« スペイン クライミングツアー _11 (2/3 ガンディアGandia) | トップページ | スペイン クライミングツアー _13 (2/5 フォラダForada) »

スペイン クライミングツアー _12 (2/4 セーリャSell再訪)

2013.2.4() Sella / Wild Side VIPsCabeza de Rinoでクライミング

 宿に泊まっている人がセーリャならワイルドサイドWild Sideというエリアに行くべきだというので、今日はそこを目指した。

 T沢さんの運転で出発。一昨日車を停めたところから先の林道がちょっと荒れていたが、慎重に運転すれば大丈夫だった。林道をさらに2㎞くらい進むとワイルドサイドやVIPsエリアに至る分岐があるので、その近くに車を停めた。

 分岐から左手に入る道を少し歩くと、民家のゲートらしきものがある。トポ本の地図によると、岩場はこの先にあるはずだからゲートを開けて入る。右手の踏み跡を抜けると大きな壁が現れてきた。ワイルドサイドだ。ここは日中ずっと日陰らしく寒い。日当たりの悪い弓状といった感じか。宿の人がワールドクラスの壁だと言っていたとおり、だいたい7b以上のルートばかり。

P2040389

(↑ゲート)

P2040391

(↑ワイルドサイド右側)

P2040393

(↑ワイルドサイド左側)

Sella / Wild Side

○№1 「Black is Black」 ☆3 7b 5.12b ×

 ひと通りルートを眺めて、一番左上にあるこのルートをやることにした。7bでもこのエリアではもっとも易しいほうだ。ほかにも同じくらいのルートがあるが、ランナウトしていて怖そう。ヌンチャクがかけっ放しのルートもあった。

 長く伸びたコルネをランナウト気味にレイバックでぐいぐい登っていくのはかなり怖い。テンションしながら5ピン目まで登るとコルネが終わる。そこから右にトラバースするのだが、ここも結構悪いのにピンがえらく遠い。トラバースで落ちたら、左に思い切り降られて登ってきた大きなコルネに激突しそうだ。これはちょっと歯が立たないので、隣りのルートにたまたまヌンチャクがかかっていたので、それを頼りに敗退することにした。厳しい。

 ワイルドサイドは厳しいので撤収することにした。向かい側にあるVIPsエリアに行くことにした。ここは少しかぶっているけれど高さが低い小さなエリアだ。でも日当たりは良くて、暑いくらい。資材も散らばっていて、民有地の中であることは確かなようだ。

Sella / VIPs

○№11 「La generacion yogur」 ☆2 7a+ 5.12a ×

 選んだこのルートは細かなホールドのパートもあって、ガバをぐいぐい登っていくようなルートではない。後半の遠いホールド取りがちょっと悪い。

 T沢さんの話だと、ヨーロッパのルートはチッピングされたホールドが結構あるらしく、このエリアのルートにもチッピングされたのがあるみたい。どれがチッピングホールドなのかは分からないけれど、その話を聞いてからというもの、あまりにも都合よく持ちやすいホールドがあったりすると、ついついチッピングと思ってしまう。チッピングされてしまっては人工ルートと同じかもしれないが、それも含めてのグレーディングだろうから余所者の私が言うことではない。

 T沢さんによると、チッピングにも様々あるだろうけれど、何もないところにまるきり新しくホールドの穴を掘るというよりは、悪いホールドを削って少しだけ持ち良くしてあるはずらしい。

P2040397

(↑VIPs)

○同№11 ×

 2便目でもレッドポイントできず。ムーブをさらに固めておく。

○同№11 3RP

 3便目でやっと登れた。

 ここVIPsを撤収して帰りかけると、向こうから人がやってきた。ワイルドサイドとVIPsはやはり私有地なのだが、その男性はクリスと言って、ここの地主だという。勝手に敷地に入って登っていた我々を快く思っていないかと思ったら、逆に我々クライマーを歓迎してくれていた。日本から来たというと、さらに喜んでいた。フランスから来たという家族連れを伴っていた。その中にいた女の子はけっこう可愛かったなあ。

 地主さんに別れを告げて帰る。快く登らせてもらったとはいえ、私有地なのだから、大声を出さないとかゴミを捨てないとかのマナーは守らないと。

残った時間で、一昨日下見しておいたカベサに行くことにした。

P2050404

(↑カベサ)

Sella / Cabeza de Rino

○№16 「Julio Cesar」 6c+ 5.11a ×

 左寄りにあるこのルートをトライ。ルート名はユリウス・カエサルか。塩野七生著「ローマ人の物語」を読んだことがあるのでこのルートにした。ガバに手を出せずテンション。疲れている。

○同№16 2RP

 10分ほど間を開けてトライ。ガバを一気に取って登れた。

 フィネストラットの街に帰り、一昨日パエリアを食べた店に再び行き夕食。パエリアはもう食べない。

P2050407

(↑Finestratの街を歩くT沢さん)

P2050408

(↑生ハム)

P2050409

(↑いも)

P2050411

(↑炒めもの)

« スペイン クライミングツアー _11 (2/3 ガンディアGandia) | トップページ | スペイン クライミングツアー _13 (2/5 フォラダForada) »

海外クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/49664191

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン クライミングツアー _12 (2/4 セーリャSell再訪):

« スペイン クライミングツアー _11 (2/3 ガンディアGandia) | トップページ | スペイン クライミングツアー _13 (2/5 フォラダForada) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ