« 三波石峡の見物、要荷岩の探索、寒い二子山へ | トップページ | クライミングジム通い(3月) »

こんなはずでは…、寒い二子山へ

3/28()

 年度末の平日、日帰りで二子山へ行ってきた。T沢さんのボルボに乗せてもらい朝マックに寄って二子山へ。林道の凍った雪はほとんど溶けていて、これなら4駆どころかスタッドレスタイヤも必要ないようだ。道中は晴れていたのに秩父に近付くにつれて雲が多くなり、二子は薄曇りの状態。午前9時半の時点で気温は6.5℃。

 弓状に着くとN井さん達がいて、ほかにも何人もやってきて、平日にしては人が多い感じ。岩を見上げると、任侠道の4ピン目下もひどく濡れてはいないようだ。が、よく見ると隣りの唐獅子のヌンチャクがすっかりなくなっている。T沢さんの話しでは、前日K野さんが来ていたそうで、どうやらK野さんが唐獅子を見事登ったので回収したのかもしれない。唐獅子と供用する67ピン目にヌンチャクをかけるべく、アップを兼ねてチョンボ棒をぶらさげて登ることにした。

 任侠道・通算43便目。ヌンかけ便なので、トライ数に含めるのも何だが、これだけ便数が増えてきてはトライ数も何もない。岩は冷たく、チョンボ棒をぶらさげた状態でフォールするのが怖いので途中でテンションしながら5ピン目へ。チョンボ棒で6ピン目と7ピン目にヌンチャクをかける。岩はやはり天気のいまいちいだった日曜日よりも冷たいくらいだ。晴れるものと期待していただけに、がっかり。今日もただの筋トレで終わりそう。

 任侠道・通算44便目。昼過ぎに本日2便目を出す。やはり岩は冷たい。核心入りの6ピン目クリップホールドが取れたが、その右手が冷たくなって、足上げができずたまらずヌンチャクをつかんでしまう。トップアウトしておく。

 雲が厚くなり風も出てきてさらに寒くなってきた。7℃まで上がった気温は4℃くらい。なんだか雨が降ってきそうだ。暖かくなるものと思って、バーブのベリコパンツを履いてきたが、いつもの裏起毛のズボンを履いてくればよかった。寒い。

 任侠道・45便目。寒いけれどTシャツ1枚になって登り始める。が、6ピン目クリップホールドに触れただけで保持できずフォール。あらら。と見上げると雨が降ってきた。志賀坂峠方面を見ると、どうやら雨か雪が降っているようだ。これでは日曜日の天気と変わらないではないか。トップアウトして下りる。

 雨はやがて雪に変わる。もうすぐ4月になるというのに…。あまりに寒いのでまだ3時過ぎだけれど皆がどんどん帰ってゆく。任侠道を3回登っただけでは登り足りないので、悪魔のエチュードをクライムダウンを含め連続3往復して終了。登っているうちに、先ほどまで舞っていた雪がやんで陽射しが出てきた。まだ登っても良かったけれど、ずいぶん早めに終了。ここのところ天気の巡り合わせが悪い。

 帰り道、横瀬町にあるドライブイン天狗坂という店に寄る。奥にパチンコ屋があって、手前にあるその店が目立たないのだが、入ってみると普通の定食屋だ。二人ともレバニラ定食700円を注文。レバーは思ったより多めだし、うどんの小鉢が付いていて悪くない。

Imgp5077 Imgp5078 Imgp5079700

« 三波石峡の見物、要荷岩の探索、寒い二子山へ | トップページ | クライミングジム通い(3月) »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/44681903

この記事へのトラックバック一覧です: こんなはずでは…、寒い二子山へ:

« 三波石峡の見物、要荷岩の探索、寒い二子山へ | トップページ | クライミングジム通い(3月) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ