« 「SSS(スリーエス)」5.12a RP 二子山 | トップページ | 師走の二子山 »

クライミングジム通い(12月前半)

■師走に入り、B-PUMP秋葉原へ

2012.12.3()

 人差し指の腹を切ってしまったこともあって、しばらくジムに行っていなかった。気づけば2週間以上ごぶさたしてしまった。

 東京も先週からぐんと気温が下がって一気に冬らしくなってきた。身体を動かすのも億劫になりがちだけれど、週末を城ヶ崎で登って疲れた身体を押してアキパンに行ってきた。

 少し前からトライしていた橙色1級の課題が登れた。足さばきのムーブを変えたら、スローパーが止まるようになって、その先のホールドに手が出せるようになった。力も必要だけれど、ちょっとムーブを工夫するだけで登れるようになるのだから、ジムの課題とはいえクライミングは面白い。

 その後、ほかの橙色課題を撃ってたら一気に身体がヨレてしまったのか、白色3級のできなくなってきたので、最後にひとしきりキャンパシングや懸垂をやってトレーニング。

○ホイール&スタッドレスタイヤの購入・交換

2012.12.4()

 すぐに雪のあるところに行くわけではないが、スタッドレスタイヤに履き替えた。6月にエクストレイルに乗り換えたので、ホイールも購入。

前に乗っていたルーテシアの時は、OZのホイールだけで16万円とかお金をかけていたこともあったけれど、クライミングで毎週のように岩場に行くようになって、さらに今年エクストレイルに乗り換えてからは、完全に山車(「だし」じゃなくて「やまぐるま」)として乗るようになったので、ホイールのデザインなどはどうでもよくなってしまった。

ということで、なるべく安い物で済ませるようにしたかったので、タイヤも韓国製とか台湾製の安物で良かったのだが、問い合わせたカーショップにあるダンロップにしておいた。これでもディーラーに頼むよりはずっと安く済んだ。

○事故った車の修理

2012.12.10()

 2日前の8()に甲府幕岩に向かう凍結した林道で滑って車を炒めてしまったことは別の日記に書いた。車は修理のため韮崎市内の日産営業所に預けて、電車で帰って来た。

 週明け、自動車保険を契約している保険会社の代理店の担当者と相談した。修理代に保険を使うかどうかについては、修理代を考えると保険を使ったほうが良いとの結論に至った。

 それと併せて、韮崎にある車を保険の範囲内で、保険会社と提携している自動車修理工場に搬送できるとのこと。さらに、代車も用意してくれるという。

 ということで、12()中にはレッカー屋さんが、私の車を、私の家に近い某修理工場に運んでくれる手はずだ。週末に車を使いたいので、14()中に代車を届けてくれることにもなった。

 当初、車を預けた韮崎の日産店まで修理後に車を引き取りにいかなければならないと思っていたけれど、まずはその手間が省けた。ここ何年かずっと契約している保険会社の代理店の人が迅速に対応してくれて助かった。

 林道で側溝に落輪した時に猟友会の人の助けで脱出できたことや、その後のJAFによる牽引、今回の保険屋さんの対応と、車の損傷そのものは大したことないのかもしれないけれど、いろいろ勉強になるなあ。

■ひと月半ぶりにB-PUMP荻窪へ

2012.12.11()

 オギパンに行くのはひと月半ぶりだ。ホールドのレイアウトはあまり変わった印象はない。身体の調子がいまいちというわけではないけれど、水色2級の課題が思ったほどこなせない。白色3級はだいたいできた。まあ、いつもと同じような感じといったところ。

 最後に、ここのところアキパンでやっていたキャンパシングや懸垂をやった。

○車を修理工場に運搬

2012.12.12()

 今日、隣市にある修理工場に車が運ばれて来たと担当者の人から連絡があった。損傷個所をひと通り見たところ、明らかに曲ってしまった右側前輪の軸部品ほか、後輪も軸部品も交換する必要があるとのこと。

また、その2本ともホイール、タイヤを交換するという。左側はもちろん交換しないが、先週買ったばかりだから、右と左とでタイヤの摩耗度合いの違いは気にしなくて良い。

あと、フロントバンパー下の樹脂製のアンダーカバーも外れかかっているので直してもらうようお願いした。

修理内容を保険会社に伝えたうえで、メーカーから部品を取り寄せて修理にかかってもらうことになった。早ければ、来週末を前に修理を終え引き渡せるという。年末年始どころか、来週末3連休には復活したエクストレイルに乗ることができる見込みだ。ありがたい。

■ひと月ぶりにベースキャンプへ

2012.12.13()

 ベースキャンプに行くのはひと月ぶりだ。Sのさんが来るまでの間、ボルダリングをして過ごした。中央の傘状のボルダー壁のレイアウトが変わっていた。

 紺色4級、茶色3級とけっこう1撃できてしまい、緑色2級も登った2つのうち1つは1撃だった。前と比べてグレーディングがちょっと甘くなった印象。

 Sのさんが来てからは、ルート壁を何本も登る。終盤は合い間にキャンパシングも少々。ああ、疲れた。

« 「SSS(スリーエス)」5.12a RP 二子山 | トップページ | 師走の二子山 »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/48330931

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(12月前半):

« 「SSS(スリーエス)」5.12a RP 二子山 | トップページ | 師走の二子山 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ