« タイ・プラナン再訪 クライミング旅行記⑧ (12/29 最終日「Ton Sai Love Story」7b(5.12b) RP そして帰国) | トップページ | 正月三が日 伊豆ツアー② (1/2 西伊豆・海金剛スーパーレイン再訪) »

正月三が日 伊豆ツアー① (1/1 城ヶ崎シーサイドで初登り)

 大晦日。タイから帰ってきてのんびりする間もなく、片付けや洗濯をして、夕方から伊豆に発った。お正月の三が日、IS見さんと伊豆の岩場を巡るのだ。元日は城ヶ崎のシーサイド、2日は西伊豆・海金剛のスーパーレイン、3日は城山のワイルドボアゴージという欲張りな計画だ。こたつでミカンを食べながらテレビで箱根駅伝を見る、なんて退屈なお正月にはしないのだ。

 2年前の成人の日の3連休にも私は同じことをやっていて、その時もシーサイド~スーパーレイン~城山南壁と巡っている。海金剛はその時が初めてで、その少し後にもスーパートリトンを登りに行っており、今回が2年ぶり3回目の海金剛というわけだ。

 タイ・プラナンの余韻に浸っている間もなく、北アルプスから帰ってきて、右ほほに凍傷を負っているIS見さんと西武池袋線の某駅で夜7時に待合せ。環8~東名道~小田原厚木道路と走り、道の駅「伊東マリンタウン」には思ったよりずっと早く着いた。キャンピングカーがずらりと並んで停まっている。ここは海に面しているので、初日の出を拝もうと前夜からたくさんの車がやってくるのだ。我々は臨時に開けられたらしい駐車場の隅に車を停めて、その後ろにテントを張って寝る。

 2012年元日。新年明けましておめでとうございます。テントを撤収して伊豆高原駅方面に向かう。有料の民営駐車場に車を停めると、他にもクライマーが来ている。ファミリーエリアに架かるつり橋は現在かけ替えの工事中で通れないため、遊歩道を迂回する。Imgp4901

 懸垂で下り着くと、そこは1年ぶりのシーサイドエリア。すでに何人も来ている。天気は快晴で暖かい。IS見さんにとっては伊豆の岩場はどこも初めてだ。

 まずはティンカーベル5.10bでアップ。城ヶ崎の岩は潮でベタつく感じで滑りそうで慣れない。それからホワイトシャーク5.11cにトライするも1便目は核心部がこなせず。ムーブを探って2便目で確実にレッドポイント。

続いてトライしたピスタチオ5.12aは前にも一度触ったことがあるのだが、今回もまるで歯が立たず。あとで登ったインストラクターのK井さんが何でもないようにさくさく登ってヌンチャクを回収してくれた。

 カルボナーラを2便で登れたあとは、チェシャネコ5.10dとタイトボーイ5.10dをそれぞれオンサイトして終了。IS見さんの収穫は人気ルートの風に吹かれて5.11aだ。陽射しがぽかぽかと暖かく、気持ちの良い元日を過ごせた。さすがに元日なので岩場は混雑しているというほどではなく、帰りの登り返しもほとんど待たなかった。京都から来ている大学山岳部の学生とその顧問をやっているという東京のB山岳会の人もいて、彼らには2日後城山でも再び会うことになる。ほかに新潟から来ているという大学山岳部の女の子たちもいた。

 伊豆半島を南下し、河津から西伊豆方面に横断。道の駅「花の三聖苑伊豆松崎」でテント泊。

« タイ・プラナン再訪 クライミング旅行記⑧ (12/29 最終日「Ton Sai Love Story」7b(5.12b) RP そして帰国) | トップページ | 正月三が日 伊豆ツアー② (1/2 西伊豆・海金剛スーパーレイン再訪) »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/43711768

この記事へのトラックバック一覧です: 正月三が日 伊豆ツアー① (1/1 城ヶ崎シーサイドで初登り):

« タイ・プラナン再訪 クライミング旅行記⑧ (12/29 最終日「Ton Sai Love Story」7b(5.12b) RP そして帰国) | トップページ | 正月三が日 伊豆ツアー② (1/2 西伊豆・海金剛スーパーレイン再訪) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ