« 正月三が日 伊豆ツアー② (1/2 西伊豆・海金剛スーパーレイン再訪) | トップページ | ジムの登り初め、ベースキャンプへ »

正月三が日 伊豆ツアー③ (1/3 「ドロンパ」5.12a RP 城山チューブロック)

 伊豆ツアー3日目。狩野川の河川敷は寒い。車で城山の上の登山口まで行き、ワイルドボアゴージに向かって登山道を歩いて行く。先シーズンは城山に来ることはなかったから、ずいぶんと久しぶりだ。まずはチューブロックにあるチャンディーラサ5.11aに手を出す。下部の凹角でいきなりテンションするものの次で何とか突破。しかし上段の壁ではさらに手こずり諦めて下りる。

 気持ちを切り替えて、以前少しだけ触ったことのある「ドロンパ」5.12aというかぶったカンテのルートをやることにした。一昨日城ヶ崎で会った京都から来ているという学生に再び会い、彼もこのドロンパにトライしているという。1便目はヌンチャク掛けとホールド探り。カンテに向かって右側はホールドが細かい。5ピン目だったか、ちょっとクリップしづらいところもある。さらに2便ほど出すもそのクリップしづらいところでテンションしてしまう。京都の学生はこの日3便目くらいでレッドポイントすると撤収して帰っていった。

 考えた作戦は、めんどくさいクリップはしないでトバしてしまえ、というもの。クリップの間隔も短いし、その上でフォールしても大丈夫だという判断をしたからだ。先日のタイ・プラナンで最後に登った7bのルートでも終了点手前にそんなランナーがあったが、同様の理由でクリップしなかった。いつもこんなことをやっていたら、いつかケガしかねないから慎重に。

 そして、学生が帰った後に出した便で確実にレッドポイント。新年最初の5.12aだ。やったね。京都の学生に登ったことを伝えられなかったのは残念だけれど。

 バロンダンス5.11a3便目で落としたIS見さんは、チャンディーラサ、ミウラー5.11aと続けて落とし、それからワイルドボアゴージの壁に移った。IS見さんが下部でテンションしながらドライブミーナッツ5.11bにヌンチャクをかけてくれたので、私はこれをフラッシュ。IS見さんもRP

Imgp4953

 暗くなり始めたので私はこれでおしまい。最後にIS見さんにカルカッタ5.10cを薦めて登ってもらうが、惜しくも下部でテンション。

 とうに他の人達は帰ってしまい、ヘッドランプを点けて荷物をまとめ帰路に着く。途中、城山の頂上に立ち寄り、大仁の夜景を眺める。

 13日ということで、帰りの東名道は大渋滞しているだろうと思い、仕事の始まる明日4日早朝に帰ることにして、今夜は再び河川敷にテントを張ることにした。早々に寝て、翌4日の午前3時に起床。沼津ICから流れの良い東名道を走り、IS見さんを駅まで送って、思ったより早く帰宅できた。

 タイに発った1222日の夜以来、31日の日中に一時帰宅したものの、ずっと出かけていた。今夜はようやく自宅で寝ることができる。それにしても年末のタイ・プラナンから伊豆巡りと、12日間の休みのうち、10日間はクライミングをしていたことになる。我ながらよく登ったものだ。

« 正月三が日 伊豆ツアー② (1/2 西伊豆・海金剛スーパーレイン再訪) | トップページ | ジムの登り初め、ベースキャンプへ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

どうも、ご紹介に預かった京都の学生です。このたびはヌンチャクを使わせて頂きありがとうございました。おかげさまで5.12aという成果を携え気分よく京都に帰ることができました。

このような形でお会いするとは思っていませんでしたが、レッドポイントの報告をお聞きできて嬉しく思います。またよろしければ同志社山岳部のブログも覗いてみてください。

yabuさん
お互いドロンパが登れて良かったです。
また関東の岩場に来て下さいね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/43711819

この記事へのトラックバック一覧です: 正月三が日 伊豆ツアー③ (1/3 「ドロンパ」5.12a RP 城山チューブロック):

« 正月三が日 伊豆ツアー② (1/2 西伊豆・海金剛スーパーレイン再訪) | トップページ | ジムの登り初め、ベースキャンプへ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ