« 任侠道に引き続きトライ 二子山 | トップページ | 三たび、河又・雷岩へ »

任侠道、1テンに 二子山

2/18(土)~19(日) 二子山

【18日(土)】
 この週末も二子山。先週に続き、今回もT沢さんが車にお世話になる。二子山への林道入口でH原さん達と合流。数週間前に降っていまだに残る凍った雪の上に、前日の雪がさらに少し降り積もっている。新雪でタイヤのグリップは先週より効きそうだが、最低地上高の低い2駆が通れるかは微妙なところ。
 アップする祠から見るこの日の空は雲が多く、風もあり寒い。弓状に移動した頃は氷点下4度くらい。結局この日は気温が上がっても0度に至らなかったはずだ。
 唐獅子・任侠ラインはこの日約9人待ちとなり、2番手として正午前に1便目を出したあと、2便目が巡ってきたのは午後3時過ぎ。3便目が巡ってくる時間はなかった。
 トライ中の任侠道5.12dは、先週の最終便で2テンまで持ち込むことができた。テンションして休めば、トップアウトはできるようになってきたが、下からつなげるとなると厳しい。岩も冷たいし。6ピン目に至る核心部はまだしも、6ピン目から先ではテンションせずに、せめて1テンに持ち込まないと。

 任侠道1便目(通算20便目)。気温が低く岩も冷たいだろうから、焼き石を持っていくも登るにつれて指が冷えてくる。それでも何とか核心部前の5ピン目までノーテンで登り、2つの縦ホールドを持ち替えながらレストする。レストするといってもそのホールドも冷たいので、冷えた指を回復させるということではあまり意味がなさそう。
 それでも両手それぞれアンダーから左上の遠いホールドを取りにいく。と、左手で取ったところで、力尽きてフォール。その先ではたまらず右寄りにある流れのヌンチャクにロープをかけつつ、2度ほどテンションしてトップアウト。こうも岩が冷たくてはなあ。

 任侠道2便目(通算21便目)。3時間ほど待ってようやく順番が巡って来た。前の便よりはあきらかに岩は冷たくなくなっているが、焼き石はやはりあったほうが良い。5ピン目まではほぼ自動化されてきつつある。しかし、核心部の左上を取ってマッチしたところまでフォール。下からつなげてくるとヨレているため、このホールドで耐えて、右足を5ピン目すぐ下の穴に突っ込んで、さらに上のホールドに右手を伸ばすというのができない。その後、6ピン目をクリップしたところで再びテンションし、2テンでトップアウト。前回の最終便と同じような感じだ。

 3便目が回ってくる時間はないので、既登のホテル二子5.11cを登ることにする。疲れているためか、ひいひい言いながら登って行き、なんとかテンションせずに登りきることができた。やれやれ。T沢さんは任侠に1便出したあとはトライ中のマイライフをやっていた。しかし、翌日はさらに寒くなるらしいとの予報から、マイライフは沢から上がる風が当たって寒いのでヌンチャクを回収していた。
 温泉はいつもの小鹿荘。スーパーやおよしで買い出し。夕食は、カフェまいんではなく、釜の上農園村というところに初めて行き、そこでしょうが焼き定食を食べる。700円。まいんの豚しょうが焼定食680円よりは少なくともご飯が多いし、同じくらいの値段でほかにもいくつかメニューがあるので、また来てもいいかも。泊まりは下吉田キャンプ場。120218700

【19日(日)】
 朝からよく晴れている。風もなさそうなので前日よりも気温が上がるかもしれない。林道入口でH原さんと合流し、祠でアップ。I澤さんんもやってきた。この日は日中4度くらいまで気温があがったので、やはり暖かかったのだ。
 唐獅子・任侠ラインにトライする人はこの日7~8人ほどだったか。午前10時半過ぎではまだ誰も登る人はおらず、2便目の順番が早く回ってくるようにするために、トップバッターで1便目を出すことした。

 任侠道1便目(通算22便目)。前日よりも1時間以上早いので、岩はさらに冷たい感じだった。なんとかノーテンで5ピン目まで到達したものの、いつもの左上ホールドを取ったところで力尽きフォール。その後いつものように6ピン目で再びテンションし、右上の流れのヌンチャクには頼らずにトップアウト。やるたびに6ピン目から先のセクションの苦手意識はなくなってくる感じ。

 任侠道2便目(通算23便目)。午後2時半頃だったか。気温は午前中よりも高く、岩も冷たくなくなっているのが登っていて分かる。とはいえ、もちろん焼き石持参だ。
 核心に入って、左上ホールドにマッチして、右足を5ピン目したの穴に何となく入れたものの、ヨレていたのと足がきちんと定まっていないのとで、6ピン目クリップホールドには身体が落ちつつ手を伸ばしただけで、そのままフォール。
 じっくりレストしたあと、6ピン目をクリップし、いつもここで2度目のテンションをしてしまうところを耐えてトップアウト。初めて1テンで抜けられた。T沢さんが1テンになって初めてスタートラインに立てると言っていたので、ようやくここからレッドポイントに向けてのトライということになるのか。1テンまで持ち込むと言うとりあえずの目標は達せたが、RPへの道のりは長そう。

 残った時間で前日と同じくホテル二子を登るも、さらにヨレていて民宿を出たところでテンションしてしまう。この日、T沢さんも任侠に2便出していた。H原さんは真珠入りに引き続きトライ中。I澤さんはトライ中のSVPがRPならず。
 帰り道、西武秩父駅の近くにある小さな古びた洋食屋さんで夕食。レストランエデンというお店で、T沢さんのおすすめ。私はとんかつ定食800円、T沢さんは上とんかつ定食1,200円で肉厚だ。肉は柔らかく、香ばしさが食欲をそそる。小鹿野や秩父に頻繁に来ているのだから、こうしていろいろなお店を訪ねてみるのも良さそうだ。120219800

« 任侠道に引き続きトライ 二子山 | トップページ | 三たび、河又・雷岩へ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/44208816

この記事へのトラックバック一覧です: 任侠道、1テンに 二子山:

« 任侠道に引き続きトライ 二子山 | トップページ | 三たび、河又・雷岩へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ