« 甲斐駒 赤蜘蛛ルート登攀 [9月のクライミングツアー①] | トップページ | 明星山P6南壁 クイーンズウェイ [9月のクライミングツアー③] »

坊抱岩でフリークライミング [9月のクライミングツアー②]

9/14()夜~9/18()  9月のクライミングツアー

 赤蜘蛛の登攀を終え、前夜遅く疲労困憊しながら甲斐駒から下山して、南きよさとの道の駅に泊まった。残り日程で、明星山でマルチピッチを登ることにしていたのだが、甲斐駒でがたがたに疲れてしまったし、移動時間も考えると、ツアー3日目となる17日に明星山に登るのは無理だ。

そこで、レスト日とすることにした。レスト日といっても何もしないわけではなく、上田市と長野市の間にある姨捨山(冠着山(かむりきやま))にある坊抱岩(ぼこだきいわ)でフリークライミングをすることにした。

② 9/17() 坊抱岩

当初は小川山で登ることも考えていたが、その案は無いということがこの日の朝になってはっきりした。甲斐駒から下りてきて、フライシートを張らずにテントに入ったのだが、明け方に目が覚めた時にはテント内がやけに結露しているなあと思った。しかし、それは結露ではなく、夜中に雨が降り出して浸みていたのだ。

 朝6時頃だったろうか、けっこう本降りの雨が降っている。傘を差しながら荷物を車に積み込んで、道の駅を離れる。前夜のうちに甲斐駒を下山して正解だった。この天気では、山の中も相当の雨だろう。小川山だって確実に雨だ。

あらかじめ調べておいた天気予報では、北に行くほど天気は良くて、明星山のある北陸方面も天気が良い見込み。そこで、この日はほぼ中継地点として、まだ行ったことのない坊抱岩に行くことにした。

 小淵沢ICから中央道に入り、北に向けて走るとだんだんと空が晴れてきた。八ヶ岳は雨でも、それより北は晴れているといった感じ。長野道に入り、途中のSAで朝食をとる。姨捨PAのスマートインターで降りると、姨捨の街に向かって下りていく道の脇に、HN田さんによるとちょっと知られているらしい棚田が広がっているのが見えた。

 9時半頃だったろうか、買い出しでコンビニに寄ると、いかにもクライマーといった格好の人達の車が停まっていた。ここにいるということは、当然これから坊抱岩に行くのだろう。しかし、この時間にここにいるということは雨の小川山方面から流れてきたのかもしれない。

 坊抱岩へは坊城平いこいの森というところから行くらしい。狭い林道を走った先に、そこはあり、それなりに整備されていそうなキャンプ場のようだ。日本100岩場を見ると、涼み岩には5.12台もあるようだが、疲れていてとてもそんなのをやる気はないので、5.11のある坊抱岩そのものを目指す。

 岩場に着くと、よく晴れているものの風が強い。九州の沖にあるらしい台風の影響がここまで届いているのだろうか。

 HN田さんがシルバームーン5.8というのを登ったあと、私はラブ・スペース5.10bというのをやってみる。出だしが妙に悪く、後ろにある岩を足掛かりにある程度登り2ピン目あたりから壁に取り付いて登った。

 その後は、芸者ワルツ5.11bというのをやってみるが、オンサイトできず。間にピナクルダッシュ5.10c/dというのをやったあと、3便目でやっと芸者ワルツを落とせた。HN田さんもトップロープでいくつか登った。私は最後に、温泉フェイス5.10dというのを登るつもりで、右面の壁の中央を登ったのだがずいぶん易しい。おそらく右壁の中央にあるのは、100岩場に載っていないルートで、その左側にあるカンテを登るのが温泉フェイスなのかもしれない。とにかく、疲労が溜まっているし、翌日の明星山のことを考えると無理をするわけにはいかない。風も強いし、お風呂に入りたかったので、午後3時には岩場を後にした。

 更埴の街道沿いにある信州自然村という、いかにも田舎の入浴施設といった感じのところに立ち寄る。田舎っぽいとはいえ、薬湯や電気風呂もある。電気風呂では電気プレートにヨレた腕や肩、腰、足などを近づけてビリビリと電気を感じながらマッサージした。水風呂と熱めの風呂に交互に入るものやってみた。入浴そのものでさらに体力を使った感じだが、筋肉が多少ほぐれたし、さっぱりしたのは良かった。

 長野オリンピック時に整備したらしい道路を走り白馬に出る。思ったほど食べられるお店がなく、この夜も再びコンビニ弁当という悲しい夕食。さらに北上して小谷村から新潟県糸魚川市に入り、ジオパークに登録されているらしいヒスイ峡にある明星山のP6南壁を望む駐車場に到着。昨年10月以来だ。星空に真っ黒な岩壁が浮かんで見える。

 明日も早起きしなければならないので、車の脇にテントを張って早々に寝る。つづく

« 甲斐駒 赤蜘蛛ルート登攀 [9月のクライミングツアー①] | トップページ | 明星山P6南壁 クイーンズウェイ [9月のクライミングツアー③] »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/47232466

この記事へのトラックバック一覧です: 坊抱岩でフリークライミング [9月のクライミングツアー②]:

« 甲斐駒 赤蜘蛛ルート登攀 [9月のクライミングツアー①] | トップページ | 明星山P6南壁 クイーンズウェイ [9月のクライミングツアー③] »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ