« クライミングジム通い(5月) | トップページ | 梅雨入り、「ナイトミュージック」5.12a RP 甲府幕岩 »

奥多摩・シダクラ沢で沢登り & 御岳でボルダリング

6/4()

 前週の祖母の葬儀から週末の車の買い替えと続き、ジムにも岩場にも行けなかった。そのうえ、新潟にいる間、出された料理をついつい食べ過ぎてしまい、体重が増えてしまった。

 そこで、せめてこの日は身体を動かそうと思い、山に行くことにした。せっかくだから沢に行こうと考えたのだが、一人なので易しいところにしようと思い、「東京起点沢登りルート120」を見て、奥多摩にあるシダクラ沢というグレードの易しい沢に行くことにした。

[シダクラ沢]

 早朝自宅を出て、JR青梅線の鳩ノ巣駅裏の駐車場に車を停め、6:45の電車に乗って2駅先の終点奥多摩駅へ。

Imgp5435

 7:00のバスに乗り、7:08に惣岳というバス停で下りる。すぐそばにある細い階段を下りて行き、民家の脇を抜けると狭い車道に出る。車道を右手にしばらく歩いて行くと、吊り橋が現れる。シダクラ橋。

Imgp5436

 橋を渡った先に小さなお社があり、そこでお参り。左手に下りて行くと、多摩川への出合からシダクラ沢に少し入ったところに下りたつので、そこで遡行準備。

 小さな滝を2つほどだったか越えて行くと、取水堰がある。

Imgp5441

 さらにどんどんと進んで行く。特に書くことは無いので省略してしまうが、ロープはただの荷物となった。想像していたけれど。

 滝が無くなってくると、顕著な二俣があり、そこは左へ。次の二俣は右に進んだ。水が枯れ、土斜面になってくると歩きづらく、左手の尾根にあがることにした。

 地形図を見ると惣岳山の北側に崖マークがあるが、どうやらそこを通ったようで、沢登り以上に危なそうなところだった。やがて惣岳山山頂に着く。遡行開始は7:40、山頂着は10:30。標高差約960mを2時間50分で登った。Imgp5450

 ちょっと休んでから、御前山~鞘口山、鋸山をちょっと巻いて鋸尾根をどんどん下りる。べつに急がなければならない理由は無いのだが、1時間に2本しかない電車を逃すのもつまらない。13:08分発の電車に発車2分前に乗ることができた。2駅乗って鳩ノ巣で下りる。

[御岳ボルダー]

 今度は久々の御岳ボルダーへ。2008年秋~2009年春のシーズンは毎週のように御岳に通ったものだ。たいして登れたわけではないけれど。

 忍者返しの岩に着くと、ボルダラーは数人だけ。平日は空いているし、もう御岳で登るシーズンではないだろうし。

 何度も登った子供返しは遠い右上1手目が取れれば、あとは何でもないので、1便目は足位置を忘れて取り損ねたものの、2便目で登る。

 忍クラはずっとやっているけれどトラバース部分の途中まで。すぐにやめた。

 蟹は右へトラバースしていって、手も足も悪くなるところが未だにできず。何度かトライ。

 最後に子供を2度繰り返して登っておしまい。

 帰路、オートバックスによって、カーナビについて店員に聞いてみた。車を買い替えたら、新しい車にカーナビやETCをつけないと。

« クライミングジム通い(5月) | トップページ | 梅雨入り、「ナイトミュージック」5.12a RP 甲府幕岩 »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/45579309

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩・シダクラ沢で沢登り & 御岳でボルダリング:

« クライミングジム通い(5月) | トップページ | 梅雨入り、「ナイトミュージック」5.12a RP 甲府幕岩 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ