« 年始2日間 二子山(2012-13年末年始③) | トップページ | 奥多摩・氷川屏風岩でクライミング »

雪山登山 白毛門でラッセル

2013.1.5()

 雪山を登ろうと思い、谷川岳を臨む白毛門(しらがもん 標高1,720m)を目指した。同行は所属山岳会のNK野さん。

 当初、奥多摩の岩場にクライミングに行く計画だったのだが、前日になって水上方面の天気予報が好天したため、行き先を変更したのだ。

 お正月休みの6日間は、元日に雲取山を登ったほかは、二子山でずっとクライミングをしていた。仕事始めの4日だけではその疲れが抜けきらきらず、そのまま土曜日早朝から登山口となる土合を目指すことになった。

 まだ暗いうちにNK野さんの家まで迎えに行き、関越道を走り水上ICで下りる。道路は除雪されているが、周りは雪だらけだ。宝台樹スキー場に行く道と別れると、完全には除雪しておらず、スタッドレスタイヤが活躍する。

 昨夏、万太郎沢を登るために訪れたJR土合駅に車を停め、駅舎のロビーで準備をする。準備をしていると、登山者3人が乗った車がやって来て、聞くと彼らも白毛門を登るとのこと。

 前日まで降雪があったので、ラッセルが強いられることが予想されたので、ラッセルの交代要員として、ほかのパーティーがいるのは助かる。

 720分頃に土合駅を出発。MAXというアウトドアツアーをやっている建物があるところから入山するのだが、先行するパーティーはいないようでトレースはない。

 用意したワカンを履くのに私が手こずっている間に、スノーシューを履いて両手にストックを持った3人組は平たんな雪の上をスイスイと先に行く。その後を追って、我々2人もワカンで歩いていく。

P1050005

 ワカンではスノーシューの浮力には敵わないので、スピードが違うのだが、橋を渡って山の斜面に取り付くと、さすがのスノーシューもスピードが落ちる。というか、ちょっと斜度が急になると、スノーシューでは上がりづらいようだ。積雪がどのくらいあるかは分からないが、ラッセルする深さはヒザくらいか。

 樹林帯の中に、以前のトレース跡がうっすらと残っているので、3人組はそれを辿って登って行く。斜度がいよいよ急になったところで、我々が先頭を替わる。

 ヒザくらいだとラッセルというほどのことはないのかもしれないが、今のようにフリークライミング漬けでなく、雪山にも多少は出かけていた数年前の頃の雪と戯れていた頃を思い出す。しかし、ワカンはお正月に北アルプスの横尾尾根を登った際に少し履いたことしかなかったので、今回こうしてワカンを履いて歩く感覚は新鮮だ。

 樹林帯の中を登る最初のころはまだそれなりにトレース跡が分かるので、そこを辿ると柔らかい雪の下の踏まれた雪に足が乗ってそれなりに歩きやすい。それが、だんだんとトレース跡が分からなくなって、どこでも歩けそうなところだと、足裏でトレース跡を探りながらなるべく歩きやすいところを探す。そうでないと、余計に足が雪に沈んで進むのが大変だ。

P1050025

 標高810mあたりで最初の休憩を取っている間に、3人組が追い抜いて行った。彼らはずっとスノーシューにストックというスタイルだ。休憩を終えて歩き出すと3人組は少し先で休憩していたので、再び我々がラッセルすることになった。

 いちおう私がリーダーということもあり、NK野さんよりも私がなるべく長くラッセルするようにした。他パーティーが入山しているとは限らないのだから、3人組が先頭を行ってくれるかどうかは関係なく、我々で頑張らないと。斜度のあるところでは、ピッケルで目の前の雪をかき崩してから膝で押し込み、それから足を踏み出す。無我夢中でラッセルするこの感じも新鮮である意味楽しい。

 天気が良くて、谷川岳がくっきりと眺められる。一ノ倉の岩壁も見える。あれが衝立岩だとかコップかなどとNK野さんと話す。これだけ天気が良くて風もないから、ラッセルを楽しむ余裕があるのだろう。

 高い樹木がなくなって、丈の低い木々の間を進むようになり、3人組と合同で計5人でラッセルする。ここからペースが遅くなり、時間がどんどん経っていく。どうやら白毛門の山頂まで行くのは厳しそうだ。山頂手前では急峻なところがあり、ロープを出したほうが良さそうなところがあるとのことのなので、下山の時間も考えると、どこかで引き返すことになりそうだ。

 コース上にある1,484mピークと思われるところの少し手前で、先頭を行っていた3人組が休憩したので、我々は残りを登って、1,484mピークにたどり着く。12時過ぎ。その先には白毛門が見え、そこまで至る尾根はまだまだ長そうだ。ジジ岩、ババ岩らしきものも見える。

P1050033

P1050034

 休んでいると男女2人組が登って来たので、写真を撮ってもらう。我々はここで引き返すことにしたが、彼らもここまでのようだ。ピークの手前で休んでいた3人組もすでに下山していったし、後から一人で登って来た男性も引き返すようだ。

下りは速かった。

P1050037

ちょっと急な斜面ではシリセードを楽しむ。どんどん下って行くと、谷川岳ロープウェイのベースプラザが近づいてくる。下山に要した時間は1時間半くらい。午後2時過ぎに土合駅に帰着した。今回、雪の上ではずっとワカンを履いていた。

 ところで、この日は、谷川岳の西黒尾根を所属山岳会のK池さんが一人で登っているはずで、下山のタイミングが合えば合流して一緒に帰れるかもしれないので、NK野さんがK池さんのケータイに留守電を入れておいた。そうしたら、我々が車で土合を発って少しした頃に、K池さんから電話がかかってきた。今、下山してきたところだという。ちょうど良かった。すぐに引き返してベースプラザでK池さんを乗せる。途中、上牧の湯という温泉に寄る。高速道では渋滞が発生していて、早めにした道に下りたりして時間がかかったけれど、K池さんにとっては新幹線で帰るよりは交通費は安く済んだはずだ。

 早めに下山したので、くたくたに疲れたというわけではないけれど、ラッセルしたので、腕もけっこうヨレた。白毛門には行けなかったけれど、数年ぶりにまともにラッセルできたのは良かった。フリークライミングばかりでなく、たまにこういうのも楽しいものだ。

 さて、明日の日曜日は奥多摩の岩場でクライミングだ。年末からほぼずっとクライミングや登山が続いていて、いよいよ疲労が溜まってきているけれど、明日も頑張らないと。

P1050038 

P1050030 

P1050001

« 年始2日間 二子山(2012-13年末年始③) | トップページ | 奥多摩・氷川屏風岩でクライミング »

雪山登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/48641985

この記事へのトラックバック一覧です: 雪山登山 白毛門でラッセル:

« 年始2日間 二子山(2012-13年末年始③) | トップページ | 奥多摩・氷川屏風岩でクライミング »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ