« 成人の日の三連休① 「SVP」5.12b RP 二子山 | トップページ | 冬の八ヶ岳で「中山尾根」「石尊稜」「大同心南稜」の3ルートを登る【序・交通事故】 »

成人の日の三連休② 河又・雷岩

[9日 河又・雷岩]

 翌日は河又の雷岩に皆で行くことにした。コウモリ岩には何度か来たことがあり、デザートソング5.12aも登っているが、雷岩は初めてだ。コウモリ岩のほうからも行けるらしいが、アプローチは上の車道から25分ほど山道を歩くことになる。

 駐車スペースから山道をゆっくり20分ほど歩くと左手に下って行く。小泉エリアを通り過ぎると雷岩に着く。その先には蛇岩があるらしい。

 まずはレンコン畑5.10aをアップでオンサイト。他の皆も登る。続いて、こがらし5.11aにトライするも、出だしからの一連のムーブがけっこう手強く、声をあげながらの3便目でようやくレッドポイント。Mさんがトライしていた隣りのルート、カミナリ族5.11bは出だしが大変で、1便目はすぐフォール。しかし、そこでムーブを見つけて2便目で登れた。私の場合、スタートのガバを右手、その左上にある逆三角状ポケットをちょっとガストン気味に左手、右足をスタートホールド近くだったかどこかに当てて、右手ガバと左手に寄りかかるようにして、クロスで左上の水平カチを右手で取りに行く。それが取れたら身体を戻して左手で左方のサイドホールド、さらに右上の斜め状ホールドを右手で取りにいく。さらに左上のクラック状をこなせば後は易しい。午前中だけ仕事をしてきたというI澤さんも午後から合流。

 サンダー・ボルト5.12aをやっている人がいたので、ヌンチャクを使わせてもらって自分もやってみることに。1便目はレストが短かったせいか、指がヨレてて、テンションしながら下部だけやって下りる。2便目は下部はこなせたものの中間部でテンション。細切れに登って、上部の傾斜が少し変わるあたりの遠いホールドなどを取りに行くところまでをやってみたが、右上に見える終了点までトップアウトはできなかった。

 しかし、まるでできないわけではないことが分かったので、いつかまた雷岩には来てみたいものだ。

« 成人の日の三連休① 「SVP」5.12b RP 二子山 | トップページ | 冬の八ヶ岳で「中山尾根」「石尊稜」「大同心南稜」の3ルートを登る【序・交通事故】 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。突然のコメントすみません。体を動かすことの大切さや楽しさを伝えようと「フィットネスの勧め」というサイトを立ち上げています。
内容は、ヨガ、エアロ、バレエ、ボクササイズなどのスタジオレッスンを始め、自重、ダンベル、バーベル、チューブ、バランスボールなどを用いた筋トレ、ストレッチポールやフレックスクッションをコンディショニング、またはバランスボールやバランスディスクを用いたバランストレーニングなどをイラストや動画を用いて解説しています。
 また、「身体に関して」の項を設け、筋肉、骨、靭帯、神経、循環器系などについての解説も掲載しています。
よろしければ暇なときにでも見てください。
http://www.i-l-fitness-jp.com/
このようなコメント、失礼に感じたら大変申し訳なく思います。
※重複してコメントしないように注意していますが、もし重複してコメントしているようであれば、その時はその失礼お許しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/43724490

この記事へのトラックバック一覧です: 成人の日の三連休② 河又・雷岩:

« 成人の日の三連休① 「SVP」5.12b RP 二子山 | トップページ | 冬の八ヶ岳で「中山尾根」「石尊稜」「大同心南稜」の3ルートを登る【序・交通事故】 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ