« こんなはずでは…、寒い二子山へ | トップページ | 「任侠道」5.12d RP 二子山 »

クライミングジム通い(3月)

■早や3月、一昨日に続きB-PUMP秋葉原へ

3/2()

 翌土曜日は岩場に行かないので、珍しく金曜日夜にジムへ。一昨日も行った秋葉原近くのB-PUMP。またNに会った。この日は結局緑色2級が一つも登れなかったけれど、閉店間際まで登り続けてクタクタだ。最後のほうは3人で課題を作ってトライするというのもやってみた。既成のテープ課題だけでなく、こういうのも面白い。壁を見ただけで使うホールドを決めて行くのは難しいけれど。即興で作ったのに絶妙な難易度やムーブだと、よくひらめくものだと感心する。

■雨上がりは春の陽気、B-PUMP秋葉原へ

3/6()

 今日は朝のうちの雨があがると、気温があがって暖かくなった。かぶった壁の水色1級の課題が登れていなかったこともあって、また神田明神近くのパンプへ。行くとNがすでに来ている。水色はゴール1手前のホールドを取るところまでいけたがそこまで。

 あとは数人で課題を作ってあれこれとトライ。中でもNが設定した課題は2級くらいの絶妙の出来栄えで、みなでトライ。相当ヨレていたものの私が初登。やった。登らずに壁のホールドを眺めただけである程度課題を作ってしまうというのは、なかなか難しい。撃ち過ぎて指の関節が痛い。ちょっとアイシングしてから店を出た。

 冒頭の水色課題を落とすためにまた行かないと。

■中一日、B-PUMP秋葉原へ

3/8()

 先週2回、今週2回とここのところアキパンに来ている。かぶった壁の左寄りにある□マーク水色1級が登れていなかったので、今日は何としても登るつもりでいた。何度もトライしてヨレてきた頃にようやく登れた。大ホールドに左足をヒールフックするのだが、自分の身長ならずっとヒールしたままゴールまで手を出せた。

 続いて前回登れなかった舳先状の壁にある×マーク緑色2級も、右足ヒールの位置をより上にすることで、遠い上部のホールドを取ることができ登れた。

 そのあとは、だらだらとあちこちの課題を触ってみるも芳しくない。ずいぶんヨレてきたし、一昨日頑張りすぎて右手の人差し指をちょっと痛めてしまっているので切り上げることにした。

■今週も、B-PUMP秋葉原へ

3/15()

 火曜日の二子から中一日、今週も神田明神近くのジムへ。先週は調子よくトライした課題が登れたけれど、今日はちょっと疲れ気味。Nや他の人が作った課題をあれこれトライした。中には大変だけれど面白い課題もあって、既成のテープ課題はほとんどやらずに、夜10時半過ぎまで頑張った。手指が痛い。

■ちょっと疲れ気味…、B-PUMP秋葉原へ

3/22()

 前日の二子山の疲れが残っているのに、水曜日はティップネスというフィットネスクラブに行ってみた。初めて行くところなので、会員証を発行してもらう。マシンジムを少しやって、プールもほんの少しだけやった。体調が思わしくなく、頑張れないので早々に切り上げた。何しに来たんだか。体脂肪計があったので量ってみた。ヘルスメーターのように両足を乗せる台座のほか、両手にも測定器を握って量るもので、身体の各部の筋肉量など細かく測定できるらしい。測定結果の紙に細々と数値が記載されていて、すごい機械だと驚いた。

 体脂肪率を見ると3%とある。こんなに低いの?と驚いた。昨年の職場の健康診断で5.5%という結果が出て、前年までの測定方法と異なったからとはいえ、それまで10%前後だった数値から大きく減ったことに驚いたけれど、今回の結果にも驚いた。ランニングとかの有酸素運動はまるでしないし、やっている運動と言えるのはクライミングだけなので、上半身の筋力は昔よりもついたのは分かるが、脂肪が減ったという実感は無い。でも、筋肉がつくと脂肪が燃焼しやすいとか何とか聞いたことがあるから、そのおかげかもしれない。

 体脂肪が少ないのは良いけれど、逆に寒さに弱くなったかもしれない。今冬は特に寒かったからかもしれないけれど、ズボンの下にタイツを履くのが常態化してしまっている。単に齢をとっただけかも。

 そんなこんなでまだ身体がだるいのに、この日もパンプでボルダリング。やっぱり身体が重く茶色3級をあれこれ登る程度。昨年末のタイ・プラナン以来のN川さんに会った。最近、ヨガやピラティスにハマっているという。

■久しぶりにB-PUMP荻窪へ、指皮が裂けて出血…

3/26()

 前日の二子山では暗くなるまで登っていたけれど、それほど疲れを感じなかったので、翌月曜日もジムに登りに行った。久しぶりに荻窪パンプに行くと壁のレイアウトがあちこち変わっていて、あれこれトライした。しかしいざやってみるとなかなか登れない。同じパンプでも神田にあるパンプのグレーディングよりずっとカラいように感じるのは気のせいだろうか。それとも疲れてヨレているせいか。茶色3級を四苦八苦していくつか登ったくらいで、紺色4級だって登れないのがあるし、最後のほうは赤色5級でも登れなくなってくる始末…。

ここのところずっと二子で登っているせいか、指腹の皮が厚くなってきて、第一関節のところが厚くなってくると指を折り曲げた時に前後に硬い皮に挟まれて内側が裂けてしまうのだ。それをさけるために紙ヤスリで皮を削ったりしたのだが、それが足りなかったようだ。登っていて、右手ひとさし指の腹が痛かったのだが、とうとう出血してしまった。これで一挙に戦意喪失、ちょっと早かったけれど帰ることにした。

« こんなはずでは…、寒い二子山へ | トップページ | 「任侠道」5.12d RP 二子山 »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/44730842

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(3月):

« こんなはずでは…、寒い二子山へ | トップページ | 「任侠道」5.12d RP 二子山 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ