間は間が空くことになった。それが結果的にしっかりレストできて良かったようだ。

蛇の道は蛇3便目(通算6便目)。前のトライで勘違いして無理な体勢でクリップした3ピン目も、キョンをきめて安定して姿勢でクリップ。I澤さんのアドバイスで使ってみた左手ホールドも良い。鬼門の4ピン目のクリップも今回は安定してできた。いい調子だ。5ピン目は前のトライでI澤さんがヌンチャクを足して長くしてくれていたので下からクリップ。その後も、要所要所でこまめに手をシェイクさせながら登る。左のコルネにも手が届いた。それを伝って登って行き、右手にある大ガバフレーク下部に手を伸ばす。これでひと安心だ。あとは落ち着いてガバをたどって右に回り込み終了点へ。やった。

ここのところどうも停滞気味で、先週の逆さまフォールもあって、気分的にもモチが下がり気味だったが、久しぶりに5.12aが登れて気持ちが晴れた。次はやっぱり逆さまに落ちて背中を痛めてしまい怖いイメージのあるSVPにトライしないといけなさそうだ。

« アイゼンの爪研ぎ、ワカンの購入 | トップページ | 寝袋を買った 「イスカエア810X」 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/43269246

この記事へのトラックバック一覧です: 雨翌日晴れ、「蛇の道は蛇」5.12a RP 二子山:

« アイゼンの爪研ぎ、ワカンの購入 | トップページ | 寝袋を買った 「イスカエア810X」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ