« 「サンダーボルト」5.12a RP 河又・雷岩 | トップページ | クライミングジム通い(2月) »

五たび、河又・雷岩へ 蛇岩も

2/28()

 一昨日の日曜日に続き、また河又の雷岩に行ってきた。雷岩は成人の日以降今日で5度目。私は日曜日に「サンダーボルト」5.12aが登れたのだが、T沢さんは本当に惜しいところでレッドポイントを逃していた。今日は二子山に行こうかという話もあったけれど、二子ではトライ中の任侠道が停滞気味だし、寒そうだし、どうせまた行くだろうから、T沢さんのサンダーボルトのRPを見届けるべく河又に行くことにした。

 一昨日は右目激痛事件のせいで最悪の体調だった中、サンダーボルトを登ることはできた。今日は体調も回復し、お気楽に5.11台でも登って過ごそうと考えていた。

 T沢さんのボルボに乗って、マックで朝食を済ます。一昨日同様、仁田山峠の駐車スペースに早く着いたので車内で30分ほど仮眠。天気は雲が取れ晴れてきて陽射しがある。陽が昇るにつれて陽射しがぽかぽかと暖かい。ごく易しいルートでアップしてから、サンダーボルトにヌンチャクをかける。T沢さんの1便目のトライは上部水平カチを取り損ねて惜しくもフォール。私は「晩秋のレクイエム」5.11bをやってみることにしたが、ホールドが遠いうえに細かくて、とてもできそうにない。しばらく粘ってみたが諦めてヌンチャクを回収する。悔しいので、一度だけ触っていた「時の流れに身をまかせ」5.11aを登っておく。

 昼頃になり、二人組がやってきた。先週火曜日にも来ていた人達で、再び会った。彼らが来たところで、T沢さんが2便目を出す。前便でさらにムーブを精査していたので、迷いのないムーブで上部核心をこなし、見事レッドポイント。何年も前から時折訪れてトライしていたと言うから、喜びもひとしおだろう。おめでとうございます。

Imgp4992 

 二人ともサンダーボルトに区切りが付いたので、残った時間は私の希望で少し歩いたところにある蛇岩で登ることにした。蛇岩は樹林帯に隠れて日当たりが悪く寒い。

 まずは「あとは野となれ山となれ」5.11bをやる。早々にテンションしてしまうが、2便目でレッドポイント。続いて隣りの「クラゲ」5.10cも登っておく。さらに「竜頭蛇尾」5.11bをやってみることにしたが、誰にも登られていないのか、砂だらけというか苔だらけというか、岩に触るとザラザラと堆積物が落ちてきて、身体中が粉まみれになるほど。とても登れるような状態ではないので、ヌンチャクを回収して降りる。サイン、コサインや洗脳ゲームあたりもやってみたかったが、やはり苔むした感じだったのでやめた。午後3時頃、蛇岩を撤収して、再び雷岩へ。

 先ほどの二人組がちょうど帰るところで、残った時間で「冬の稲妻」5.10dをフラッシュ、ワークアウトに「レンコン畑」5.10aを再登、再び冬の稲妻を登り、終了とする。

帰路、夕食はかつやの卵とじのカツ丼514円。

« 「サンダーボルト」5.12a RP 河又・雷岩 | トップページ | クライミングジム通い(2月) »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/44300698

この記事へのトラックバック一覧です: 五たび、河又・雷岩へ 蛇岩も:

« 「サンダーボルト」5.12a RP 河又・雷岩 | トップページ | クライミングジム通い(2月) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ