« 奥秩父・火打石谷で沢登り | トップページ | 三ツ峠・大幡川四十八滝沢で沢登り »

クライミングジム通い(6月前半) 車のことも

○祖母の葬儀で新潟へ

5/31()6/2()

 祖母が亡くなったことは前にちょっと触れた。享年90歳と書いてしまったが、91歳が正しかった。

 お通夜が5/31で告別式が6/1ということで、31日、親族らと関越道を走って新潟県の長岡へ。米どころ新潟らしく田んぼが広がる風景だ。前夜の飲み会で二日酔いのため、私は運転はせず。

 お通夜、告別式のあったこの2日間は、とにかく料理があれこれ出てくるので、ここぞとばかり食べ過ぎてしまった。体重計に乗ったら、3㎏近く増えているのを見てびっくりしてしまった。確かにお腹まわりが明らかに太ったように思う。まずい。

 葬儀では受付をしたり、お通夜の晩は葬儀場内にある控室で泊まったりと少しばかりお手伝いをした。

火葬には2時間ほどかかるということで、火葬開始後、皆で昼食のため料理屋へ。私を含む数人が再び火葬場に行き、収骨室へ案内される。祖母の遺骨を長い箸で取り上げて行く。火葬場の職員が頭骨を取り、我々は首から足までの骨を取る。職員が喉仏の骨というのを説明してくれる。女性は喉仏は無い、ということではなく、第二頸椎の骨を喉仏というそうで、仏様が座禅を組んだ形をしているという。それらを白木の箱に納める。合掌。

東京に帰って来たのは、6/2の昼。ダイエットしないといけないなあ。

○車の買い替え

6/2()3()

 新潟から帰ってきた2日の午後、某自動車メーカーのディーラーへ。現在乗っているルーテシアが事故でボコボコだというのはこれまでたびたび書いてきたが、いよいよ買い替えることに決めた。

 中古車か新車かで迷ったが、新車ならエコカー減税や補助金があると言う。その補助金は、今年度の政府の予算が尽きればもらえないので、早い者勝ちだ。予算が尽きるのが8月頃と言われていたのが、7月に早まりそうだとか、もっと早くなるかもしれないとか言われている。

 それはともかく、事故車にいつまでも乗っていられないので、前から考えていた車種で、ディーラー担当者と値引き交渉をした。交渉については、いろいろポイントになるところがあるのだが、ここでは書かない。

 土曜日は16時から延々と21時まで話していた。どのオプションをつけるだとかつけないだとか、値引きはいくらだとか。

 内容がほぼ詰まって、日曜日の午前中に再びディーラーに趣き、最終確認をして注文書にサインをした。どの車を買ったかは納車されたら書こうかと。クライミングに行くのに林道でも走れる車を求めていたので、だいたい想像がつくだろう。

■シダクラ沢・御岳ボルダーの翌日、B-PUMP秋葉原へ

6/5()

 前日の月曜日は、一人で奥多摩のシダクラ沢を遡行したあと、御岳ボルダーでちょっと登った。

 翌日の火曜日は、前週の新潟行きで増えた体重と鈍った身体に活を入れるため、アキパンへ。水色2級のほか、橙色1級にも手を出し始めることにした。こうやって少しずつでも力をつけないと。

○車の代金支払い

6/7()

 仕事のあと、ディーラーに行って、必要書類を渡したり、車の代金を支払った。口座振り込みでも良いのだが、振込手数料がかかるし、現金で払うとやはり払ったという実感がある。

■そろそろ梅雨入り? 雨の土曜日、ベースキャンプへ

6/9()

 今週末は甲府幕岩に行く予定だったが、土曜日は雨のため中止。代わりにA見さんとベースキャンプに行って、開店から夕方6時まであれこれと登った。平日夜よりは登るペースは落としたものの、けっこうたくさん登ってヨレヨレ。完登できず宿題となったルートもたくさん。またトライしようっと。それにしても、翌日は甲府幕岩で登る予定なのに、前日にこんなに登ってしまって良かったのだろうか。

山岳会の集まりの前に、B-PUMP秋葉原へ

6/13()

今日も所属山岳会の例会があるのだが、その前にアキパンでボルダリング。水色2級で登れないものをあるが、それなりに登ってしまったので、これからはグレードを上げて橙色1級に積極的にトライすることにした。

このジムの1級課題は冬に一つだけ登ったきりだ。今日は、あれこれと1級課題にトライしてみて、終了点まであと少しというものもあれば、まるで歯が立たないものもあった。その中で、2撃であっさり登れてしまったものがあった。これは明らかにグレーディングが甘く、2級といった感じ。とにかく、こうやって限界グレードにトライしていれば少しずつでも力がつくかな。身体が思ったより重く感じなかったのは良かったかな。

ずいぶん遅れて例会に顔を出すと、山中でケガ人を搬出する際の方法を皆で練習しているところだった。こういうことを覚えるのも大切なことだ。

例会後、飲み屋に移動。今日はビールのみで日本酒は飲まなかったから、それほど翌日にはひびかないはずだ。

■連日のジム、B-PUMP荻窪へ

6/14()

 前日は、アキパンで登ったあと、所属山岳会の例会を終え飲んだ。ビールを控えめに飲むくらいにしたので、それほど翌朝には影響しなかった。今朝は一時間ほど遅く出勤すれば良いのも助かった。

 で、今日もジムへ。五月連休明けに行った以来のオギパンへ。2階奥のどっかぶり壁のレイアウトが変わっていたりして、あれこれとトライ。白色3級が3つ登れたものの、水色2級は落とせず。なんだかアキパンより辛く感じる。でも、お客が少なくて空いているのは良いかな。

« 奥秩父・火打石谷で沢登り | トップページ | 三ツ峠・大幡川四十八滝沢で沢登り »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/45658370

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(6月前半) 車のことも:

« 奥秩父・火打石谷で沢登り | トップページ | 三ツ峠・大幡川四十八滝沢で沢登り »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ