« 奥多摩・カーネルロック & 川井キャンプ場 | トップページ | 甲府幕岩で「ア・ラ・ポテト」5.13aにトライ中 »

クライミングジム通い(10月)

■朝ラン B-PUMP荻窪へ

10/3()

 思い出したように時々走っているけれど、いつもは夜。今日は早起きして初めて朝走ってみた。起き抜けで身体の調子が出てくるのにちょっと時間がかかるけれど、涼しい空気の中走るほうが気持ちが良さそうだ。

 夜はオギパンへ。白色3級はいくつも登れて水色2級は登れないという、まあだいたいいつもの感じ。かぶった壁の課題もしつこくトライして筋トレにはなった。

○ダウンパンツ

10/10()

 モンベルの新宿南口店に行って、ULダウンパンツを買った。

同じものを持っていたのだが、今年5月にイタリア・スペルロンガのクライミングツアーの帰りの機内に置き忘れてきてしまったのだ。

 寒い季節に備えて買っておくことにした。

B-PUMP荻窪へ

10/11()

 3連休の鳳来での疲れが数日経っても抜けきらない感じだが、オギパンに行ってきた。

前回できなかった白色3級が登れたり、既登の橙色1級が登れたりした。

2週連続でどっかぶりの鳳来の岩場を登ったことで、疲れているとはいえ、かぶった壁に対応できる力がちょっぴりついたのかな。

■ベースキャンプへ

10/16()

 ベースキャンプに行くのはひと月ぶりだ。

 Sのさん、N野さんが来るまでボルダリングをしていたが、甲府幕岩の疲れがまだ残っている感じ。

 それでも、ルート壁を登り始めると、アップでよく登っている5.11cがこれまで以上にあっさり登れた。さらに、前は登れなかった赤テープ5.12aも登れた。

 二度しか行っていないとはいえ、鳳来のどっかぶりの壁を登ったおかげで、かぶったルートにちょっと慣れたのかも。

 3人で交代で登り続けたけれど、結構早いペースで順番が回ってきたので、早々に良い感じで疲れた。たまにジムのルート壁を登るのも良いもの。

○バッテリーあがり

10/18()

 翌日未明から鳳来に行くため、あらかじめ車に荷物を積んでおこうと駐車場に行くと、車のドアが開かない。リモコンキーのボタンを押しても反応しない。まさかバッテリーがあがってしまったのか。鍵穴にキーをさし車内に入ると、エンジンがかけられないし、室内灯も点かない。完全にバッテリーがあがっているようだ。何が原因だろう。どこが点けっ放しなのか分からないが。室内灯が点いていたというのがよくあるパターンだろう。

 ディーラーの担当者に電話すると整備士を連れて車ですぐに来てくれた。ジャンピングケーブルをつなぐとすぐにエンジンがかかった。

 整備士によると、完全にバッテリーがあがってしまったので、しばらくエンジンをかけておいて少しでも充電したほうが良いとのこと。10分ほどエンジンを回してからいったんエンジンを切り再びエンジンをかけるとかかった。完全にバッテリーがイッてしまっていると、ケーブルなしにエンジンはかからないということで、ひとまず安心。翌日は鳳来まで長距離運転するので、それだけ走れば走行中にバッテリーに充電されるだろうとのこと。

 それでも、一度あがってしまったバッテリーはあがりやすくなってしまうという。特に冬期長い間エンジンをかけないと、少しずつ放電しているので、あがってしまうリスクがあるという。

 放電を避けるためには、マイナス端子側のコードを外しておくとよいそうだ。ちょっと手間だが。もちろんエンジンを切った状態で作業すること。

 翌日からの鳳来では、エンジンがかかりにくいということもなく、とりあえず安心した次第。ディーラーの担当者さんと整備士さん、ありがとう。

○「山岳映画の夕べ」を観にいく

10/22()

 池袋の豊島公会堂で「第29回ユニセフチャリティー山岳映画会」というのがあったので、観に行ってきた。山の映画らしいということだけで、どういう映画なのかは知らなかった。

 開場前の建物前には行列ができていて、山岳映画というだけあって登山好きの人達が多そうだが、その大半は高齢者だった。

 上映された映画は5本。ビデオで登山の様子を撮影することを趣味としているアマチュアの人達が、自分たちが撮った作品を上映するというものだった。素人が個人で作ったものなので、本格的な映画と思っていた私としては期待外れだったが、こういう趣味もあるのかと参考になった。

 最後に上映された大正時代に撮影された冬期北アルプス登山の映像はなかなか楽しめた。

■ベースキャンプへ

10/23()

 ベースキャンプへ行ったが、3日間登った鳳来の疲れが残っている感じ。アップで登っている5.11cでは、先週より身体のキレが悪かったし。5.12aあたりをいくつもトライしたけれど、トップアウトもままならず。それでも、たくさん登ったから良いトレーニングになった。Sのさんと、遅くやって来たY内さんと。

1Q84」村上春樹著/新潮文庫(6)

10/24()

2ヵ月近くかけてようやく読了。天吾と青豆という2人の登場人物の物語。

並行して読んでいる本があるので、それも読み終えたら、さて次は何を読もうかな。

読書の楽しみは読むことそのものはもちろんだが、読みたい本を探したり選んだりするその過程にもあるな~。

B-PUMP荻窪へ

10/26()

 週末にはクライミングに行っているので、前日の金曜日にジムに行くということはまずないけれど、めずらしく今日は行ってみた。

といって、翌日岩場に行かないかと言うとそうではなく、所属山岳会の行事があって日中は某岩場で登ることになっている。けれど、本数も少なくグレードも易しい小さな岩場らしいので、ゆるゆると登るだけだろう。

なので、本気トライするようなことはないだろうから、ジムに行って指や身体をちょっと酷使しておいたわけ。

日曜日も別の岩場に行って登る予定なのだが、天気予報が微妙なところだ。

■雨の日曜日、ベースキャンプへ

10/28()

 所属山岳会の川井キャンプ場での行事を終え解散した日曜日朝、雨のため聖人岩に行く計画は中止、代わりに、Sのさんの車でベースキャンプへ。10時の開店直後に到着。別途、N野さんとS原さんも合流。

 金曜日夜にオギパンで登り、前日の土曜日は日向和田の岩場でゆるく登り、なによりも昨夜のキャンプでお酒を飲んで二日酔い気味の私の体調は相当にいまいちだ。それにキャンプで食べ過ぎた。

 いつもアップで使う5.11cのルートも、登ってみると身体が重い。時間はたっぷりあるので時々昼寝しながら登っていると、少しずつ頭が重いのが治まっていった。

先日登れないままだった5.12aがこの日3便目のトライで登れたし、ずいぶんヨレた頃にルーフの5.11cが登れたので、良いトレーニングになった。

初めてお会いしたO前さんによる即席クラック講習では、壁に作られたクラックルートをO前さんが歩くようにさくさくと登っていくのに感心。私もやってみたけれど、登るにつれてクラックの幅が狭まっていくので、ハンドジャムもフットジャムもうまくきめられなくなり途中で断念。クラックは奥深いと改めて思った次第。

すっかり暗くなった17時過ぎ、まだ雨が降り続く中、思い荷物を背負って武蔵藤沢駅に向かって帰る。

朝ラン

10/30()

走っていると書きながら10/3以来ひと月近くサボってしまった。

このままでは三日坊主なので、11月を迎える前に走った。

まだ暗い早朝5時過ぎ、前回走った時よりも季節は冬に近づき肌寒い。ゆっくり走っていると、少しずつ明るくなってきて朝を迎えた。

多くのスポーツに共通することだと思うが、体力づくりの基本はやっぱり走ることなんだろうなあ。

朝ラン & エスカラード クライミングジム

10/31()

・朝ラン

久しぶりに走った昨日の朝に続き、今朝も走った。

明日の朝は走らない。今夜はジムに行くから、朝はぎりぎりまで寝ていたいので。

・エスカラード クライミングジム

ということで、新宿にできたというジムに初めて行ってきた。

 場所は、新宿駅よりも新大久保駅から歩いたほうが近い。

 ビルの1階にあって、とても小さなボルダリングのジムだ。

私が会員カードを持っているジムでは、高田馬場のエナジーに初めて行った時にずいぶん小さいところだと思ったものだが、そこのさらに半分くらいだろうか。

 壁の傾斜もほんのうすかぶりが少しあるくらいで、どっかぶりの壁は無し。

 3時間ほどやって、3級課題がいくつか登れて2級も2つほど登れたので、グレーディングの感じはパンプと同じくらいなのかなあ。

 毎週通うようなジムでは決してないが、登録手数料を払ったことだし、来年のうちにもう一度は行くかな。

 小さい狭いと書き連ねてしまったが、こちら方面に用のある人はちょっと覗いてみては。

51dqsmtjyul__sl500_ 

M_k_1101381_chbk 

« 奥多摩・カーネルロック & 川井キャンプ場 | トップページ | 甲府幕岩で「ア・ラ・ポテト」5.13aにトライ中 »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/47670828

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(10月):

« 奥多摩・カーネルロック & 川井キャンプ場 | トップページ | 甲府幕岩で「ア・ラ・ポテト」5.13aにトライ中 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ