« 冬の八ヶ岳で「中山尾根」「石尊稜」「大同心南稜」の3ルートを登る【16日 大同心南稜】 | トップページ | 厳寒の二子山で、任侠道にトライ »

クライミングジム通い(1月)ほか

■新年になって2度目、ベースキャンプへ

1/11()

新年2度目のベースキャンプ。O石さんには、この後の週末に行く山行で使うアブミを持ってきてもらった。昨年からクライミングを始めたO石さんは、アブミを使うのは初めて。プレートと細ロープで自作したという。

私は、これまで何度かトライしていた奥のアーチにある黒ホールドの5.11c/dのルートがこの日ようやくレッドポイントできた。ここのところはゴールのホールドがキャッチできずにフォールしていたのだが、この日は疲れる前にトライして登った。ジムでも5.12が登れるようになりたいもの。

■週末の天気予報が悪いので、B-PUMP秋葉原へ

1/20()

 週末の天気予報が悪くて岩場に行かないことにしたので、週末を前にひと月ぶりに神田明神近くのパンプへ。あれこれ茶色3級や緑色2級をトライしていると、久しぶりにNと会う。水色1級などをトライしていて、なんだか前よりも力がついているようだ。うーむ、こっちも負けてはいられないと言いたいところだが、すでにヨレヨレ。結局閉店23時までいたので、翌朝は目ざまし時計もセットせず寝坊気味。

■日曜日は午後からベースキャンプへ

1/22()

 前日土曜日は某スポーツクラブに行って、マシントレのほかスタジオで跳んだり跳ねたりと慣れないことをして筋肉痛気味ながら、翌日曜日は午後からベースキャンプへ。

 午後1時頃に着いてみると、駐車場は満車、そして中も人でごった返していた。二子常連のMぽりんさん達のほか、タイ・プラナンで短い日程ながら一緒だったI手さんが家族を連れて来ていた。

 しばらくボルダリングしていると、I澤さんがやって来たのでルート壁を夕方までやった。I澤さんが帰った後も、残ってボルダリングを1時間ほど粘って、夜7時過ぎに店を出た。次の日もここに来るのだ。

■連日、ベースキャンプへ

1/23()

 前日もベースキャンプに行ったのだが、この日も仕事を終えてベースキャンプへ。O石さんとここに来るのは通算12度目か。さすがに疲れていたのでこれといった成果はないが、とにかく登って登って、良い筋トレにはなったかな。

B-PUMP秋葉原、特になし

1/25()

 ジム通いが続いている。緑色2級にあれこれトライ。垂壁くらいのは何度かやって2つほど登れた。ヨレてきたせいもあるが、かぶった課題はできず。茶色3級はそれなりに登れるのが多い。

 だいたいいつもこのへんのグレードをトライするのが中心だ。2級をそれなりに登れるのはずっと前に比べれば力はついているかも知れないが、水色1級とか黄色初段とか登れるようになるにはこのままではダメだよなあ。別途、筋トレとかしないといけないかなあ。

■献血へいこう

1/28()

 晴れているが、この日は山や岩には行かず。買い物のため池袋に行ったついでに、献血をしてきた。外国から帰国した人は4週間経過しないと献血できない決まりなのだが、年末のタイから帰国したのが先月30日なので、丸28日が経過してこの日から献血できるはずだ。

 いつもどおり血小板献血をしたのだが、今回は濃い目に成分を採りますのでよろしくお願いしますと言われた。何が違うのか分からないが、一時的にちょっと血が薄くなったかも。

 翌日は寒い寒い二子に行くことになっているので、前日に血を抜くなんて身体によくなかったかな。早く寝よう。

■冬は朝から鍋。久しぶりにB-PUMP荻窪へ

1/31()

 2012年が明けたと思ったら、早いものでもうひと月経った。

 普段は朝6時半に起きている。夕食はジムに行ったりしてコンビニのパンとかで済ませてしまうことが多いので、せめて朝食はしっかり作って食べることにしている。

今日はセットした目ざまし時計が鳴る前に起き出し、冷蔵庫から野菜などをどさどさと出して包丁でどんどん切っていった。

冬は朝から土鍋に野菜などをたっぷり入れて鍋料理を作っている。小鹿野町のやおよしで、帰りに野菜を買い込んでいるのはそういうわけなのだ。

火の通りにくい大根を最初に入れ、今日などはニンジン、ニンニクの芽、長ネギ、里イモ、白菜の硬い部分と続けて入れる。その後、白菜の葉や小松菜、エリンギ、ワカメ、肉だんごを入れた。卵を溶いて入れ、豆乳も足した。ミソを溶き入れ、しょう油をちょっと足す。今日はうどんにしたが、ご飯を入れて雑炊風にしたり、お餅を入れたりも。そんな感じで丼2杯分は作るので、けっこうお腹がいっぱいになる。

 と、外がなんだかまだ暗い。あれ?時計を見るとまだ6時半前。なんと5時半に起きてしまっていたのだ。貴重な睡眠時間が~。齢をとると早起きになると言うのはこういうことなのか…。

 そんなこともあったけれど、この日は、久しぶりに荻窪のパンプに行ってきた。前回行ったのは1020日だから、三か月以上経っている。その間は、入間のルート壁ならベースキャンプ、ボルダーなら秋葉原に行っていた。

 あちこちの壁のレイアウトが変わっていて、どの課題も新鮮にトライできた。

 茶色3級は何度かトライして、1階でも2階でも何本か登れたものの、緑色2級はゴール手前まで迫った課題もあったものの結局登れず。

 同じパンプだから、秋葉原と比べてグレーディングの難易は変わらないのだろうけれど、2級くらい何便かで登れるようになって、水色1級を気持ちよくトライできるくらい力をつけたいなあ。筋トレもちょっとやってみるかな。

« 冬の八ヶ岳で「中山尾根」「石尊稜」「大同心南稜」の3ルートを登る【16日 大同心南稜】 | トップページ | 厳寒の二子山で、任侠道にトライ »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/44066312

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(1月)ほか:

« 冬の八ヶ岳で「中山尾根」「石尊稜」「大同心南稜」の3ルートを登る【16日 大同心南稜】 | トップページ | 厳寒の二子山で、任侠道にトライ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ